KAITAK(カイタク)の料金·評判·機能について。10,000円から使える?

最終更新日 

テレアポやメール営業、FAX営業をかける際に欠かせないものが法人情報をまとめた企業リスト·営業リストでしょう。

この営業リストを収集して人員を割いて営業を行うには企業としての体力が問われます。

今回紹介するKAITAK(カイタク)は、B2B向けのフォーム営業代行サービスとして注目されています。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

KAITAKとは

KAITAKとは株式会社イメジンが運営しているフォーム営業代行サービスです。

せっかくいい製品やサービスを扱っているのに、営業に割ける人員がいない、営業力が弱いといった課題を抱えている企業に対し、営業代行のプロが問い合わせフォーム営業を行い確かな成果を提供してくれます。

KAITAKの機能·特徴

とにかく手軽に導入が可能

KAITAKはわずか3回フォームに必要事項を入力するだけで利用できる手軽さです。

入力する項目も、会社名や基本的な情報なのでつまづくことはありません。

KAITAKは独自のRPAを活用して企業情報へ送信を行うためフォーム営業開始までは最短5日という短さです。

アポ獲得につながる文章を作成

KAITAKは日本初のフォーム営業代行サービスとしての経験を活かした効果的な営業文章の作成が可能です。

プロのライターによる文案作成を行なっており、導入企業のニーズに応じたカスタムメイドのリストに対してアタックすることができます。

サポート体制も安心

KAITAKはただ営業リストに送信するだけでなく、送付後のフォローも行なってくれます。

スタンダードプラン以上とはなりますが、送付後のクリックレポートや送付後の電話フォローがあるので導入効果をしっかりと確認することが可能です。

KAITAKの料金·価格

KAITAKは6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月で契約することができ、それぞれで料金が異なります。ここでは6ヶ月契約の場合の料金を紹介します。

  • トライアル:1万円(初回のみ)
  • ベーシック:月額15万円
  • スタンダード:月額18万円
  • プロ:月額24万円

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

KAITAKでは、無料のトライアルについては明記されていませんが、初回1万円で利用できるトライアルプランが提供されています。

トライアルプランでもアタックリストを作成してもらうことができるため、業務効率化につながります。

KAITAK導入のメリット

営業における工数を削減できる

KAITAKを利用すれば、面倒かつ時間をかけていた営業リストの作成をKAITAK側が行ってくれるため、空いた時間を別の業務にあてたり商談内容のブラッシュアップに使うことでより営業の成果を高めることが可能となります。

アプローチできなかった層へアタックできる

KAITAKのフォーム営業であれば、今まで電話番号やメールアドレスが取得できず、アプローチすることができなかった企業へ営業を行うことができるようになります。

アプローチできる層が広がればよりささまざまなリードとつながることが可能になるというメリットが生まれます。

KAITAKの導入事例·評判

利用後すぐにアポ獲得

“新規事業の立ち上げ時にKAITAKを利用しました。利用を開始してすぐに5件のアポを獲得することができて驚いています。担当者の方の対応も親切で助かりました。”(ディップ株式会社様)

テレアポの5倍の成果を実感

“KAITAKを利用して1ヶ月で3件の成約を獲得できました。費用対効果もよく、もともと実施していたテレアポに比べ5倍〜6倍ほどの効果がでています。”(匿名希望デザイン業)

類似サービスとの比較

KAITAKの類似サービスとしてはListA(リスタ)やGeAIne(ジーン)などが挙げられます。

ListAは豊富な保有リストから導入企業に最適な営業リストの取得、自動作成が可能なリスト作成ツールです。

リストを作成するたびに鮮度の高い企業情報を取得することができるため、成約確度の高いリードを獲得することができます。

料金は月額11,000円からとなります。

GeAIneは問い合わせフォーム営業ツールとしてユーザー数No. 1の実績があります。

AIを活用したリスト作成で、成約確度の高いリストが自動で作成でき、A/Bテストで最適な営業文章の作成もできます。

料金は月額40,000円からとなっています。

KAITAKで効果的な営業の効率化を

KAITAKについてご紹介させていただきました。

  • 営業リストの作成を任せることができる
  • 短期間で導入可能

上記の点から、営業にかかる負担を軽減させたい場合や、新しい層へアプローチしたい時に有力なサービスと言えるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:KAITAK公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載