MEOとは?対策前に理解しておくべきポイント

Webでの集客に効果的な施策として代表されるのがSEO対策ですが、SEO対策は大手企業からブログ運営者といった個人単位で取り組んでいるほど有名な手法のため、成果を出すのが難しい場合があります。
そこでSEO対策と並んで注目されているのがMEOです。
本記事ではMEOとは何か、MEO対策を行うメリットや上位表示させるためのポイントなどを解説しますので参考にしてください。

MEOのサービス資料をまとめてダウンロードできます。

サービス選定に迷いの方は便利な一括資料請求をご利用ください。

MEOとは?

MEOとはMap Engine Optimizationの略語で、Googleマップでの検索結果における上位表示を目的としています。 ローカルSEOとも呼ばれており、主に店舗ビジネスや地域ビジネスにおける効果が高い施策と言われています。
SEO対策と同様にしっかりと対策することで、検索上位に表示されるため、店舗ビジネスを展開しているオーナーなどを中心に取り組む方が増えています。
例えば、Googleで「カフェ」と検索した場合に、今自分がいる近隣のカフェ情報がマッピングされたGoogleマップとともに、リスト形式で詳細情報が表示されるでしょう。
店舗の名前はもちろん、住所や電話番号、営業時間、星のついた口コミ評価などが表示されることで、ユーザーが店舗を選ぶ際の基準とすることができます。 つまり、検索結果の上位で表示されるほど多くの集客につながるため、MEO対策は非常に重要な施策なのです。


MEO対策を行うメリットと目的

MEO対策を行うメリット

MEOのメリット

  • 上位表示を狙いやすい
  • 低コストで運用できる
  • 来店見込みの高いユーザーを集客できる

メリット①上位表示を狙いやすい

同じ「カフェ」と検索した場合でも東京と大阪では表示される結果が違います。
このように地域系のキーワードで表示される結果をローカル検索結果といいますが、この検索結果はオーガニック検索、つまりGoogleで検索窓からキーワードを入力して検索する際の結果よりも上位に表示されます。 つまり、SEOよりも上位に表示されるため高い集客が期待できるのです。
通常、何か調べ物をする際は上位数サイト、多くても2ページ目程度までしか見ないという人がほとんでしょう。 自然検索結果の1位のクリック率は30%〜40%程度と言われており、マップ検索で上位3サイトまでに表示されればそれ以上のクリック率が期待できるのは大きなメリットと言えます。

メリット②低コストで運用できる

MEO対策はSEO対策と同様に時間とノウハウをかければ低コストで実施することができます。 Googleビジネスプロフィールに無料で登録すれば、ホームページを作成したり広告を出稿することなく、ユーザーに訴求することが可能となります。 MEO対策について具体的な取り組み方を紹介しているサイトも多いため、業者に委託することなく、自分自身で対策ができる点もメリットです。

メリット③来店見込みの高いユーザーを集客できる

Googleマップの情報が表示されるような検索方法には、「カフェ 東京都」「美容院 渋谷」といった具体的な情報で検索しているユーザーがほとんどのため、これからその地域の店舗に行こうとしているユーザーと想定されます。 つまり、検索結果での上位表示が実現できれば来店見込みの高いユーザーに強く訴求できるということです。 効果的にMEO対策ができれば競合店舗よりも集客を伸ばすことができる可能性が高くなるでしょう。

MEO対策を行う目的

MEO対策を行う目的としては集客が一番代表的でしょう。
以前は飲食店や美容室など、店選びの際には雑誌や専門誌を活用することが一般的でした。
しかし、スマートフォンの所有率が爆発的に増加した今、店選びの際にはインターネットを活用することが基本となっています。 「渋谷 カフェ」のように地域と業種で検索っし、上位表示された店舗の中から気になる店舗の住所や口コミなどの詳細情報を確認、気に入った店に来店します。 つまり、MEO対策を行い自店舗を上位表示させることができれば、高い集客効果につながります。

MEOについてより詳しくはこちら

MEO対策をする目的とメリット

MEOで上位表示させるためのポイント

SEO対策でも最も重要なこととして言われているのが「有益で関連性の高い情報をユーザーに提供すること」です。
ユーザービリティに優れているサイトにする、といった言い方をしますが、MEO対策においてもこれは変わりません。
ではMEO対策においてユーザーにとって有益で関連性が高いビジネスと認識されるためにはどうしたらいいのでしょうか。以下の3点に注目することがポイントです。

ポイント

距離:検索ユーザーの位置情報と店舗との距離がどれくらい近いか
関連性:検索ワードに対してビジネスの関連性がどれだけ高いか
知名度:ビジネスの情報がどれだけネット上に取り上げられているか

この3つの中で最も影響力が高いのが関連性です。ユーザーが検索したワードとの関連性を高めるためにGoogleビジネスプロフィールを充実させて、検索ワードも自然に折り込むようにしましょう。 また、知名度を向上させるためには口コミを投稿してもらったり、SNSを活用した情報発信が効果的です。

MEOについてより詳しくはこちら

MEOで上位に表示させるために必要なポイント

MEO対策の具体的な施策

MEO対策における具体的な手法を紹介していきます。

Googleビジネスプロフィールへ登録、プロフィールの充実

MEO対策においてはGoogleビジネスプロフィールへの登録は欠かせません。
むしろGoogleビジネスプロフィールの最適化がMEO対策につながるため、決して疎かにはできません。 そしてGoogleビジネスプロフィールに登録したらプロフィールを充実させることを心がけましょう。
プロフィールに書いてある情報はそのままユーザーが取得できる情報量へと直結するため、できる限り充実させることをおすすめします。 SEO対策のように、自社業界で検索されるであろうキーワードを意識してプロフィールを充実させることで、検索ワードとの関連性が高まり上位表示されやすくなりますし、ユーザーにとっても好感触を抱かれます。Googleビジネスプロフィールの充実は集客率の向上につながりますので、積極的に見直すことが重要です。

NAP情報の統一

NAP情報とは、検索上の知名度と深く関わる情報で以下のものを指します。

NAP情報

・Name 名前(店舗名・会社名)
・Address 住所
・Phone 電話番号

Googleビジネスプロフィールに登録する情報は、自社サイトやSNSに掲載している情報と統一することが必要とされており、特にNAP情報は間違えないようにしましょう。
Webサイト・SNS・Googleビジネスプロフィールの3つで表記が異なっていれば、それぞれ違う情報として認識され、知名度が低いと判断されてしまうため注意が必要です。

良い口コミを集める

自身がお店を探す際に一番参考にする項目はなんでしょう。
もちろん価格や近さを重視する方もいるでしょうが、最も多いのは口コミです。
よって、口コミ情報が多いサイトはGoogleのアルゴリズムでは高い知名度があると判断されます。
当然ですが悪い口コミばかりでは逆効果となってしまうため、良い口コミ情報をなるべく集めて新規ユーザーに対する安心感を持ってもらうことが重要です。 良い口コミをもらうためには普段からの接客態度やサービスの品質を向上させることはもちろん、投稿された口コミに対して返信するといった対応も効果的でしょう。

MEOについてより詳しくはこちら

効果が出るMEO対策の具体的な施策

MEOの成功事例

MEO対策を実施して成功した事例をいくつか紹介します。

飲食店での成功事例

とある飲食店では来店者数アップを目的にMEO対策に取り組みました。
行なったMEO対策としては、「口コミ集め」「口コミへの返信」「定期的な情報更新」「キーワードを意識したGoogleマイビジネスの更新」などを行なった結果、5ヶ月後には来店数が約3倍もアップしています。

パチンコ店での成功事例

あるパチンコではMEO対策を行なったことにより、検索結果・マップでの表示回数が大幅に上昇しました。
表示回数が増えた要因としては、外装や内装の写真を投稿したり、スタッフの様子などを更新、コロナ対応に関する情報を更新するなどできるだけ多くの情報をお客様に伝えたことが結果につながっています。

MEOについてより詳しくはこちら

MEO対策の成功事例

MEOを正しく実施してビジネスを成長させよう

MEOは店舗ビジネスを運営する方であれば、今や欠かすことができない施策となっています。
しかし、SEOと同様に正しい対策を実施しないと効果がでにくいだけでなく、場合によってはお店の印象を悪くしてしまうケースもあります。 本記事で紹介した上位表示させるためのポイントや具体的な施策も参考にしていただき、ぜひMEO対策に取り組んでみてください。