WebマーケティングでのPVとは?UU、セッションとの違い、計測方法について

最終更新日 

今やインターネットはマーケティングを行うためには欠かせないメディアとなっています。
とはいえ、これまでのやり方とはいろいろ勝手が違っているため、マーケティングで苦労している方も多いのではないでしょうか。
特にWebサイトを開設するにあたって、何を基準に成功か失敗かを判断すれば良いか悩んでいる方も多いはずです。
今回はWebサイトがうまくいっているかどうかの基準の一つである、PVについて詳しく見ていきましょう。

PVとは?何を示す指標なのか詳しく解説

PVとはページビューの略称です。
基本的には数字でカウントすることが多く、どれくらいサイトが見られているかを示す指標となっています。
では、PV数はどのようにカウントされているのでしょうか。
一般的にWebサイトは複数のページが設けられているものです。
たとえば会社のホームページの場合は、トップページ、会社の事業内容の説明ページ、問い合わせのページなどが作られているでしょう。
ユーザーがそのいずれかのページにアクセスするだけでPVがカウントされます。
そのため、ユーザーがまずトップページにアクセスして、次に事業内容のページに移り、さらに問い合わせのページにアクセスした場合は、3PVがカウントされるのです。
このように、PV数がただちに閲覧した人の数を示すわけではないのは注意しなければいけません。
それゆえ、たとえば5,000PVを計測しているサイトでも、5,000人がページにアクセスしたというわけではないのです。

PVとUU、セッションとの違いについて

Webマーケティング関係の記事などを見ていると、PVとともにUUやセッションという言葉が使われています。
この2つの言葉はPVと似ているようでそれぞれ意味が違った言葉です。
では、UUやセッションとはそもそもなんなのでしょうか。

UUとはページを閲覧してくれた人の数

まず、UUはユニークユーザーの略称です。
先程PV数はすなわち閲覧者数を意味するわけではない、という話をしました。
では閲覧者数はどうしたらわかるかというと、それとは別にカウントされているUUを見なければいけないのです。
もっとも、同じ人が1日の間に2回サイトにアクセスしたとしても、2UUとカウントされるとは限りません。
同じブラウザや同じIPでアクセスした場合は1UUとカウントされるので、くれぐれも注意しましょう。

セッションとは?

続いて、セッションとはユーザーがサイトを開いてからページを開き続ける一連の流れのことを言います。
たとえば会社のトップページを開き、続いて事業内容のページを開き、最後に問い合わせのページを開いたとしましょう。
PVならこれを3PVとカウントしていましたが、セッションの場合は1セッションとカウントします。
また、セッションの特徴的なポイントはユーザーが次のページを開くまでにどれくらい時間をかけたかも考慮する点です。
たとえば事業内容のページを開いた後、なんらかの用事で1時間ほど間が空き、その後で問い合わせのページを開いたとしましょう。
その場合は2セッションと数えます。
セッションは閲覧数を数えるPVと違って、ユーザーのアクセスの遷移の仕方についても考慮しながらカウントされるのです。

PVの計測方法と計測するメリット

PVは基本的にサイト全体のアクセス数を合計して計測するものです。
そのため、たとえばアナリティクスサービスを使って10,000PVという数字が出たら、そのサイトのすべてのページが合計10,000回見られたことを意味しています。
とはいえ、ページのアクセスの方法にもいろいろな種類があります。
たとえば、まず事業内容のページを開いた後、ブラウザの戻るボタンをクリックしてトップページに戻ったとしましょう。
その場合も1PVが記録されます。
また、ページを更新した場合や進むボタンをクリックしてページにアクセスした場合も同様に1PVが記録されるのです。

PVを調べるメリットはどこにある?

では、こうしたPVを計測する利点はどこにあるのでしょうか。
まずは、なんといってもサイトがどれくらい見られたかが知れる、というメリットが挙げられます。
サイトを開設したはいいものの、どれくらい見られているかわからないようでは試行錯誤の余地がありません。
そのため、PVを見れば予定していたよりもPVが少ない、予定していたより多くアクセスされている、といったことを調べることができるのです。
そのほか、アナリティクスサービスによってはページごとのPV数を分けてカウントするものもあります。
これによって、このページはよく見られているが、このページはあまり見られていない、といったことを分析できるのです。

PV数を計測・分析してマーケティングに活かす方法

ただ単にPV数を計測するだけではサイト運営を成功させることはできません。
たとえば、10,000PV計測されたとして、こんなに見てもらえているんだ、と驚いているばかりではいけないということです。
どうしてそれだけのPVを計測することができたのか、どのページが原因でPVが多くカウントされたのか、ということを分析してこそ長期的な成功は成し得るのです。
分析の方法としてはUUと比較しながらPVを調べる、というものがあります。
たとえば10,000PVに対して5,000UUがあったとしましょう。
この場合、単純計算して1人あたり2つのページしか見ていません。
それ以上にサイトにページがあった場合は、ほとんどのユーザーはサイト全体をくまなくアクセスしようとしていない、ということを意味します。
そういう分析ができれば、ではユーザーはどんなページを見ているのか、という推測にもつながるでしょう。
こういう分析を通じて、もっとPVを増やすにはどうすれば良いか、戦略を立てることができるのです。

PV計測の注意点とは?

PVはサイトを閲覧してもらっている数の指標として役立ちます。
しかしながら、PVにはいくつかの難点があることは否めません。
そこに気付かないまま、たくさんPVがあるからこのままでいいや、と楽観視しているとサイト運営はうまくいかなくなってしまいます。
ここからはPV計測をするうえでの注意点について見ていきましょう。
まず、先程PVはブラウザの戻るボタンをクリックしたり、ページを更新したりするだけでカウントされる、という話をしました。
これはつまり、同じユーザーが複数のページに何度も何度もアクセスするだけでPV数はカウントされ続けるということでもあります。
極端な例にはなりますが、10,000PVを計測しているサイトがUUに関しては1しか記録していない、というケースも考えられるのです。
もちろん、そういったヘビーユーザーを重視して特別変更をせず今のままのサイト作りで済ませる、という方法もあるでしょう。
しかしながら、基本的には多くのユーザーにサイトにアクセスしてもらったほうがサイト運営はうまくいきます。
PVだけを信じすぎず、UUやセッションといったほかの数字も有効に利用するようにしましょう。

PVを有効に活用してサイト改善を

サイトがどのように利用されているかを分析することは今の時代必須となっています。
とはいえ、アナリティクスサイトを使ってみたはものの数字をどう分析すれば良いかわからない、という人は多くいるでしょう。
そのためにもアナリティクス関係の用語はしっかりと覚えておかなければいけません。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載