ABテストとは?成果を出すためのABテストのやり方とおすすめツールを紹介

最終更新日 

ABテストは、Webサイトの改善、マーケティングなどを行う際に、よく用いられている手法です。
Webや広告担当者は、ABテストの目的や方法について、しっかり理解しておいたほうが良いでしょう。
本記事で、ABテストの基本的なやり方、導入のメリットや活用事例、注意点などについて解説していきます。
また、ABテストにおすすめのツールもいくつかご紹介します。
どのツールを使ったら良いか迷っている方も、ぜひ本記事を参考に選んでみてください。

ABテストとは?どんなことをするのか

最初に、 ABテストがどんなものなのかについて、解説していきます。

ABテストの基本

ABテストは、AとBの2種類のパターンを準備して、そのうちのどちらがより成果を出せるのかを検証していく試験のことです。
ABテストは、2つのパターンのうちのどちらか一方を選ぶテストではありません。
Cパターン、Dパターンなどといったように、2種類以上のパターンを用意することもあります。

ABテストを行う目的

ABテストを行う主な目的は、「CVR」や「CTR」を高めることです。
ちなみに、「CVR」はコンバージョン率、「CTR」はクリック率を意味する用語です。
検索ユーザーの流入アップ、コンバージョン率アップ、離脱率を減らすなどWebサイトの改善を目的として、ABテストが行われています。
また、インターネット広告配信、ランディングページ最適化を目指す目的でも、ABテストが活用されているのです。

アプリのABテスト

Webサイトだけでなく、アプリの検証の際にもABテストが行われています。
アプリストアページでのアプリのインストール率、ランキング上位へ表示させることを目的として、ABテストが実施されることが多いのです。

ABテストのやり方を詳しく解説|ABテストに必要なサンプル数は?

次に、ABテストのやり方、ABテストを行ううえでの必要なサンプル数について見ていきましょう。

ABテストのやり方

ABテストの基本的な手順・流れについては、以下の通りです。

最初にやることは、「現状の把握」と「仮説」を立てることです。
Webサイト内で、どのページが離脱率が高いのかなど、問題点の洗い出しを行います。

次に、仮説にもとづきながら、ABテストを実施します。
ABテストの方法には、いくつかの種類があります。
よく行われている方法は、「別ページへリダイレクト」や「多変量テスト」などです。
主なテスト項目については、以下の通りです。

  • Webサイトのテキスト
  • コンバージョンボタン
  • アクションボタン
  • アイコン
  • ファーストビュー画像・コンバージョンボタン

ABテストを行う際には、専用のツールを使うのが一般的です。
おすすめのABテストツールについては、後の項目でご紹介いたします。

ABテストが終わったら、その効果検証を行います。
もしも、ABテストの結果で有意差が出なかった場合には、次のABテストを行ってください。

最後に、ABテスト結果を参考にして、改善を加えていきます。

ABテストに必要なサンプル数はどのくらい?

ABテストを行う際には、ある程度のサンプルサイズが必要です。
サンプルサイズが足りないと、テスト結果の信頼性が下がってしまうおそれがあります。
インターネット上には、ABテストのサンプルサイズを自動で計算してくれるWebサイトもありますので、活用してみると良いでしょう。

ABテストを行うメリットと改善事例

次に、ABテストのメリット、改善事例についてご紹介します。

ABテストを行うメリット

ABテストを行うメリットは、以下の通りです。

  • 同時に複数のパターンのテストが可能
  • 作業工数が少ないので、担当者の負担がかかりにくい
  • Webサイトをリニューアルするよりも低予算で行える
  • 万一効果が出なかったときはすぐに元に戻せる

ABテスト実施による改善事例

ABテストを実施すれば、ユーザーのバナーのクリック率、ランディングページの直帰率、離脱率なども改善が期待できます。
海外では、アメリカのオバマ大統領の献金サイトで、ABテストを行った結果、多額の資金を集めることに成功した事例もあります。

ABテストに使えるおすすめツール3選

ABテストツールは、無料で使えるものがいろいろとあります。
ただし、無料のツールは、機能制限が設けられていることもあるので、注意が必要です。
ビジネス目的で使うのであれば、効率良くテストが行える有料ツールを使うのがおすすめです。

SiTest(サイテスト)

SiTestは、株式会社グラッドキューブが提供しているランディングページ最適化ツールです。
ABテスト機能が搭載されており、多変量テスト、FLPO(ランディングページ最適化)などのテストを行うことができます。
HTMLファイル、コーディングなどの専門知識は一切不要です。
ドラッグ&ドロップの簡単操作だけで、テストが行えるのがSiTestの特徴です。

SiTest(サイテスト)の料金·評判·機能について。初期費用無料で3ヶ月契約から?

画像·データ出典:SiTest公式サイト

Sprocket(スプロケット)

Sprocketは、株式会社Sprocketが提供しているWeb接客サービスです。
仮説にもとづいた接客シナリオを実施して、KPI・KGIの視点で、ABテストで検証を行う機能が搭載されています。
外部サービス連携を使うことで、より高度な接客シナリオの実現も目指せます。
Sprocketには、無料トライアルが用意されており、導入前にお試しも可能です。
Webでの接客強化をお考えの方に、おすすめのサービスです。

Sprocket(スプロケット)の料金·評判·機能について。タグ1行を追加するだけの簡単仕様?

画像·データ出典:Sprocket公式サイト

Optimizely(オプティマイズリー)

Optimizelyは、世界中で利用されているABテスト最適化プラットフォームです。
アメリカ企業のツールですが、日本代理店があり日本語にも対応しているため、英語が苦手な方でも安心して導入できます。
Optimizelyには、ABテスト、多変量テスト、複数ページテスト機能が搭載されています。
デバイス、ブラウザなど、詳細なテストが可能です。
全デジタルチャネルに対応していることも、Optimizelyの特徴となっています。
パソコン以外に、スマートフォン、タブレットでも利用できるため、外出先でも活用しやすいツールです。
トライアル版が用意されており、30日間無料でお試しが可能です。

画像·データ出典:Optimizely公式サイト

ABテストを行う際の注意点

最後に、ABテストを行う際の注意点についても見ていきましょう。

ABテストは1ヶ所のみ

ABテストは、1ヶ所ずつ実施していくのが基本です。
同時に複数箇所を変更してしまうと、正確な分析が行えなくなってしまいます。

テスト中に内容変更を行わない

ABテストを行っている最中は、内容変更を行わないようにしましょう。
途中で条件を変えてしまうと、計測ができなくなるおそれがあります。

多くのデータを用意しておく

データ数が少ないと、検証の精度が下がってしまいます。
ABテストを行う際には、できるだけ多くのデータを用意しておくようにしましょう。

注意点を意識して効果的なABテストを

以上、ABテストのやり方、メリット、注意点などについて解説しました。
ABテストは難しいのではと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、専用のツールを使えば、意外と簡単に行うことができるのです。
本記事でご紹介したおすすめのABテストツールも、ぜひ活用してみてください。
ABテスト終了後にしっかりと検証を行い、改善策を考えていくことも大切です。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載