【これを読めば理解できる!】リスティング広告の基本|費用や運用方法、おすすめの運用代行会社を解説

最終更新日 

リスティング広告」は、Webサイトへの集客や売上アップなどに対して、良い成果が期待できることから、多くの企業が積極的に活用しています。
本記事で、 リスティング広告の基本、効果やメリット、相場費用などについてご紹介いたします。
また、リスティング広告の相場費用、運用方法、運用代行会社についても触れていきますので、具体的な運用に興味がある方も本記事を参考にしてみてください。

リスティング広告の基本|初心者でもわかるように簡単に解説!

まずは、リスティング広告がどんなものなのかについて、見ていきましょう。

リスティング広告とは?

簡単な言葉で説明すると、リスティング広告とは「検索連動型広告」のことです。
GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って検索した際に、入力した検索キーワードに連動して、自動的に表示される広告のことを指しています。
また、ユーザーが閲覧しているWebサイトの内容に応じて自動的に表示される「コンテンツ連動型広告」もリスティング広告と呼ばれています。

代表的なリスティング広告

有名なリスティング広告としては、Yahoo!が提供する「Yahoo!広告」、Google社が提供する「Google広告」などがあります。
そのほかにも、Indeed社の「スポンサー求人広告」、株式会社クロスリスティング社の「レモーラリスティング」など、さまざまなタイプのリスティング広告が存在しています。

リスティング広告を掲載する際の費用相場と事例

リスティング広告を使うためには、利用料金を支払わなくてはなりません。

一般的には20万円~30万円くらいが相場価格

どのくらいの予算が必要なのかについては、利用する広告の種類、どのくらいの成果を出したいのかによって異なります。
企業がリスティング広告を利用する場合ですと、20万円~30万円くらいが相場価格だと言われています。
ビジネス目的でリスティング広告を活用するつもりの方は、とりあえずは20万円前後目安にして予算を組んでおくと良いでしょう。

Google広告の料金システムと相場料金

世界的にシェア率の高いGoogleが提供している「Google広告」では、1ヶ月間の広告予算を自由に設定可能です。
成果が発生した場合のみ料金が発生するシステムとなっており、あらかじめ設定しておいた予算以上の金額を超えて請求されることはありません。
ちなみに、Google広告では、低めの予算でスタートしたい方には0円~10万円、サポートを受けつつ成果も出したい方には10万円~の予算設定をおすすめしています。

リスティング広告の効果とメリットについて

次に、リスティング広告を活用することでどんな効果やメリットが得られるのかについて見ていきましょう。

メリット

リスティング広告の一番のメリットは、見込み客に対してアプローチしやすいことです。
事前に配信するキーワードを自由に設定できるため、自社の商品やサービスに興味を持ったユーザーに対してピンポイントでアピールすることができます。
ほかの広告と比較して、費用対効果が非常に高いのがリスティング広告の特徴です。
また、リアルタイムで状況がチェックできることも、リスティング広告の利点でしょう。
リスティング広告には管理画面が用意されており、広告の成果をすぐに確認することができます。
いつでも状況を可視化ができるのが、リスティング広告の良いところです。
そのほかにも、「少額からスタートできる」「広告停止がいつでも可能」「即効性が期待できる」などのメリットがあります。

リスティング広告のやり方・運用方法を解説

リスティング広告にはいろいろな種類がありますが、本記事では人気の高い「Google広告」のやり方・運用方法についてご紹介します。

リスティング広告のお申し込みに必要なもの

Google広告を利用する際には、「Googleアカウント」と「Webサイト」が必要です。
Googleアカウントは無料ですぐに取得できます。

Google広告の始め方

Google広告は、以下の手順で簡単に始めることができます。

  1. まず、Google広告公式サイト(https://ads.google.com/)へアクセスして、「今すぐ開始」ボタンをクリックしてください。
  2. 次に、画面の指示に従って、広告の目標、お店やサービスの名前、Webサイトなどを入力していきます。
  3. 新しいキャンペーン作成画面が表示されたら、広告見出しや説明文のほかに、キーワードのテーマ、住所、予算などを入力します。
  4. 最後に、お支払い情報を入力します。
    お支払い方法については、クレジットカード、デビットカードも利用可能です。
  5. 申し込み手続きが完了して、Google社から広告が承認を受けると、広告配信が可能となります。
    Google広告には、電話サポート、LINE相談窓口も用意されています。
    申し込み方法、予算のことなど相談したいことがある方は、コンタクトを取ってみると良いでしょう。

Google広告の運用方法について

Google広告の運用は、管理画面で行います。
管理画面には、キャンペーン、広告グループ、トピックなどさまざまな項目が用意されており、細かな設定も可能です。
リスティング広告はテキストベースで表示されるため、最適なキーワードを選定しておくことが、運用の重要なポイントとなります。
また、リスティング広告で成果をあげるためには、キャンペーンの作成、ターゲット選定、予算の設定についても、都度見直しも必要です。

リスティング広告運用時の注意点と運用が不安のときの運用代行会社について

最後に、リスティング広告運用時の注意点についてご紹介します。

リスティング広告運用の際に気を付けることは?

リスティング広告を利用する際には良い面だけでなく、以下のような注意点もあります。

  • 広告掲載費用がかかる
  • 広告運用の手間がかかる
  • アプローチできるのは検索した人のみ
  • アップデートについていくのが大変

リスティング広告は成果が出やすいと言われていますが、万能のツールではありません。
高額な予算や手間をかけても、上手な運用ができなければ、期待した通りの成果が出ないこともあるのです。
また、日々のアップデートに対応していく労力、広告やWebの仕組みに関する勉強も必要となります。

運用代行会社を利用するメリット

自社で運用するのが大変な場合には、リスティング広告の運用を得意としている会社に相談するという方法もあります。
運用代行会社には、Web広告に詳しいプロたちが在籍していますので、最適なアドバイスをもらうことができるのです。
また、自社で運用するよりも、最初からプロに頼んだほうがより高い成果が出る確率も高くなります。
運用代行会社を利用すると、コストはかかってしまいますが、本業に集中できるというメリットも得られます。

メリットや注意点を理解して適切なリスティング広告の運用を

リスティング広告には、「検索連動型広告」や「コンテンツ連動型広告」などがあり、検索エンジンを利用したユーザーへアプローチしやすいという利点があります。
お申し込みから利用開始までの期間が短く、予算内で運用できることも点も、リスティング広告の良いところです。
集客や売上が伸びなくて悩んでいる方は、リスティング広告を積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部