trocco(トロッコ)の料金·評判·機能について。月額10万円から利用できる?

最終更新日 

Google広告やYahoo!広告、SNSなど複数の媒体に広告を出稿しているが、管理が難しく効果的なレポート作成ができないというマーケターの方は意外と多く、課題となっています。

今回紹介するtrocco(トロッコ)は、広告KPIダッシュボードの作成がノンプログラミングで実現できることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

troccoとは

troccoとは株式会社primeNumberが運営している分析基盤の総合支援ツールです。

自社に対応可能なエンジニアがいなくても、広告データベースをノンプログラミングで集約することができるとして注目されており、日本国内では200社以上で導入されています。

troccoの機能·特徴

20種類以上の広告レポート抽出が可能

troccoでは20種類以上の広告レポートに対応しており、複数の媒体に出稿している場合でも簡単な操作でレポートを統合することが可能です。

  • Google広告
  • Facebook広告
  • Instagram広告
  • Yahoo!広告
  • TikTok広告
  • Twitter

上記の他にも様々な広告に対応しており、過去データの取得や自動データ取得、定期実行がいずれの対応先でも可能という優れ具合です。

ノンコーディングでデータを保管

troccoで集約したデータは「Google BigQuery」などの分析特化型のデータベースへ保存されます。

出稿する広告媒体が増えてデータ量が大きくなっても高速で処理ができるため安心です。

Google BigQueryの使い方がわからないという場合でも、troccoの運用サポートプランがあるので、そちらを利用することで不明点を解消することができます。

アトリビューション分析機能

trocco Web行動ログSDKというサービスと一緒に利用することで広告のアトリビューション分析を行うことが可能となります。

アトリビューション分析が行えれば、コンバージョンに繋がった媒体の貢献度を把握することができ、広告同士でのカニバリゼーションを回避することができます。

troccoの料金·価格

troccoの料金は下記の通りです。

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:10万円〜

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

troccoでは、無料トライアルについては明記されていないためお問い合わせが必要となります。

trocco導入のメリット

エンジニアがいなくても広告レポートが自動化できる

自社にエンジニアがいない場合でも、troccoを導入することでマーケター自身がレポートの自動化を行うことができるようになります。

troccoは専門的な知識がなくてもダッシュボード構築が可能なUIで作られているため、PCの操作が苦手という方でも安心して利用することが可能です。

troccoの導入事例·評判

LTV最大化に貢献してくれました

“部署ごとのデータのサイロ化を解消するためにtroccoを導入しました。troccoは使いやすくYahoo!広告にも対応していることが導入の決め手でしたね。10年分のLTV集計が3分で戻ってくるようになったのでコスト削減にもつながっています。何を改善するべきかがわかったことでLTV最大化に活用することができました。”(株式会社ホワイトプラス様)

必要な情報がすぐに探せるように

“troccoはエンジニアリソースを使わずに簡単に操作できることが導入の決め手でした。マーケター自身が操作してDWHにデータを保存することができるため、エンジニア3名分のリソースをツールに置き換えることができました。必要になったデータがエンジニアの手を借りなくてもすぐに対応できるようになったのは大きなメリットです。”(株式会社サイバー·コミュニケーションズ様)

類似サービスとの比較

troccoの類似サービスとしてはBrandwatch(ブランドウォッチ)やAd Effective(アドエフェクティブ)などが挙げられます。

Brandwatchはマーケットリサーチから分析、意思決定までが可能になるマーケットリサーチ· ソーシャルアナリティクスツールです。

豊富なデータを保有しており、AIを活用したマーケットリサーチプラットフォームとして幅広い業界で導入されています。

料金は非公開となっており問い合わせが必要となります。

Brandwatch(ブランドウォッチ)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

Ad Effectiveは広告の効果測定、管理システムとして多くの企業で導入されている実績があります。

費用対効果の計算やレポート機能などが搭載されているため効果的な広告運用が可能となります。

料金は316,800円で導入することができます。

Ad Effective(アドエフェクティブ)の料金·評判·機能について。316,800円で導入できる?

troccoで効果的な広告運用を

troccoについてご紹介させていただきました。

  • 様々な広告媒体に対応
  • ノンコーディングで利用できる

上記の点から、エンジニアリソースが足りない方や複数の広告媒体に出稿している場合に有効に利用できるサービスであることがわかります。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:trocco公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載