HiCustomer(ハイカスタマー)の料金·評判·機能について。どんな効果が出る?

最終更新日 

カスタマーサクセスツールは、その名の通り、顧客を成功へ導くことを支援するツールです。顧客がいなければ経営は成り立たたないため、サービスの向上や顧客を満足させることに集中して取り組む企業も少なくありません。
カスタマーサクセスツールは、SaaS業界に端を発し、徐々に認知度を高めているツールです。ここでは、カスタマーサクセスツールの一つ、HiCustomer(ハイカスタマー)について、その特徴や強み、料金プランなどについてわかりやすく解説します。カスタマーサクセスツール選びの参考にしてください。

HiCustomerとは

HiCustomerとは、SaaS企業向けのカスタマーサクセスツールで、クラウド上で顧客のデータ管理·分析を行います。
分析したデータはレポート化が可能で、マーケティング戦略の資料として利用できます。

HiCustomerの特徴·機能

HiCustomerには、注目すべき特徴や機能がいくつかあります。
その主なものは「細やかな顧客管理を実現」「顧客のデータを時系列で把握」そして「ヘルススコアを設定して顧客の健康管理も」です。

細やかな顧客管理を実現

HiCustomerは、BIツールをはじめAPI経由のCRM/SFAデータと連携させることで、顧客情報(利用状況、売上、契約情報など)を集約させて管理します。顧客の情報を把握しやすく、適切な戦略を打ち出すのに便利です。
顧客が退会したことを検知し、知らせてくれる機能を利用すれば退会した顧客から理由を聞くなどのアプローチが迅速にできるようになります。

顧客のデータを時系列で把握

顧客に関する情報は、時系列で管理が可能になるため、顧客の行動パターンを分析することやそれに見合ったアプローチを考えるのに有効です。
HiCustomerが示すデータから、問題や課題を把握し、効果的な解決方法を導き出せるので時間の短縮が期待できます。

ヘルススコアを設定して顧客の健康管理も

HiCustomerには、ヘルススコア機能が搭載されています。
設定は自由にでき、それを基準に顧客全体のサービス利用における健康状態の把握が可能になるのです。データはレポートとして出力できます。

HiCustomerの強み

HiCustomerの強みは、低コストで顧客情報を一括管理できる点です。
顧客の状況を把握したり分析したりする場合、通常労力とコストがかかりますが、HiCustomerを導入することで、集計·分析コストがほとんどかかりません。コツを掴めば、データを活用した、効果的なマーケティング戦略を策定することも難しくありません。

HiCustomerの価格·料金プラン

HiCustomerのホームページには、料金は記載されていません。
初期費用や月額費用、その他プランなど、詳細は要問い合わせになります。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

HiCustomerの注意点

HiCustomerの特長は、さまざまな種類のレポートの作成·チェックが可能という点です。
その反面、閲覧する場合、異なるレポートを並べるということができないなどユーザーによっては不便な点を感じることがあるかもしれません。

HiCustomerの口コミ·利用企業からの評判

コストが抑えられるようになりました

“これまでいくつかカスタマーサクセスツールを使っていきましたが、HiCustomerは、BtoBカスタマーサクセスを考慮して開発されたツールだと思います。コストが抑えられるほか、使いながらカスタマーサクセスについて学びが深くなる点も、HiCustomerの特徴です。国内ツールということもあり、使用上の疑問なども気軽に相談できるという点も気に入っています。”(株式会社グッドパッチ様)

顧客に合わせたサービス展開ができるように

“HiCustomerを導入する前は、数値の分析に時間を費やしてしまい、顧客とのコミュニケーションに十分時間をかけられない点にストレスを感じていました。また、顧客全体のヘルススコアの管理も行えず、カスタマーサクセスの必然性を感じるようになりました。HiCustomerを導入することで、顧客と向き合う時間が増え、ヘルススコアの可視化により適切な顧客サービスの展開が可能になり満足しています。”(株式会社ROXX様)

類似サービスとの比較

HiCustomerの類似サービスには、「Gainsight」と「Natero」があります。
3つのサービスはいずれも解約やアップセルの兆候を事前にキャッチし、通知してくれる機能を持っているのです。Gainsightは、チャットサポートツールを搭載し、自動的に顧客の疑問に答えNateroは独自の顧客プロセスを展開、可視化することに強みを持ちます。どちらも外国製のツールなので、サポート面を考慮する場合、国産ツールのHiCustomerが安心でしょう。3つのサービスとも詳細な料金は、要問い合わせになります。

HiCustomerで顧客管理の高速化を

顧客の課題解決の糸口を見つけるカスタマーサクセスは、今後多くの企業で利用されていくと考えられます。
ほかの業務に時間を取られ、顧客管理が十分にできていないとお悩みなら、HiCustomerの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:HiCustomer公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部