intra-mart Accel Platform(イントラマートアクセルプラットフォーム)の料金・評判・特徴について

更新日:

    システムを増やせば増やすほど構成は複雑化になり、維持するための運用や保守には時間が割かれます。これではいくらリソースがあっても足りません。しかしアプリケーション基盤を標準化してしまえば、運用や保守なども効率化され開発や管理も簡単になります。そこで活用したいのが「intra-mart Accel Platform」です。intra-mart Accel Platformは株式会社NTTデータビジネスシステムズが運営するサービスです。

    intra-mart Accel Platformの特徴・機能

    ノンプログラミングで画面を作成できる

    intra-mart Accel Platformの特徴はノンプログラミングで画面を作成できるという点です。申請帳票やWeb画面フォームを使いやすくするにはプログラミングを組む必要もあります。しかしintra-mart Accel Platformではノンプログラミングで画面を作成できます。多くの工数をかけて行なっていた画面作成を素早く低コストで行えるのです。

    テンプレート集が充実

    2つ目がテンプレート集が充実しているという点です。intra-mart Accel Platformはドラッグ&ドロップでテンプレートを作成できますがもっと簡単に作りたいという方もいるでしょう。そういう方に向けて107種類の帳票テンプレート集があります。人事部門や総務経理部門、情報システム部門など種類が豊富なので困ることはありません。

    導入実績が豊富

    3つ目が導入実績が豊富ということです。ワークフロー市場ではNo.1の実績を獲得しており、いかに使いやすいかが伺えるでしょう。実績がなくて安全なのか心配という方も安心して導入できるのが特徴です。

    おすすめの類似アプリマーケティングツール

    初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

    (4.5)

    月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
    初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

    オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

    ランニングコストのみでアプリ開発ができる

    従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

    既存Webサービスとの連携が可能

    すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

    リリース後のマーケティング施策もサポート

    アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

    intra-mart Accel Platformのメリット

    intra-mart Accel Platformのメリットは主に以下の2つです。

    複雑なアプリケーションをノンプログラミング開発でできる
    システムを効率よく開発・運用するための機能がある

    1つ目が複雑なアプリケーションをノンプログラミング開発できると言うことです。今までノンプログラミングで開発できるものはいくつもありました。しかしその多くは単純なものです。intra-mart Accel Platformは複雑なものもノンプログラミングで開発可能です。システムを効率よく開発できるものもあり、導入すれば業務効率化が見込めます。

    intra-mart Accel Platformの価格・料金プラン

    現在、調査中です。

    詳しく知りたいという方は公式サイトへお問い合わせしてみてください。

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    intra-mart Accel Platformの注意点

    導入価格が100万からと高額になっています。アプリケーション基盤であればこの価格帯は普通ですが、それでも100万という価格は安くありません。導入に戸惑ってしまうでしょう。

    intra-mart Accel Platformの導入事例・評判

    導入することで開発の生産性が上がりました。コード生成が自動でできたり、パートナーが多い、BPMを軸にシステム化できるなどさまざまなメリットがあります。
    非公開

    システム導入によりオンライン上で完結できました。これによりリモートワークでも安心です。不具合も特になく使うのに不便は感じていません。
    非公開

    類似サービスとの比較

    サービス名月額料金特徴
    Magic xpa Application Platformお問い合わせコーディングなしで業務システムの開発が可能
    楽々Frameworkお問い合わせデータベースとの接続周りから画面周りまで全て管理可能
    AppSuite1ユーザーにつき320円コスト面で非常に有利

    Magic xpa Application Platformはコーディングなしで業務システムの開発が可能ですので、業務効率化が見込めるでしょう。楽々Frameworkはデータベースとの接続周りから画面周りまで全て管理可能ですのでこれさえあれば困りません。AppSuiteはコスト面で非常に有利なので、導入に迷っている企業はこちらを導入してみましょう。

    intra-mart Accel Platformでノンプログラミンで開発

    intra-mart Accel Platformはノンプログラミングで開発可能という点です。確かにプログラミングに関する知識があった方が有利になるでしょう。しかし全員がその知識を持っているとは限りません。intra-mart Accel Platformを活用すれば複雑なものもノンプログラミングで開発できます。

      • qeee枠【アプリマーケティング】

        初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

        (4.5)

        月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
        初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

        オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

        ランニングコストのみでアプリ開発ができる

        従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

        既存Webサービスとの連携が可能

        すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

        リリース後のマーケティング施策もサポート

        アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載