Looker(ルッカー)の料金·評判·機能·口コミについて。導入メリットも解説

最終更新日 

Looker(ルッカー)

サービス名Looker(ルッカー)
ジャンルBIツール
初期費用要お問合せ
月額費用要お問合せ
無料お試し要お問合せ
導入実績2000社以上

膨大なデータの中から必要な情報をすぐに検索することや効率良く分析·管理するために、BI(Businessインテリジェンス)ツールを活用する企業が増えてきました。
本記事では、次世代型BIツールのLookerについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

Lookerとは

Looker(ルッカ―)は、Looker Data Sciences, Inc.が提供しているBIサービスです。
2019年にGoogle社が同社を買収したことでも、注目を集めました。
さまざまなデータソースを視覚化し、情報共有、ほかのアプリケーションへの埋め込みなどを行うことができます。
医療系、SNS系、IT系など、世界各国で2,000社以上で導入実績があります。

Lookerの類似サービス「GoodData」

サービス名

GoodData

月額費用

40,000円〜

初期費用

要問い合わせ

ユーザー数

無制限

無料お試し

あり

GoodDataは、米国に拠点を置くGoodData社が提供するBIツールで、国内では株式会社サムライズが販売代理店となっています。
データの収集から分析、ダッシュボード化までをGoodData1つでできることから、現在150万人のユーザーを抱え、15万社で利用されています。

Lookerの特徴·機能

では、Lookerボットにはどのような特徴や機能があるのか見ていきましょう。

LookML

Lookerの特徴は、モデリング言語のLookML(ルックエムエル)です。
LookMLは、自動的にSQLを生成するのが特徴で、比較的習得しやすい言語と言われています。
SQL構文がわかりやすいため、修正やプログラミングの時間を短縮して、効率良く作業を進めることができます。

ノンプログラミングでデータを活用

プログラミング不要でデータを活用できることも、Lookerの特徴です。
LookMLを共有することで、ビジネスに必要なデータをすぐに手に入れることができ、ダッシュボードも作成できます。
データのエクスポート、アプリや自社業務システムへの埋め込みなども可能です。

アプリケーション

Lookerでは、アプリケーションの提供も行っています。
用意されているアプリケーションは、セールスアナリティクス、デジタルマーケティングアナリティクス、ウェブ分析の3種類です。
これらのアプリケーションを活用することで、より生産性を高めることができます。

Looker導入のメリット

Lookerの強みは、セキュリティの高さです。
ISO 27001、PCI、SOC 2 Type2(GCP)認証を取得しています。
TLS 1.2による暗号化、セキュア接続など、万全のセキュリティ対策を行っていますので、安心して導入できます。
IPホワイトリスト、SSL、SSH、PKI、Kerberos認証などの中から、データベースへの接続の保護の方法を選べるのも、Lookerの強みです。

Lookerの価格·料金プラン

Lookerは、ビジネスの規模に応じた料金プランとなっています。
プランの内容、初期費用、月額料金などは公表されていないため、詳細については要問い合わせです。
公式サイトの「見積りをリクエスト」から、料金に関するお問い合わせができます。
Lookerには、デモ版が用意されており、事前にお試しが可能です。
公式サイト上にある「デモをリクエスト」ボタンから、お申込みできます。
2021年6月現在/詳細はLookerの公式サイトを確認。

Lookerの注意点

Lookerの注意点は、導入しただけ、データ分析の課題が解決するわけではないことです。
問題解決のためのヘルプセンターやコミュニティも用意されていますが、英語ページのみとなっています。
その点以外には、基本的に注意すべき点はありませんのでおすすめです。

Lookerの導入事例

ダイナミック広告運用で活用

“ダイナミック広告運用でLookerを採用しました。アクション機能も活用することでリアルタイムでの管理ができるようになり、顧客との円滑なコミュニケーションも実現しました。”(株式会社フィードフォース様)

ゲーム部門でLookerを導入

“ゲーム部門でLookerを導入したことで、分散していたツールが一元化できるようになりました。エンジニアの作業効率も上がり、分析業務へ注力できるようになりました。”(株式会社ミクシィ様)

類似サービスとの比較

Lookerと類似したサービスとしては、ウイングアーク1st株式会社が提供しているMotionBoard Cloudがあります。
MotionBoard Cloudの月額費用は30,000円(税別)~、初期費用は10万円(税別)です。
機能としては、ダッシュボード、自動共有、Excel上でのデータを分析、Salesforce連携などを搭載しています。
活用支援サービス、BIコンサルティングサービス、ユーザー専用サポートサイトなどの手厚いサポートも用意されています。

Lookerを導入して、ビックデータの有効活用を

Lookerは、モデリング言語の「LookML」を活用した次世代BIサービスです。
あらゆるデータを一元管理でき、ノンプログラミングで活用することができます。
公式サイトからデモ版の申し込みができますので、BIツールをお探しの方は、まずいはお試ししてみてはいかがでしょうか?

画像·データ出典:Looker公式サイト

Looker(ルッカー)の口コミをみる

業種:IT/会社規模:301人〜500人/職業:主任・係長クラス

満足度

KPI管理に適したツール

良い点

大人数でプロジェクトを進める際おKPI管理や、属人化しそうなデータをまとめて管理するのに使用しています。LookMLという独自のプログラミング言語を使用するが、ノンプログラマーでも少し習得期間を設ければ運用できます。SQLが理解できていればかなりスムーズに運用開始できると思います。

改善点

インターフェースはもう少し直感的になると使いやすいです。運用自体は非エンジニアでも使えるものですが、誰が見ても抵抗感のないデザインやUIだともっと使いやすくなる気がします。

導入して解決できた課題や得られた成果等

各所にちらばっていたデータや曖昧なKPIなどを一元管理できるようになりました。

業種:IT/会社規模:101人〜300人/職業:部長・課長クラス

満足度

非エンジニアでもデータベースにアクセスできる

良い点

エンジニアではない人でもデータベースに触れることができる点で革新的です。Gitとも連携できるので、プルリクエストができて便利です。エンジニアやSQLなどが理解できる人であれば運用はスムーズかと思いますが、サポートも充実しています。

改善点

運用コストは低いですが、UIがやや使いづらい印象を受けます。多くのデータを扱う分、ビジュアル面の良し悪しはツールの使いやすさや取っ掛かりやすさが変わってくると思います。

導入して解決できた課題や得られた成果等

データの集計やKPI設定などが各部署間で統一されていなかったものを、Lookerによって中央集権的に管理できるようになりました。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載