SkyLinkの料金・評判・口コミについて

更新日:

    多くの顧客情報や商品受注情報を取り扱う場合、検索やデータの更新などがとても手間になってしまいます。

    また、全ての社員で共有していると誤った入力なども起きてしまう可能性があり、正しく情報を管理するのは容易ではありません。

    そこでおすすめするのが「SkyLink」です。

    今回はSkyLinkの特徴や料金、評判や口コミについてわかりやすく解説していきます。

    SkyLinkとは?

    SkyLinkとは、業務システムや基幹システムなどで使用されているデータベースと直接つながることにより、蓄積された情報を簡単に検索したり更新できるアプリケーションです。

    25年以上の歴史があり、今までの15,000社を超える導入実績があります。

    用途に応じて売上情報や社員情報、受注データ、在庫データ、顧客情報など社内の様々なデータの有効活用に役立てられます。

    SkyLinkの製品は「for Desktop」と「for Web」の2種類に分かれています。

    for Desktopは、パソコンにインストールするタイプのもので、検索や更新、挿入、削除などの機能を誰でも簡単に使用できるほか、エクセルとの連携機能もあります。

    for Webは、データベースを検索する機能をサーバーで実行するタイプとなっており、Webブラウザからのアクセスから利用可能です。

    おすすめの類似BIツール

    類似サービス FineReport

    (5.0)

    月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
    初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

    FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

    必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

    直感的な操作で帳票が作成可能

    FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

    豊富なグラフとマップでデータを可視化

    FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

    強力なデータ入力機能を搭載

    設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

    SkyLinkの特徴

    SkyLinkの特徴は4つあります。

    誰でも簡単に使用可能で様々なデータベースに対応

    Oracle、 A-VX、RIQSIIなど国内で利用されている殆どのデータベースに対応しており、一つのプログラムで接続可能なので管理も簡単です。

    実際の操作も簡単なマウス操作のみとなっており、検索しかできないメディアと更新も同時にできるメディアに分けることで誤った変更などのリスクも無くしやすくなっています。

    機能性の充実と不正アクセスの防止

    データベースに接続するためのログインは別に管理が可能であり、個別に定義した接続IDごとで使用できる表や列を細かく指定できます。

    利用シーンに合わせた商品の充実

    Webサービスを利用した社外からの利用やデータの検索や更新、定型業務のみで利用するオペーレータ向け、タブレットだけでの利用など利用シーンに応じて様々な商品が開発されています。

    エクセルでデータを有効利用できる

    for Desktopであればエクセルと連携しているため、今までの通りの作業とほとんど変わらず使用可能です。

    SkyLinkの料金

    SkyLinkの利用料金は下記の通りです。

    ・マスターパッケージ(2デスクトップライセンス):92,400円
    ・追加デスクトップライセンス(1デスクトップの場合):41,800円
    ・追加デスクトップライセンス(5デスクトップの場合):198,000円
    ・追加デスクトップライセンス(20デスクトップの場合):739,000円
    ・追加デスクトップライセンス(100デスクトップの場合):3,432,000円

    詳しいお見積もりなどは公式HPで確認できます。

    SkyLink公式HP:https://www.est.co.jp/product/skylink

    SkyLinkの評判・口コミ

    SkyLinkの口コミや評判として多かったのが「様々な利用方法があり、業務効率を大きく上げられる」という内容のものでした。

    利用シーンごとに商品が揃っており、細かい設定が可能なため、導入後に作業効率を大きく上げることが可能です。

    具体的な導入イメージがわかないという方は、一度問い合わせてみるといいでしょう。

    SkyLinkを使用して業務効率をあげよう!

    今回はSkyLinkについて解説してきました。

    様々な情報検索や更新などに応じた活用が可能であり、操作性も優れていることから業務効率を上げることが可能です。

    情報の取扱業務が多い部署などでの導入におすすめです。

    これはBIツールの製品です。
    BIツールの製品をまとめて資料請求
      • キュウイ枠【BI】

        類似サービス FineReport

        (5.0)

        月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
        初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

        FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

        必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

        直感的な操作で帳票が作成可能

        FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

        豊富なグラフとマップでデータを可視化

        FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

        強力なデータ入力機能を搭載

        設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載