• AI Travelの料金·評判·機能について。手数料は20%以内?

    最終更新日 

    AI Travelとは

    社員の出張は日常的にあるものですが、今回紹介するのは企業の出張の状況を一元管理するためのAI Travelです。株式会社AIトラベルは、2014年設立と歴史が浅い企業ではあるものの、AI Travelで様々な企業から注目を集めています。現在では国内·海外の出張が多い有名企業からの利用も増えています。

    出張にまつわるあれこれをどのように管理、効率化していけるのか、強みを具体的に紹介します。

    AI Travelの特徴·機能

    AI Travelの2つの柱があります。それは、出張に伴う作業の効率化と出張コストの削減です。これらは業務効率化ツールの一種だとイメージしてください。

    出張に伴う作業は企業にとって大きな負担であり、出張の回数が増えれば増えるほど、負担も比例して増加します。実際に出張する側と経理や総務で負担の内容は異なり、出張する側の代表的な負担は予約や申請、立替の面倒さです。

    経理や総務の負担としては出張のデータ化や分析、出張の適正さの検討などが挙げられます。出張は企業にとって大事なことであるにも関わらず、社員からすれば負担を感じやすい厄介な存在です。

    AI Travelの中で最も注目すべき機能は簡単に予約できる点で、日時と出発地、目的地、人数の4項目を入力することで簡単に手配ができます。また、役職などに応じて出張の予算の上限を設定できるため、適正かどうかの判断が極めて容易です。

    AI Travelの強み

    作業時間の短縮が可能

    出張手配にかかる時間は申請などのプロセスを含めると一般的に2時間程度で、相当に手慣れていても30分から60分はかかるのが普通です。2時間ほどもかかる作業は大きな負担と言えますが、この作業時間がAI Travelを導入することにより大幅にカットできます。

    申請などの時間を含めても長くて10分もあれば手配が完了するため、出張にまつわるあれこれに長く時間を取られている場合は、およそ1/10まで時間を短縮できる計算です。

    経費の不正利用を防止

    出張に行く側の心理として予算を切り詰めようという考えはあまり起こらず、予算をなるべく使い切ろうとするのが普通です。

    AI Travelを導入する場合は管理者は出張に関するデータを全て把握できるため、予算をなるべく使い切ろうとする心理を抑える効果が見込めます。実際に出張する社員の気持ち次第な面はあるものの、心理的な予算の抑制効果から出張費の削減も期待できるのです。

    コンシェルジュ機能

    また、コンシェルジュ機能も備えられており、AI Travelコンシェルジュデスクとのチャットで、簡単に予定の変更やキャンセルに対応してくれます。レンタカーの手配、出張先の会議室の手配にもAI Travelは対応しており、宿泊施設以外の手配にかかる時間もカットできるのです。

    AI Travelの価格·料金プラン

    たとえ出張に関するコストを削減できるとしても、肝心のAI Travelの料金が高めなのではないかと不安を感じるかもしれません。

    AI Travelの価格や料金プランはAI Travelの公式サイトでも明記されておらず、企業の出張状況を調べた上で見積もりされる仕組みです。ですが、多くの場合は費用の20%以内の手数料となります。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    AI Travelの注意点

    出張の効率化に役立ってくれるAI Travelは、機能面では隙がない作りであるものの、導入までに少し時間がかかる恐れがあります。先に書いた料金システムとも関係していますが、支払い後にすぐに使えるというタイプのサービスではなく、導入までやや時間はかかると考えてください。

    AI Travelの口コミ·利用企業からの評判

    “アドベンチャー施設の建設、運営をする都合上、弊社はどうしても出張の回数が増えます。ほとんど自宅に戻れない社員もいるほどで、立て替えが難しいなどの問題が起こっていました。AI Travelは宿泊先の選択肢が多いので急な出張でも安心ですし、出張に関してより一層の効率化ができました。レクチャーがあり、ツールの導入にあたり大きな混乱が起こらなかった点も素晴らしいと感じます。”(株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン様)

    類似サービスとの比較

    AI Travelのような出張管理システム(BTM)としてはBzitなどが挙げられます。

    Bzitは旅行代理店として有名なJTBが運営している出張管理システムです。JTBのネームバリューとノウハウを活かし、これまでの導入実績は1,900社以上、663,000人以上のユーザーから利用されているサービスです。

    飛行機や新幹線のチケット、ホテル手配が簡単にできるだけでなく、支払いは一括で行うことができる手軽さを持ち合わせています。

    出張手配の内容と領収書·精算書を照らし合わせて内容確認をしなければいけなかった手間を、Bzitであれば、手配したチケットに搭乗時·乗車時のデータを自動的に反映してくれるので確認業務を省略することが可能になります。

    AI Travelで出張管理の効率化を

    AI Travelは出張の煩わしさを解決してくれるツールで、かなりの効率化が期待できます。出張による社員の負担に悩まされているのであれば、ぜひ評判のAI Travelの導入を検討してください。

    画像·データ出典:AI Travel公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部