MerryBiz(メリービズ)の料金·評判·機能について。月10万円から始められる?

最終更新日 

少子化による人材不足の中、働き方改革が推進され残業の軽減などに迫られています。経理業務は月末や決算時期にオーバーワークになることが多く、経理業務の効率化や業務改善が求められアウトソーシング化を行う企業も増えてきました。
アウトソーシングの新しい形を提供するメリービズ(MerryBiz)の特徴、強み、料金プランなどを分析していきます。

メリービズとは

メリービズは会計事務所による経理代行サービスとも、会計ソフトやクラウド経理サービスによる経理業務の自動化ツールとも異なります。企業のニーズに合わせ代行してほしい業務だけを、オンラインを通じて経理のエキスパートが代行してくれるバーチャル経理アシスタントサービスです。
規模·業種を問わない完全カスタマイズのアウトソーシングで、経理のエキスパートがまるで隣にいるかのように業務をこなしてくれます。

メリービズの特徴·機能

これまでにない新たな経理代行の形を提供するメリービズは、どのような仕組みなのでしょうか。
主な特徴や機能を見ていきましょう。

業務経験豊富なエキスパートがサポート

メリービズは自動入力ソフトや自動仕分けツールなどとは異なり、組み込まれたシステムやAIなどが業務をサポートするのではありません。実際に経理のエキスパートである「人」が、業務を担ってくれます。といっても、すべてオンラインを通じて助けてくれるクラウドスタッフなので、顔は見えません。
メリービズのクラウドスタッフは運営会社により、形式的な経歴だけでなく、対面での面接が行われているので安心して任せられます。

コア業務への集中して生産性向上

メリービズでは企業のニーズに合わせて、経理業務の丸投げから、一部業務だけのアウトソーシングも可能です。業務分解や役割分担、業務プロセスの再設計から適切なエキスパートの配置まで、サポートしてもらえます。面倒なことは任せて、コア業務に人材や時間を集中させることで、生産性向上が目指せます。

リアルタイムな経営モニタリングの実現をアシスト

ほかの業務に追われて経理業務が疎かになっている企業も、日々の経理業務を滞りなく進めることができます。
リアルタイムで経理状況が反映でき、経営状況の見える化による経営判断の的確化やスピードアップが可能です。

メリービズの強み

メリービズはシステムによる自動化サポートとは異なり、実際に経理のエキスパート人材が業務を代行してくれるので、より柔軟で適切な対応ができます。経理部門がない場合には丸投げもできますし、経理スタッフが産休の間、対応を増強してもらうことも可能です。
簿記2級以上、大手メーカーでの経理経験が10年超え、税理士事務所での広範囲なサポートといった業務実績が豊富な人材だけが厳選されており、しかもチーム体制でサポートしてくれるので安心です。

メリービズの価格·料金プラン

メリービズで任せられる業務は完全カスタマイズなので、内容によって料金が変わります。
参考として、たとえば、20名〜50名のスタッフを抱える小売店舗で月次仕訳入力代行を依頼した場合、月額10万円~15万円、50名〜150名規模の家庭用エネルギー会社が売上計上や支払い、経費精算や給与支払いまでのすべての月次決算業務を依頼した場合で月額20万円~30万円、スタッフ数150名超えの専門商社で約2,000枚(2万件程度)の帳票入力を依頼した場合、月額100万円~300万円程度となります。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

メリービズの注意点

メリービズは近年良くありがちな、システムを使った自動化ツールやサポートシステムではなく、あくまでも人がサポートしてくれるサービスです。
経理スタッフの良き相棒として、顔は見えなくてもつながっている経理スタッフの1人のように機能するサービスなので、誤解がないようにしましょう。

メリービズの口コミ·利用企業からの評判

経理組織のメンバーは半分、残業時間は以前の半分以下

“7営業日かかっていた業務が、一部業務の依頼をしたことで2営業日で完結するようになりました。事業会社での経理経験がある方が担当してくださるので、業務内容への理解があり、クラウドスタッフとのコミュニケーションもスムーズです。”(クックパッド株式会社様)

仕訳作業時間が10分の1になりストレスも軽減

“これまで10営業日かかっていた仕訳業務が1日で完結するようになりました。経理スタッフの心理的な負担も軽くなり、残業が減るなど働き方改革にも役立っています。”(600株式会社様)

SNSでの口コミ·評判

 

類似サービスとの比較

メリービズと比較するサービスとして会計freeeが挙げられます。
会計freeeは経理が初めての方にも最適な会計ソフトで、簿記や経理の知識がなくてもすぐに使いこなせます。AIによる自動経理で入力そのものも不要とすることが可能です。サポート体制が充実しており、不明点はチャットや電話での解決ができます。クラウドサービスなので、顧問税理士にアカウントを与えることで同じ画面を見ながら、いつでも確認をしてもらい、アドバイスを受けられるのも便利です。
料金プランはベーシックなら月払いで4,780円、プロフェッショナルは月払いで47,760円です。
これに対してメリービズはクラウドスタッフによる人的な業務代行が受けられるので、任せた業務は的確にこなしてもらえます。わからない点を質問してサポートを受けるといった煩わしさはありません。

メリービズで経理業務の軽減と生産性向上を

メリービズは日頃から感じている面倒な業務を任せることやすべての経理業務を一括して任せるなど、企業規模や業種、ニーズを問わず利用ができます。
経理業務の軽減を図るとともに、限られた人材をよりコアな業務へと投入し、生産性の向上が目指せます。

画像·データ出典:メリービズ公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部