チャットボットのデメリットと導入成功のポイントは?

更新日:

    今回はチャットボットを導入するときに気をつけるべくデメリットと、導入成功のポイントをご紹介します。

    チャットボット導入のデメリットとは?

    チャットボットのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

    全てを自動化することは難しい

    チャットボットは搭載されているAIにより、どんな質問でも対応できそうなイメージですが決してそうではなく、長い文章や複雑な質問の場合、有人対応が必要なこともあります。

    「チャットボットで対応できるもの」「有人対応を行うべきもの」を区別せざるを得ないと言えるでしょう。

    ユーザーとの関係性構築には不向き

    ユーザーとのコミュニケーションが製品やサービスの売りの一つである場合、ユーザーの悩みに共感しつつ解決まで導く必要があります。

    そういったサービスにはチャットボットはあまり向いていません。

    顧客との関係性構築が大切なサービスは、オペレーターを配置するべきです。

    複数の質問・回答を同時にできない

    チャットボットの性質として、ユーザーは一つの質問をして解決、そして次の質問へ、というように順を追う必要があります。

    よって、ユーザーが一度に多くの質問を持っている場合、一つが解決したらまた一回戻って次の質問、という流れは非常に面倒を感じさせる恐れもあります。

    そういった場合、オペレーターによる対応が高い満足感をユーザーに提供できます。

    個別対応の質問が多い場合には向いていない

    商品やサービスによっては、『相談しながら質問したい』などの個別対応が必要になるケースも少なくありません。

    そういった場合もチャットボットよりオペレータ対応が向いています。

    導入に失敗しないために気をつけたいポイントは?

    チャットボットの導入の際に、具体的に気をつけるべきポイントは以下の通りです。

    導入の目的を明確にしておく

    チャットボットを選定する前の段階として、導入の目的をしっかりと明確にしておくことが必要です。

    「顧客満足度の向上」「売上アップ」「業務効率化」など、企業によって目的はさまざまですが、導入の目的をはっきりしておくと、自社の目的にあったツールが見えてくるはずです。

    チャットボットの特徴や強みを見出す上で次のようなポイントを確認すると良いでしょう。

    • 管理画面が使いやすいかどうか
    • サイト訪問者の情報取得が可能かどうか
    • 同じユーザーの過去の問い合わせ内容が管理できるかどうか
    • ダイレクトメッセージ機能が備わっているかどうか

    導入後の運用体制を整える

    導入後の運用体制の整備も重要なポイントです。

    チャットボットは導入後のメンテナンスが必要不可欠ですが、運用に関するスタッフの役割を予め決めておくべきです。

    人員が不足しないように、適材適所に気を配ることで、スムーズにサービスが運用できるようになるはずです。

    メンテナンス担当者と業務を行うスタッフが社内でしっかりと連携できる体制を構築し、よりよいチームワークが実現できれば、チャットボットのデメリットを目立たせることなく、企業の生産性がアップするはずです。

      • qeee枠【チャットボット】

        専門的な知識は不要: hachidori(ハチドリ)

        (4.5)

        基本料金5万円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用10万円〜最短導入期間要問い合わせ

        直感的な操作画面で、チャットボット開発における専門的な知識がなくても、5分程度で作成できる手軽さが魅力的で、hachidoriを使用して7,000を超えるチャットボットが作られた実績があります。

        幅広い用途のチャットボットが開発できる

        hachidoriでは、マーケティングから業務効率化まで幅広いチャットボットの開発が可能です。 リード獲得や顧客関係構築、カスタマーサポートなどの用途でチャットボットを開発することができ、LINE·Facebook·LINE WORKS·WEBなど、豊富なプラットフォームに対応しているため、幅広いシーンでの運用が実現できます。

        簡単なシナリオ設定

        hachidoriは、直観的に操作ができる管理画面から簡単にシナリオ設定することができ、ノンプログラミングでの運用が可能です。 7,000を超えるチャットボットの開発実績をもとにした、成果につながる初期構築が実現できます。

        LINE統合が可能

        hachidoriでは、LINEの公式アカウント発行からチャットボットの作成までを一気通貫して行うことができる統合ソリューションを提供しています。 LINE公式パートナーだから取り扱うことができるソリューションと、7,000件以上のチャットボット開発から培ったノウハウを掛け合わせたhachidoriだけのサービスを提供することが可能です。

        PDCAを回してより良い顧客体験を提供: anybot

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

        自動接客だけでなく、データを活用したCRM(顧客関係管理)としての機能も有しており、直接ビジネスにインパクトする予約やEC、その他集計分析機能も搭載されているため、PDCAを回しながら、より良い顧客体験を提供することができるようになります。

        開発不要で自社に合ったチャットボット/データ活用を実現

        anybotのチャットボットは、開発不要で自社に合った内容を構築することができます。高度なカスタマイズ機能も搭載されており、WebのUIやチャット用のアイコンを自由自在にカスタマイズすることができます。 公開方法も1行のコードを貼り付けるだけと非常に手軽に、自社の問い合わせ対応にチャットボットを導入することができます。

        高度なCRM(顧客関係管理)機能

        anybotは、顧客管理機能にも優れており、ユーザーが選択した内容やアップロードしたファイルを自動的にユーザーデータとして保存することが可能です。

        優れた集計分析機能

        多くの導線やKPIなどの情報を自動で集計して分析、可視化することが可能です。 業務別·アンケート別の集計のほか、ユーザーの操作やキーワード別の分析がスマートフォンからでも簡単に確認できるため、より効率化された改善、PDCAサイクルの実行を可能とします。

        企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot

        (4.5)

        月額費用100,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用50,000円〜最短導入期間要問い合わせ

        実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

        自動化で企業DXを促進

        OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

        AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

        OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

        他言語に対応

        OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

        類似サービス: Resque(レスキュー)

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Resqueとは、株式会社PROFESSYが提供している解約抑止専用のチャットボットです。 既存のコールセンターとの併用によって、サービスの理解不足が原因の解約を抑止します。

        コールセンターとチャットボットの併用で解約を抑止

        Resqueは、解約を行おうとする顧客に対して、チャットによるサポートを行い、サービス理解の促進を実現します。 例えば、サービスの使い方を間違えていたことが原因で満足度が下がり、解約を希望している顧客に対しては、使い方に関する動画マニュアルを活用してわかりやすく説明するなどして、理解を深めてもらうことができます。

        対応品質の向上を実現

        チャットボットによる画像や動画を活用した説明ができるようになることで、コミュニケーションの質を向上させることができます。 オペレーターによる対応は、柔軟性には優れているものの、対応するオペレーターによって品質が異なることから、トラブルにつながることもあります。

        コールセンターにかけるコストカットが可能に

        Resqueを導入することで、本当に解約する意思が決まっている顧客のみをコールセンターへと繋ぐことができるため、最終的にはコールセンターにかかる負担の軽減、規模縮小が見込めます。 予め解約に関する対応に絞られることで、研修にかける時間やコストカットにも繋がります。

        類似サービス: qualva

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        qualvaとは、株式会社PROFESSYが運営しているチャットボットサービスです。 新規顧客の獲得を目的として開発されたチャットボットのため、Webサイトにおけるコンバージョン率向上にお悩みの企業の強い味方となってくれます。

        離脱率を抑えてコンバージョンを促進

        qualvaは、業界でも唯一、新規顧客の獲得を目的として開発されたチャットボットです。 普段から慣れ親しんでいる対話形式のデザインで、ユーザーのフォーム入力を優しくサポート、入力モチベーションの向上を促します。

        豊富なサービス連携で新しい購入体験を実現

        qualvaは、ECカートや決済代行サービス、後払い与信サービスとのシームレスな連携が可能です。 D2C向けECカートとの連携によって、顧客管理プロセスを変えることなくqualvaを利用することができるだけでなく、CRMやAPIがない独自に開発された受注管理システムとの連携までもが可能となっています。

        優れたUI/UX

        qualvaが多くのユーザーに利用され、確かな成果を発揮している理由の1つに、その優れたUIが挙げられます。 熟練のUIデザイナーが長い時間をかけてピクセルレベルで厳密にデザインされたUIであるため、ストレスのない操作を実現します。

      • チャットボット

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載