Cisco Merakiの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
39,900円〜(年間)
初期費用
89,300円〜
無料お試し
30日間
導入社数
世界460,000社
これはクラウド録画の製品です。
クラウド録画の製品をまとめて資料請求

Cisco Merakiは、リモートでの監視や運用ができる企業向けのクラウド型管理ソリューションです。
・運用するとどんな効果があるか知りたい
・運用したいけど料金がわからない
・実際に運用している人からの評判が気になる
今回はCisco Merakiの運用を検討し、情報を求めている人に向けて、特徴や料金、利用者の評判を紹介します。
本記事を参考にCisco Merakiの運用を考えてみてください。

Cisco Merakiとは?

Cisco Merakiは、企業を対象にしたクラウド型のネットワーク管理ソリューションです。無線LANやセキュリティアプライアンス、セキュリティカメラなどをリモートで運用できます。
多店舗、多拠点であってもクラウド上にあるダッシュボードで一元管理。直感的に操作できるよう設計されているため、専門のエンジニアがいなくても設定の変更や管理が簡単です。

おすすめの類似クラウド録画ツール

撮影·録画した映像をいつでも確認可能: coomonita

(5.0)

月額費用1,200円無料お試し要問い合わせ
初期費用24,800円導入企業要問い合わせ

カメラで撮影した映像をクラウド上で管理、PC・スマホからいつでも映像を確認できるサービス。複数の端末からアクセス、必要な映像のみのシェアも可能で、録画映像も見ることができるため、映像の収集や分析にも最適です。

高画質&クリアな音声で映像を確認

従来の防犯カメラ(VGA画質)では、全体の映像は把握できても、詳細な部分はぼやけてしまい、確認できないことがありました。 また、音質が悪く、音声を確認したい場面でも雑音にまみれて重要な部分が聞き取れないことも。 coomonitaは、HD画質×30fps(1秒間に30フレーム)の高画質かつクリアな音声品質で映像を確認することができるため、細かい文字などもしっかりと確認することができます。

堅牢性の高いセキュリティで利用できる

クラウドでデータを保存して映像の確認をするため、外部からの不正なアクセスなど、セキュリティ対策には十分に配慮する必要があります。 coomonitaは、外部からのカメラへの直接アクセスを遮断しているため、情報漏洩の危険性が極めて低いです。 また、アップロード時の通信や保存した映像も暗号化されるだけでなく、固定IPアドレスによる閲覧制限を設けることもできます。

導入は非常に簡単

従来の防犯·監視カメラの導入には、カメラ以外にレコーダーやモニターなど必要な機器が多く手間もかかりました。 coomonitaでは、カメラとネットワーク環境だけというシンプルな運用が可能です。 納品時にはカメラの設定は完了しているため、あとはネットワークに接続さえすればすぐにご利用いただけます。

Cisco Merakiの特徴

Cisco Merakiの特徴は2つあります。

Merakiデバイスを一元管理できる

Merakiデバイスをクラウド上のダッシュボードで一元管理できます。管理や設定の変更だけでなく、トラブルシューティングもダッシュボードで対応可能です。
万が一、Merakiデバイスが故障した場合も新たなデバイスを登録することで同じ設定をダウンロードできます。1からデバイスを設定する必要はなく、すぐに業務の復旧・稼働ができるでしょう。

専門知識のない初心者でも利用できる

Cisco Merakiの導入は、箱から取り出してインターネットに接続するだけ。複雑な設定がないため、専門知識のない初心者でも利用可能です。エンジニアなど専門のIT人材がいない場合でも導入に困ることはないでしょう。
導入済みの場合、シリアル登録をすることで新たなデバイスにも同じ設定をダウンロード可能。デバイスごとの設定が必要ないため、多拠点での導入も簡単です。

おすすめのクラウド録画サービス

coomonita:月額1,200円〜/クラウド録画カメラサービス

Cisco Merakiの料金

Cisco Merakiの利用料金は、本体価格とライセンス料によって決まります。

Cisco Merakiの本体価格は下記の通りです。

MX64MX84MX100
本体価格89,300円299,400円749,600円

ライセンス料は下記の通りです。

MX64MX84MX100
1年39,900円
79,900円(UTM付)
133,200円
159,900円(UTM付)
333,100円
666,200円(UTM付)
3年79,900円
159,900円(UTM付)
266,500円
533,000円(UTM付)
666,200円
1,332,500円(UTM付)
5年119,900円
239,800円(UTM付)
399,700円
799,500円(UTM付)
999,300円
1,998,700円(UTM付)

Cisco Merakiには無料トライアルも用意されているため、機能や操作性を確認したい人は利用してみるといいでしょう。

Cisco Merakiの評判・口コミ

Cisco Merakiに対する評判・口コミを紹介します。

良い評判・口コミには下記のようなものがありました。

・クラウド上で一元管理することで手間が減り、管理が楽になった
・ダッシュボードがわかりやすく、専門知識がなくても操作がしやすい

クラウド上で一元管理でき、デバイスごとに管理する必要がありません。ダッシュボードも操作しやすい設計のため、知識がなくても簡単で効率的に管理できます。

悪い評判・口コミには下記のようなものがありました。

・エラー表示されるが、具体的な内容を表示してほしい

デバイスのエラーもダッシュボードの表示から確認できますが、具体的なエラー内容までは確認できません。エラーの内容を逐一確認する必要があり、ひと手間かかってしまいます。

まとめ

今回はCisco Merakiの特徴や料金・評判を紹介しました。
デバイスを同じ設定で一元管理でき、ダッシュボードもわかりやすいため、知識の少ない初心者でも利用に苦労することは少ないでしょう。
多店舗・多拠点の管理を簡単で効率的に行いたい人は、Cisco Merakiの運用を考えてみてください。

おすすめのクラウド録画サービス

coomonita:月額1,200円〜/クラウド録画カメラサービス
これはクラウド録画の製品です。
クラウド録画の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【クラウド録画】

      撮影·録画した映像をいつでも確認可能: coomonita

      (5.0)

      月額費用1,200円無料お試し要問い合わせ
      初期費用24,800円導入企業要問い合わせ

      カメラで撮影した映像をクラウド上で管理、PC・スマホからいつでも映像を確認できるサービス。複数の端末からアクセス、必要な映像のみのシェアも可能で、録画映像も見ることができるため、映像の収集や分析にも最適です。

      高画質&クリアな音声で映像を確認

      従来の防犯カメラ(VGA画質)では、全体の映像は把握できても、詳細な部分はぼやけてしまい、確認できないことがありました。 また、音質が悪く、音声を確認したい場面でも雑音にまみれて重要な部分が聞き取れないことも。 coomonitaは、HD画質×30fps(1秒間に30フレーム)の高画質かつクリアな音声品質で映像を確認することができるため、細かい文字などもしっかりと確認することができます。

      堅牢性の高いセキュリティで利用できる

      クラウドでデータを保存して映像の確認をするため、外部からの不正なアクセスなど、セキュリティ対策には十分に配慮する必要があります。 coomonitaは、外部からのカメラへの直接アクセスを遮断しているため、情報漏洩の危険性が極めて低いです。 また、アップロード時の通信や保存した映像も暗号化されるだけでなく、固定IPアドレスによる閲覧制限を設けることもできます。

      導入は非常に簡単

      従来の防犯·監視カメラの導入には、カメラ以外にレコーダーやモニターなど必要な機器が多く手間もかかりました。 coomonitaでは、カメラとネットワーク環境だけというシンプルな運用が可能です。 納品時にはカメラの設定は完了しているため、あとはネットワークに接続さえすればすぐにご利用いただけます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載