CTIにはどのような種類があるのか?

更新日:

    今回は、CTIにはどのような種類があるかを解説いたします。

    主に、提供形態と業務向けごとに以下の種類があります。

    提供形態

    • クラウド型
    • オンプレミス型(パッケージ版)

    業務タイプ

    • インバウンド型
    • アウトバウンド型

    それぞれの違いについて解説いたします。

    クラウド型のCTIシステム

    クラウド型のCTIシステムは、自社サーバーが不要であるため、初期費用を安く抑えられるメリットを持っています。

    初期費用が0円のシステムも多数あり、早ければ2週間で運用を開始できるなど、簡単に導入できるのも魅力です。

    一方、月額費用が継続してかかることと、カスタマイズしにくい点が難点と言えるでしょう。

    オンプレミス型のCTIシステム

    パッケージ型CTIは、多くの機能を備えているのがメリットと言えるでしょう。

    自社で開発したシステムや独自の機能を組み込むことができ、カスタマイズされたシステムを利用したい際に最適です。

    しかし、初期費用が高額であり、導入には1か月程度と、やや時間がかかるのが難点と言えるでしょう。

    月額費用はかからない一方で、システムを保守するコストにも注意する必要があります。

    インバウンド型のCTIシステム

    インバウンド型は入電対応のことです。

    顧客からの問い合わせや注文対応などいわゆる「受信業務」がそれに該当します。

    着信があったときに、顧客情報を瞬時にポップアップしてくれたり、顧客満足度の向上を目指すべく、対応業務を改善したい場合は、インバウンド型を選ぶべきです。

    インバウンド型は主に以下の機能を有しています。

    • PBX機能 (内線・外線の発着信)
    • IVR機能 (音声ガイダンスでの自動応答)
    • ACD機能 (オペレーターへの自動着信分配)
    • ポップアップ機能 (PC画面への顧客情報通知)
    • 管理機能 (通話の音声録音やモニタリング)

    アウトバウンド型のCTIシステム

    アウトバウンド型は、電話営業や案内などに最適なシステムが構築されています。

    顧客リストをもとに効率よく発信できるよう、営業活動をしっかりサポートしてくれるCTIシステムを導入すれば、業務効率の向上が十分に見込めることでしょう。

    ただしアウトバウンド型は通話料が発生することを忘れずに、コストがおさえられるかも必ず確認しておく必要があります。

    アウトバウンド型のCTIシステムには主に以下のような種類があります。

    • オートコール (架電リストに自動発信し、IVRからオペレーターにつなぐ方式)
    • プレディクティブコール (自動発信で有効になった通話を、オペレーターに転送する方式)
    • プレビューコール (発信前に顧客情報を確認し、クリック操作で発信できる方式)
      • qeee枠【CTI】

        電話営業が劇的に効率アップ: List Navigator

        (4.5)

        基本料金150円〜/1ブースあたり無料お試しあり
        初期費用0円〜システム利用料金30日間無料

        トップアポインターやスーパーバイザーとしての経歴がある開発者の豊富な経験やノウハウが詰め込まれたCTIのため、電話営業の効率アップを実現する機能が豊富に搭載されています。

           

        誰でも使えるUIを採用

        List Navigatorは、直感的に操作できるユーザーインターフェースを採用しており、オペレーターの方が最小限の操作で業務を行うことができるように、細部までこだわって開発されているシステムです。

        テレワークにも活用できる

        List Navigatorは、クラウド型のシステムであるため、PCとインターネット環境が整っていれば、時間や場所を選ばずに利用することができます。

        クリアな音質

        CTIにおいて意外とトラブルになりがちなのが音質です。 いくら効率化につながる機能が搭載されていても、肝心の通話品質に問題があっては意味がありません。 List Navigatorは、どこよりもクリアな音声でストレスフリーな通話環境の実現にこだわっているため、効率的かつスムーズな電話業務が可能になります。

        幅広い規模のコールセンターに対応: MEDIA-CTI

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用0円導入社数400社以上

        実際にMEDIA-CTIを導入した企業からは、「効率が上がって売り上げが倍になった」「外出先の営業担当者との連携がスムーズになった」「今まで溢れていたコールに対応できるようになった」といった声が挙げられており、確かな導入効果を実感することができます

        お客様の業務に合わせてシステムを構築

        大規模コールセンターにも対応できる豊富な機能の中から、必要な機能だけを選んで導入することができます。 余計なコストが発生せず、パッケージ製品のようにシステムに業務をあわせる必要もありません。

        通信回線や機器構成の提案が可能

        MEDIA-CTIが他社と違う点は、お客様の課題に沿って通信回線や機器構成などのネットワークインフラを提案できる点です。

        導入後のサポートは伴走型

        額利用料内で問合せや保守対応を行っており、トラブルが発生した際は原因調査と切り分けを実施します。 お客様の社内にシステムに詳しい方がいなくても、安心して利用することができる体制が整っています。

        テレアポ効率が向上するCTIシステム: BizBaseテレマーケティング

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間6ヶ月間

        実際にBizBaseテレマーケティングを導入した企業からは「1時間あたりのコール数が270%アップした」、「80時間かかっていた業務が21時間まで削減できた」、「サポート対応が丁寧で良い」などの声が挙げられております。

        架電先管理で効率的なテレアポが可能

        RBizBaseテレマーケティングは「架電件数をもっと増やしたい」、「無駄な動作を省略して生産性を上げたい」といった悩みを解消する機能が豊富に搭載されています。

        お問い合わせを自動で応答・管理

        BizBaseテレマーケティングは通話内容の録音やモニタリングによって電話対応の品質を向上させることができます。 また、IVR(自動音声応答)やACD(着信呼自動分配)によってお問い合わせ対応のスピードアップを実現可能です。 担当者への転送も容易に可能なため、状況に応じて適切なお問い合わせ対応が可能になります。

        蓄積した情報から顧客分析・行動改善

        分析機能にも優れており、担当者単位での集計はもちろん、日次·月次などの時間単位でのリアルタイム集計が可能です。 常に最新の集計結果が確認できるため、顧客分析をもとにトークスクリプトを作成してオペレーターの行動改善に繋げることが可能となります。

        現場のプロによって開発されたCTI: CALLTREE

        (4.5)

        月額費用5万円無料お試しあり
        初期費用10万円最短導入期間3日〜

        コールセンター業務における課題を解消して業務効率化·コストカットを実現することができ、その使いやすいシステムと優れたサポート体制から利用継続率は93.8%という実績があります。

        初めてでも使いこなせるインターフェース

        CALLTREEは、シンプルなデザインと操作性で、初めてCTIシステムを扱うという方でも容易に使いこなすことができます。

        全ての情報が共有できる

        ALLTREEは、クラウド型のシステムのため、世界中どこにいてもリアルタイムでの情報共有が可能です。 一つのデータベースを全てのオペレーターが共有できるため、特定のオペレーターしか把握していないという属人化を防止し、顧客情報や更新状況などを一括で管理することができるようになります。

        顧客情報の管理にも優れている

        CALLTREEにはCRMとしての機能も搭載されており、リストデータベースの一括管理や顧客情報の編集機能、重複番号の自動判別機能などによって効率的な顧客情報の管理と架電数のアップを実現することができます。

        類似サービス: Mostable

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        クラウド型のCTIのため、複雑な設定をすることなく導入ができ、ネット環境が整備されていれば、場所を選ばずすぐにコールセンターを開設することができます。直感的に操作することができるインターフェースで設計されているため、初めてCTIシステムを導入するという方にもおすすめのサービスとなっております。

        誰でも使いこなせる操作性

        Mostableは、PCの操作が苦手という方でも最低限の学習期間ですぐに扱える操作性で設計されています。そのため、CTIシステムの利用経験がない方や高齢の方でも使いこなすことができます。年齢や経験に捉われることなく、人材を拡充することができるため、人材確保のコスト削減にもつながります。

        オペレーターの状態をリアルタイムに把握

        Mostableには、モニタリング機能が搭載されているため、リアルタイムにオペレーターの状態を把握することができます。また、ささやき機能によって、電話中のオペレーターに対して的確なアドバイスを通話相手に聞かれずにすることが可能となります。リアルタイムの指導ができることで、顧客対応の品質向上やクレーム防止が実現できます。

        場所を選ばずコールセンターが運営できる

        Mostableは、ネット環境とPC、ヘッドセットがあれば、すぐに利用開始することができます。場所を選ばず利用できるため、テレワークを導入している企業、複数の拠点を持っている場合にも適しています。また、リストの共有や発行したユーザーアカウントに権限を設定したり、架電効率の集計を自動化することも可能です。

        類似サービス: XCALLY

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        電話(発信/着信)、FAX、SMS、SNS、電子メール、チャットなど、様々なコミュニケーションチャネルを1つの管理画面上で統合して利用することが可能です。

        さまざまなチャネルに対応

        SNSやチャットなど、時代に合わせてチャネルの数も増えていくものです。XCALLYでは、電話やメールなどはもちろん、LINEなどのSNSにも対応しています。

        CRMとの連携が可能

        XCALLYは、多くのCRM、チケッティングサービスとの連携が可能です。【連携可能CRM】Salesforce/Zendesk/ZOHO/freshdesk/MicrosoftDynamics365/vtiger

        オフィスとリモートワーク、併用対応も可能

        お客様のご利用環境や操作性に対する慣れなどを考慮し、固定電話やスマートフォン、PCを使ったソフトフォンなど、複数のデバイスから選択可能です。状況によって、日々切替しながら利用することもできます。

        類似サービス: YOMEL

        (4.5)

        月額費用1〜20席 15,000円/席〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        コールセンターでの顧客対応における通話内容や、オンライン商談ツールを使っての商談内容など、PCを使った会話の全てを対応履歴として可視化することができ、使えば使うほど読み取り精度が向上します。

        対話内容を履歴として管理できる

        YOMELでは、CTIやPBX、オンライン会議ツールを利用した対話をすべて対応履歴として残すことができます。通常の業務システムを一切変更することなく、普段から利用しているCTIやオンライン会議ツールをそのまま利用することが可能です。

        対話内容を自動でテキスト化

        YOMELを導入することで、CTIやオンライン会議ツールを通した対話内容を自動でテキスト化することが可能です。テキスト化された文字は、LINEやSlackのようなチャットツールでよく見ている形式で表示され、テキスト化されなかった場合でも、チャットに対応した録音もワンクリックで聞くことができます。

        対話ログは簡単に検索

        YOMELでテキスト化した内容は、対話ログから簡単にキーワード検索することが可能です。商品やサービスに関する商談では、料金に関する会話のみを抜き出したり、カスタマーサービスにおける特定のキーワードのみを抜き出して、顧客対応品質の向上に役立てることができます。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載