Confluence(コンフルエンス)の料金·評判·機能について

更新日:

    どのような業種の企業であっても社内での情報共有は重要です。
    IT化が進んだ現在では社内の情報共有をサポートするためのツールが各社からリリースされています。その中でもConfluence(コンフルエンス)は導入企業が多く、評判も非常に良いです。
    今回はConfluenceの特徴や強み、または料金プランなどを分析していきます。

    Confluenceとは

    Confluenceはアトラシアン社が運用している企業向けのWikiツールです。

    2004年にリリースされて以降その使いやすさからユーザー数を順調に伸ばし、現在ではGREEやYahoo!といった多くの有名IT企業がConfluenceを導入しています。
    Confluenceは情報の共有だけでなく蓄積もできるため、仕事の引き継ぎや新人の教育などに活用可能です。

    おすすめの類似ワークフローシステム

    クラウドでワークフローを構築: バクラク申請

    (4.5)

    月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ最低契約期間要問い合わせ

    AIによる正確な請求書の電子化によって、紙による稟議申請からデータでのワークフロー化を実現します。

    申請側の手間を効率化

    稟議システムにおける課題として挙げられることが多いのが、申請に必要な稟議書の作成・入力作業における手間です。 また、請求書の回収作業や、その後の支払い申請も、ついつい後回しになってしまうということも少なくありません。 バクラク申請は、AI-OCRによる精度の高い読み取りによって、申請内容を自動で入力することができるため、これまで入力作業にかけていた手間を効率化することができます。 どんなフォーマットの請求書でも認識することができ、複数枚の同時アップロードにも正確かつ高速で対応することが可能です。 さらに、請求書回収機能が搭載されているため、回収漏れをなくし、支払い申請も自動で作成できるため、手入力する必要がなくなります。

    システムにアクセスしなくても承認が可能

    申請が楽になっても、それを承認する側が忙しかったり外出することが多く、なかなか承認時間が確保できないと不安に思う方でも、バクラク申請であれば安心です。 バクラク申請では、毎回システムにアクセスすることなくチャットアプリのslackやスマートフォンから手軽に申請・却下ができるため、外出先や在宅勤務中でも申請から承認完了までを加速させることができます。 また、承認や却下するために稟議情報を遡るのが手間という方には、予算超過や期日超過情報を自動でアラートしてくれるため、瞬時の判断が可能となります。

    システム連携で経理の課題を解消

    これまで経理部門が抱えていた課題としては「現場で請求書が止まっていて支払いが遅れている」、「支払う請求書の判断がつきにくい」ことなどが挙げられていました。 バクラク申請は、バクラク請求書とのシームレスな連携によって、これらの課題を解消します。 支払い申請をすると、仕訳と振込データを自動で作成、経理部門へデータ連携してくれるため、稟議システムと会計システムの分断を解消することができます。 承認ステータスもリアルタイムで反映して連携されるため、承認状況を都度確認する手間も省け、支払うべき請求書を把握できるようになります。

    類似サービス: コラボフロー

    (4.5)

             
    月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
    初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

    継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

    簡単操作でワークフローを作成

    コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

    Webからも申請フォームが作成できる

    Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

    運用をしながら改善が可能

    更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

     

    類似サービス: HUEワークフロー

    (4.5)

             
    月額料金300円(税抜き)/ユーザー無料お試し30日間無料
    初期費用要問い合わせ最短導入期間1週間程度

    HUEワークフローとは、株式会社ワークスアプリケーションズが提供しているワークフローシステムです。 現場の社員が直感的に利用することができ、申請フォームがスプレッドシート形式のため、普段から利用しているツールに近い感覚で操作することができます。

    導入がかんたん、最短10分で設定が完了

    HUEワークフローでは、普段お使いのExcelで作成した申請書を取り込むことで、承認フローも含めて最短10分で設定が完了します。

    使いやすく、問い合わせゼロを実現

    先進的なデザインと視覚的な画面で、使いやすさを追及。Excel同様の操作感と、メール・チャット通知からのワンクリック承認により、マニュアルいらずで誰でも迷わず利用できます。

    圧倒的な機能で、申請にとどまらない業務全体を効率化

    文書管理や電子契約、ファイル共有など、外部システムとの連携で申請・承認後の関連作業までを自動化できます。 さらに、申請データの自動集計・レポート作成により、集計作業や報告に費やしていた時間を削減することが可能です。

     

    Confluenceの特徴や機能

    ではここからConfluenceの特徴や機能について説明していきます。

    簡単に記事を作成できる

    どのように高性能なツールであったとしても、それが使いにくかったら元も子もありません。

    しかしConfluenceはその心配が必要ないほどにユーザビリティーが高いです。Wikiの代名詞であるWikipediaは閲覧こそ誰でもできますが、記事を執筆するとなると多くのタグを駆使しなくてはならず、慣れない方だと記事を一本書き上げるのにも非常に難儀します。

    しかしConfluenceはMicrosoftのwordに例えられるほど簡単で、直感のままに書いていくことが可能です。
    なお、Confluenceはテンプレート機能も備えられています。日報や議事録といったフォーマットが決まっているものはテンプレートを活用していきましょう。

    階層構造で記事を管理

    Confluenceではまずスペースという項目を作り、その中にページを設けて記事を作成していきます。

    ページは親ページ・子ページ・孫ページと階層構造で作ることが可能です。

    まず社内のプロジェクトや部署ごとにスペースを作成し、そこから各トピックのページを作っていくと良いでしょう。

    スペースとページがどのように連なっているかは一覧で確認できるため、視覚的にもわかりやすいです。
    なお、ページやそこに入れるファイルにはラベルを付けることが可能です。ラベルは検索機能に対応しているため、必要なページやファイルがどこにいったかわからなくなることもありません。

    コメント機能も充実

    Confluenceでは記事に対してコメントを記入できます。
    コメントの入力欄はページの最下部にあり、記事にまつわる議論や社員同士のコミュニケーションをそこで行うことが可能です。
    また、いいね機能もあるのでコメントを読んだという反応のみを残すこともできます。
    なお、記事の特定箇所に対してコメントを残すことも可能です。

    この「インラインコメント」も、残したい箇所をドラッグすればすぐに書き込めるため非常に直感的です。新たに書き加えるほどではないが注釈は残しておきたいときはこのインラインコメントを活用しましょう。

    Confluenceの強み

    Confluenceの強みはなんといってもその使いやすさです。記事は直感的に記入でき、HTMLタグを手打ちする必要もありません。
    また、より活用したい方はプラグインを使うと良いでしょう。プラグインとはユーザーが後付けで加えていく機能のことであり、用途に合わせて選んでいくことが可能です。

    2004年から続いていることもあり、Confluenceにはこのプラグインがほかのサービスよりも充実しています。歴史が長いためConfluenceの解説記事も多く書かれており、Wikiツールをはじめて導入する企業でも安心できるでしょう。

    Confluenceの価格・料金プラン

    Confluenceにはスタンダードプランとプレミアムプランがあります。

    スタンダードプランの場合、10人以下での利用だと一人あたり1,200円ですが、11人を超えると600円と一気に安くなります。その後も人数が増えるほど利用料金が安くなります。

    プレミアムプランの場合、100人以下での利用だと一人あたり1,190円ですが、101人を超えると約1,186円になります。利用者数が多いほど安くなるので、大企業にとって嬉しいサービスだといえるでしょう。

    また、10ユーザーまでであれば無料使うことができるFreeプランも提供されています。

    2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    Confluenceの注意点

    直感的に記事を書いていけるConfluenceですが、デフォルトの状態ではマークダウン記法に対応していません。これまでマークダウン記法を使ってきており、Confluenceでもそれで執筆したい方は自分で設定する必要があるので注意が必要です。

    Confluence導入のメリット

    ナレッジを一元化できる

    Confluenceは社内に散在しているナレッジを集約することができるので、特定の誰かしか知らないという属人化を防ぐことが可能になるメリットが生まれます。

    手軽にドキュメントの作成が可能になる

    Confluenceには豊富なテンプレートが用意されているので、目的にあったドキュメントの作成が手軽になるというメリットがあります。年間計画やキャンペーン計画と結果に関する報告書、マーケティング統合、戦略計画などのテンプレートが用意されているだけでなく、昨今のテレワークにも活用できるテンプレートも搭載されています。

    Confluenceの口コミや評判

    Confluenceで平等に発言できる空気が作られました

    “Confluenceを導入したことによって誰もが平等に発言、参加できる雰囲気を作ることができました。従業員の孫の代まで誇りに思ってもらえるような会社へとこれからも向かっていきたいと思っています。”(Hubspot様)

    情報共有が簡単に

    “Confluenceの導入で社内の中でナレッジ共有を行う習慣がつくようになりました。結果として透明性の向上と効率化を図ることができたと思っています。”(Audi様)

    類似サービスとの比較

    Qiita:TeamもConfluenceと同じ記事作成ツールですが、こちらはデフォルトでマークダウン記法を使えます。

    またQiita:Teamはセキュリティー機能もしっかりしており、二段階認証やIP制限といった基本的なものだけでなく画像単位でのアクセス制御も可能です。料金に関してはConfluenceより少し高いので、各々の特徴をよく見比べてから導入を決めましょう。

    FAQ

    どのような支払い方法に対応していますか?

    クレジットカード、PayPalに対応しています。

    最短利用期間はどれくらいですか?

    1ヶ月となっております。

    参考:Confluence公式サイト

    セキュリティ体制について

    Confluenceでは転送時や保存中のデータの暗号化やSOC 2、SOC 3、ISO 27001、ISO 27018、PCI DSSなどの国際的なセキュリティ基準に準拠しているので安全に利用することができます。

    Confluence で社内Wikiの整備を

    社内Wikiツールはさまざまにありますが、その中でもConfluenceは特に使い勝手が良いことで知られています。
    社内Wikiを有効に活用できれば、それまで難儀していた情報共有も楽に行えるようになるでしょう。Confluenceを使い、円滑な情報共有を行っていってください。

    画像・データ出典:Confluence公式サイト

      • qeee枠【ワークフロー】

        クラウドでワークフローを構築: バクラク申請

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低契約期間要問い合わせ

        AIによる正確な請求書の電子化によって、紙による稟議申請からデータでのワークフロー化を実現します。

        申請側の手間を効率化

        稟議システムにおける課題として挙げられることが多いのが、申請に必要な稟議書の作成・入力作業における手間です。 また、請求書の回収作業や、その後の支払い申請も、ついつい後回しになってしまうということも少なくありません。 バクラク申請は、AI-OCRによる精度の高い読み取りによって、申請内容を自動で入力することができるため、これまで入力作業にかけていた手間を効率化することができます。 どんなフォーマットの請求書でも認識することができ、複数枚の同時アップロードにも正確かつ高速で対応することが可能です。 さらに、請求書回収機能が搭載されているため、回収漏れをなくし、支払い申請も自動で作成できるため、手入力する必要がなくなります。

        システムにアクセスしなくても承認が可能

        申請が楽になっても、それを承認する側が忙しかったり外出することが多く、なかなか承認時間が確保できないと不安に思う方でも、バクラク申請であれば安心です。 バクラク申請では、毎回システムにアクセスすることなくチャットアプリのslackやスマートフォンから手軽に申請・却下ができるため、外出先や在宅勤務中でも申請から承認完了までを加速させることができます。 また、承認や却下するために稟議情報を遡るのが手間という方には、予算超過や期日超過情報を自動でアラートしてくれるため、瞬時の判断が可能となります。

        システム連携で経理の課題を解消

        これまで経理部門が抱えていた課題としては「現場で請求書が止まっていて支払いが遅れている」、「支払う請求書の判断がつきにくい」ことなどが挙げられていました。 バクラク申請は、バクラク請求書とのシームレスな連携によって、これらの課題を解消します。 支払い申請をすると、仕訳と振込データを自動で作成、経理部門へデータ連携してくれるため、稟議システムと会計システムの分断を解消することができます。 承認ステータスもリアルタイムで反映して連携されるため、承認状況を都度確認する手間も省け、支払うべき請求書を把握できるようになります。

        類似サービス: コラボフロー

        (4.5)

                 
        月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

        継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

        簡単操作でワークフローを作成

        コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

        Webからも申請フォームが作成できる

        Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

        運用をしながら改善が可能

        更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

         

        類似サービス: HUEワークフロー

        (4.5)

                 
        月額料金300円(税抜き)/ユーザー無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間1週間程度

        HUEワークフローとは、株式会社ワークスアプリケーションズが提供しているワークフローシステムです。 現場の社員が直感的に利用することができ、申請フォームがスプレッドシート形式のため、普段から利用しているツールに近い感覚で操作することができます。

        導入がかんたん、最短10分で設定が完了

        HUEワークフローでは、普段お使いのExcelで作成した申請書を取り込むことで、承認フローも含めて最短10分で設定が完了します。

        使いやすく、問い合わせゼロを実現

        先進的なデザインと視覚的な画面で、使いやすさを追及。Excel同様の操作感と、メール・チャット通知からのワンクリック承認により、マニュアルいらずで誰でも迷わず利用できます。

        圧倒的な機能で、申請にとどまらない業務全体を効率化

        文書管理や電子契約、ファイル共有など、外部システムとの連携で申請・承認後の関連作業までを自動化できます。 さらに、申請データの自動集計・レポート作成により、集計作業や報告に費やしていた時間を削減することが可能です。

         

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載