一人300円から使える?ジョブカンワークフローの料金・評判・機能について

最終更新日 

近年あらゆる企業で重要性が高まっているワークフローをシステム化し、組織における申請・承認手続きなどを自動化する動きが急ピッチに進められています。
ジョブカンワークフローはリーズナブルで費用対効果の高いツールとして人気ですが、その機能や評判、料金プランなどを解説します。

ジョブカンワークフローとは

 

ジョブカンワークフローは、株式会社Donutsが提供するツールです。
操作性が良く使いやすいうえにリーズナブルな価格ということもあり、2019年にはITトレンド年間ランキングで1位を獲得した、実績あるワークフローシステムでもあります。

ジョブカンワークフローの特徴・機能

ジョブカンワークフローの最大の特徴は、スマートフォンに対応したクラウド型のワークフローシステムで、どこからでも社内申請を行い素早く承認を得られることです。しかもモバイル型システムでありながら、承認経路の分岐や変更なども自由にできる高機能性を持ち、操作感も良く誰が使ってもスムーズに使いこなすことができます。

シンプル操作で社内申請が可能

社内申請のフォーマットは各社独自に持っていますが、それをもとに簡単に会社独自の申請を作成することができます。作成できる申請書のフォームにも上限はなく、無制限にフォームを作ることも可能です。
もちろん、スマートフォンなどモバイル端末からの申請・承認も両方操作可能です。

承認経路を自在に変更可能

企業における申請・承認フローは一般的に金額によって承認経路が異なります。
申請時の金額や入力内容、申請者の所属や役職などで経路はかなり分岐しますが、それらをすべてカスタマイズして使用することが可能です。
ファイル添付数も無制限で、1つあたり10MBの容量制限さえクリアすれば、必要な資料をいくつでも添付して申請することができます。入力においても必須項目の設定や文字数・桁数の制限などが設定できるのでミスなく申請業務を行うことが可能です。

業界最安値クラスを実現

使い勝手がよいうえに、非常にリーズナブルなのが魅力です。
初期費用もかからず、かかるのはユーザ数に応じた月額料金のみで、1ユーザ300円で利用が可能です。しかもサポート費用や月額固定費なども一切発生しないため、業界最安の予算でシステムを導入することもできるでしょう。

ジョブカンワークフローの強み

非常に費用対効果の高いスマートフォン対応クラウド型ワークフローシステムという点が一番の強みです。
操作性が圧倒的に良く、承認経路の分岐や変更も自由自在なうえに誰もがスムーズにすぐ使えるでしょう。すでに使用している申請のフォーマットが移行できないと不便を感じますが、ジョブカンワークフローなら自由に申請書フォーマットを作成することができて、その上限も無制限です。
また、申請された際の承認フローの作成もできるため承認経路を見える化することもできます。多彩な通知機能もあり、関係者がメールですぐに申請・承認の結果を知ることができるのも便利です。

ジョブカンワークフローの価格・料金プラン

ジョブカンワークフローは1ユーザ月額300円で利用可能で、月末にユーザ数をカウントし、単価を掛けた計算式で月額料金が発生するプランです。

最低利用料金は月額5,000円からになります。

初期費用もサポート費用も月額固定費も一切発生しないため、非常に明快でリーズナブルです。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

ジョブカンワークフローの注意点

ジョブカンワークフローは細かく申請・承認の条件設定ができるため、慣れるまではヘルプなどを見ながら操作する必要があります。
また閲覧のみの権限は現在のところなく、稟議などを直接確認できるのは申請者と承認者のみとなります。
ただ第三者に稟議内容を見られずに済むという点では良いでしょう。

ジョブカンワークフローの口コミ・利用企業からの評判

直感的操作が可能で業務の効率化ができました

“これまではオンプレミスのシステムを使用していたのですが、設定変更に毎回時間とコストがかかり、会社の権限変更時の画面遷移などにも手間取っていました。導入後も簡単にメンテナンスできることは、大手企業の営業や運営現場だけでなく、システム担当部署の働き方改革にも大いに役立つと思い導入を決めました。また、操作方法も簡単なのも決め手です。導入後、操作に関する質問がほとんどなく現場からの経費精算がすぐに終えられるようになったので、導入して良かったです。”(タマホーム株式会社様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

ジョブカンワークフローに類似するサービスとしては、株式会社エイトレッドのX-point Cloudや株式会社コラボスタイルのコラボフローなどが挙げられます。
いずれもジョブカンワークフローよりも評価の高いポイントは設定面で、UI的に設定入力の順番が少々わかりにくいという意見が多く見受けられます。
運用が始まれば問題なく使えますが、最初の設定で戸惑わないようなんらかの工夫があったほうが評価は上がったと言えそうです。ただ使い勝手としては圧倒的に高いので、「改善してほしいポイントは特にない」という意見も多いすぐれたツールと言えるでしょう。
価格面ではX-point Cloudはスタンダードプランでも1ユーザーあたり月額500円と初期費用が14万円、コラボフローは月額500円ですが最低でも5ユーザーとなっています。価格や機能面でしっかりと検討するのが良いでしょう。

ジョブカンワークフローで意思決定のスピード化を

ジョブカンワークフローは、稟議申請や捺印申請など企業運営には欠かせないあらゆる申請に対応したクラウドワークフローシステムです。
圧倒的な使いやすさと運用コストの安さ、機能の充実性で高い評価を得ており導入企業のほぼすべてが費用対効果の高さを評価しているのは事実です。
30日間無料ですべての機能がトライアルできるので、一度検討してみる価値は高いでしょう。

画像・データ出典:ジョブカンワークフロー公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部