クラウド型のワークフローシステムとは?おすすめのシステムもご紹介

更新日:

クラウド型ワークフローシステムとは

インターネットを経由し、オンライン上のサーバーを利用するワークフローシステムを、「クラウド型ワークフローシステム」と呼びます。

自社におけるサーバー管理の必要がなくなり、ユーザーごとに設定されたIDとパスワードを入力すればすぐに利用できるため、その使い勝手の良さから多くの企業で導入されています。

自社にサーバーを設置して利用する、オンプレミス型のワークフローシステムの場合、ランニングコストを念頭においておく必要があります。

オンプレミス型は月額料金こそ不要であるものの、セキュリティ対策・サーバー管理などは自社で対応する必要があり、トータルの費用や手軽さを重視する場合は、クラウド型ワークフローシステムを導入するのがおすすめです。

クラウド型ワークフローシステムのメリット・デメリット

クラウド型ワークフローシステムを利用する上でのメリット・デメリットを以下にまとめました。

クラウド型ワークフローシステムのメリット

自社のサーバーが不要

上述した通り、クラウド型ワークフローシステムはコストをあまりかけることなく、導入や運用することができます。

クラウド型ワークフローシステムはシステムを自社内に構築して利用するものではありません。

従って、設備投資や担当者を採用する費用はカットできるため、負担のない運用が行えます。

中には初期費用が無料のサービスもあるため、よく調べて導入すると良いでしょう。

ベンダーのサポートが充実

ベンダーのサポートが充実しているケースが多く、導入後も安心して運用できます。

例え、システム障害が生じたとしてもベンダーが対応してくれる上、システムのバージョンなどに関しても自社で行う必要はありません。

オンプレミス型を利用する場合、これらは全て自社で行う必要があり、場合によってはその度に費用が発生する場合もあります。

導入してすぐ使える

クラウド型ワークフローシステムは、サーバー構築や機器の設定などを自社で行う必要がないため、契約したらすぐに使うことができます。

オンプレミス型の場合、全ての準備が整うまでに数ヶ月かかることも珍しくありません。

どこからでも使える

クラウド型ワークフローシステムは、ネット環境下であればどこからでも利用することができます。

出先でもスマホなどの端末から必要な作業を行えます。

一方、オンプレミス型は社内での利用に限られます。

外部からアクセスしたい場合は、特別な設定が必要とされます。

またリモートワークがメインの企業でも、クラウド型ワークフローシステムを導入しておけば、必要な際に従業員がどこからでもシステムへアクセスできるので非常に便利です。

クラウド型のワークフローシステムのデメリット

既存システムとの連携

クラウド型ワークフローシステムは、自社で既存利用しているシステムと連携できない恐れがあります。

また、連携のためにカスタマイズを要する場合、有料になるケースもあるので確認しておきましょう。

セキュリティ面の懸念

クラウド型ワークフローシステムには、ややセキュリティ面の不安要素が残ります。

ネットワーク上の外部サーバーを利用するため、ベンダーのセキュリティ対策能力が鍵になるわけですが、その技術力などしっかりと確認し、納得できるサービスを選ぶようにしましょう。

ユーザー数が多い場合、逆に割高になることも

クラウド型ワークフローシステムは従量課金制が採用されていることが多く、社員数が多い場合、オンプレミス型以上に費用がかかる恐れがあります。

設定されている価格が自社の条件に伴うか、しっかりと確認しておきましょう。

また、今後人員の増減が予想される場合も同様です。

クラウド型ワークフローシステムの比較ポイント

クラウド型ワークフローシステムを比較するポイントとしては、以下の項目に着目すると良いでしょう。

  • どの社員でも利用できるか?
  • コストはどの程度かかるか?
  • 使用中の外部システムとの連携は可能か?
  • セキュリティ対策は十分か?

無料や安いおすすめのクラウド型ワークフローシステム

BtoBプラットフォームワークフロー

  • ワークフローをしっかりと可視化
  • 無料プランあり

SmartFlow(スマートフロー)

  • 20名までであれば無料で利用できる
  • 多くの企業が導入

Collaboflow(コラボフロー)

  • 初期費用無料で使用可能
  • 少人数からの利用に最適

まとめ

以上、クラウド型のワークフローシステムについて解説いたしました。

クラウド型のワークフローシステムの利便性をしっかりと確認し、自社の環境や人員の数、条件などとしっかりと照らし合わせた上、最適なサービスを選択しましょう。

またメリットはもちろん、デメリットもしっかりと確認し、利用する上で不都合が生じないか、しっかりとシュミレーションしておくことも重要です。

これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【ワークフロー】

      クラウドでワークフローを構築: バクラク申請

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最低契約期間要問い合わせ

      AIによる正確な請求書の電子化によって、紙による稟議申請からデータでのワークフロー化を実現します。

      申請側の手間を効率化

      稟議システムにおける課題として挙げられることが多いのが、申請に必要な稟議書の作成・入力作業における手間です。 また、請求書の回収作業や、その後の支払い申請も、ついつい後回しになってしまうということも少なくありません。 バクラク申請は、AI-OCRによる精度の高い読み取りによって、申請内容を自動で入力することができるため、これまで入力作業にかけていた手間を効率化することができます。 どんなフォーマットの請求書でも認識することができ、複数枚の同時アップロードにも正確かつ高速で対応することが可能です。 さらに、請求書回収機能が搭載されているため、回収漏れをなくし、支払い申請も自動で作成できるため、手入力する必要がなくなります。

      システムにアクセスしなくても承認が可能

      申請が楽になっても、それを承認する側が忙しかったり外出することが多く、なかなか承認時間が確保できないと不安に思う方でも、バクラク申請であれば安心です。 バクラク申請では、毎回システムにアクセスすることなくチャットアプリのslackやスマートフォンから手軽に申請・却下ができるため、外出先や在宅勤務中でも申請から承認完了までを加速させることができます。 また、承認や却下するために稟議情報を遡るのが手間という方には、予算超過や期日超過情報を自動でアラートしてくれるため、瞬時の判断が可能となります。

      システム連携で経理の課題を解消

      これまで経理部門が抱えていた課題としては「現場で請求書が止まっていて支払いが遅れている」、「支払う請求書の判断がつきにくい」ことなどが挙げられていました。 バクラク申請は、バクラク請求書とのシームレスな連携によって、これらの課題を解消します。 支払い申請をすると、仕訳と振込データを自動で作成、経理部門へデータ連携してくれるため、稟議システムと会計システムの分断を解消することができます。 承認ステータスもリアルタイムで反映して連携されるため、承認状況を都度確認する手間も省け、支払うべき請求書を把握できるようになります。

      類似サービス: コラボフロー

      (4.5)

               
      月額料金500円〜/人(クラウド版)無料お試し30日間無料
      初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

      継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

      簡単操作でワークフローを作成

      コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

      Webからも申請フォームが作成できる

      Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

      運用をしながら改善が可能

      更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

       

      類似サービス: コラボフロー for ClimberCloud

      (4.5)

               
      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      コラボフロー for ClimberCloudとは、株式会社ストラテジットが開発しているワークフローシステムとデータ保存サービスの連携アプリです。 ワークフローシステムとして幅広いシェアを誇るコラボフローで申請・承認された申請書に添付された請求書等のPDFファイルを統合型電子データ保存サービスのClimberCloudへ自動で登録することができます。

         

      申請〜承認、電子データの保存が同時にできる

      コラボフロー for ClimberCloudを導入することで、スキャンした請求書データをコラボフローで申請・承認後、ClimberCloudへ自動で保存できるようになります。 電子帳簿保存法に対応した形式で保存できるため、改正電子帳簿保存法に対応させたいという方にもおすすめです。

      豊富な機能

      コラボフロー for ClimberCloudでは添付PDFをClimberCloudのファイル付きリストに登録したり、申請フォームの入力項目も連携可能です。 コラボフロー側の申請フォームに紐づく固有情報も連携可能で、受信時や経路完了時など希望に合わせた連携タイミングを柔軟に設定できます。

       

      類似サービス: Gluegent Flow

      (4.5)

               
      月額料金300円〜/ユーザー無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      Gluegent Flowとは、サイオステクノロジー株式会社が提供しているクラウドワークフローシステムです。 シンプルな操作性のため、誰でも簡単に扱うことができ、ITツールの扱いに不慣れな方が多い場合でも安心して導入できます。

         

      グループウェアのアカウント活用で管理を効率化

      Gluegent Flowは、Google WorkspaceやMicrosoft 365といったグループウェアのアカウントをそのまま活用することができるため、新たにアカウントを発行する手間や管理、IDやパスワードのユーザー対応を省略することができ、アカウント管理の効率化を実現することができます。

      フォームの作成パターンはいろいろ

      Gluegent Flowの申請フォームは、Googleドキュメントを使用して普段から利用している紙のフォームそっくりにレイアウトを作成することが可能です。 使い慣れたフォームのままスムーズに電子化へ移行することができます。

      複数の通知で見落としを防止

      Gluegent Flowでは、モバイルアプリを標準で提供しているため、外出先やテレワークでも手軽に申請・承認業務を行うことができます。 モバイル通知に対応しており、ロック画面でもお知らせを表示できるため見落としを防止します。

       

      類似サービス: MA-EYESnc

      (4.5)

                         
      月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
      初期費用0円最短導入期間3営業日

      MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

      プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

      MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

      全ての情報を一元管理

      複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

      分析帳票をワンクリックで出力

      MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

      類似サービス: 楽楽販売

      (4.5)

      月額費用60,000円〜無料お試しあり
      初期費用150,000円最短導入期間3営業日程度

      楽楽販売とは、株式会社ラクスが運営するクラウド型の販売管理システムです。 ルーチンワークの自動化による作業スピードのアップや、リアルタイムの情報共有における属人化の解消などが可能で、業務効率化はもちろん、人的ミスの防止に貢献、販売管理における課題解消を実現します。

             

      幅広い業務に活用できる

      楽楽販売は、導入企業の業務に合わせた形で作り込むことができるシステムで、幅広い業務の効率化を可能とします。 販売管理や発注業務、営業案件管理はもちろん、それ以外にも幅広い業務を効率化することが可能です。

      ルーチンワークの自動化が可能

      楽楽販売には、帳票の自動発行機能や、ステータスの自動変更、アラートメールの自動通知、データの自動集計など、様々な機能が搭載されており、日々のルーチンワークを自動化して業務スピードの向上や人的ミスの削減を可能とします。

      リアルタイムに情報を共有

      楽楽販売は、クラウドで利用できるシステムのため、社内共通のシステムとして利用すれば、いつでも最新の情報を共有できるようになります。 離れた場所からも利用できるため、テレワークに活用したいという場合もおすすめです

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載