PHSとは?PHSの現在とサービス終了の理由について

更新日:

    今では1人1台が当たり前となっているスマートフォン・携帯電話ですが、PHSというサービスがあったのをご存知でしょうか。

    当時は今の携帯電話と同じように多くの方が移動体通信サービスとして利用していたPHSですが、その概要や現在でのサービス状況について本記事で解説しますので参考にしていただければ幸いです。

    PHSとは?

    PHSとは、Personal Handy-phone Systemの略です。

    1995年に移動体通信サービスとして登場し、今でいう携帯電話と同じように手軽に持ち運びができて個人で簡単に利用できる連絡手段として爆発的なヒットを生みました。

    サービス開始時には携帯電話よりも通話品質に優れていたこと、コストも比較的安価だったこともあり、一般家庭にも広く普及して、最盛期には700万件の契約数に至るまでとなりました。

    スマートフォンを「スマホ」と略すように、PHSは若者を中心に「ピッチ」と呼ばれていました。

    PHSの現在について|サービス終了している?

    では爆発的な人気を誇ったPHSですが、現在はどうなっているのでしょうか。

    PHSは一部の法人向けのものを除き、2021年1月にサービスが終了しています。PHSは電波が微弱な状態で利用できるため精密機器を取り扱う業界、病院や介護などの現場では現在も現役です。

    今では通信手段といえば携帯電話・スマートフォンがメインとなっていますが、その背景にはPHSの競争力が低下したこと、通話エリアが携帯電話の方が広かったことが要因としてあげられるでしょう。

    PHSの主要な事業者の中でもアステルが2006年に、NTTドコモが2008年にPHSサービスの終了を発表しています。

    最近ではY!mobileが2021年1月にサービスを停止しており、PHSの利用者数は大きく減少していることがわかります。

    PHSがなくなった理由

    PHSがその圧倒的なシェアを失った大きな理由には、携帯電話の普及が広まったことが挙げられます。

    携帯電話は3Gの登場、企業同士の合併などによって技術力、営業力を大きく強化しました。それに伴い通信エリアも大きく広がり、もともと通信エリアの狭さに欠点があったPHSに台頭していきます。

    契約数は一時期は700万件以上あったものが500万件と減り、その後も衰退、2008年までには主要なメーカーがPHSサービスを終了しています。

    2020年12月にはPHSの契約数は109万件まで減少し、2021年にはY!mobileもサービス提供を終了する運びとなっています。

    まとめ

    PHSについて概要や現在のサービス状況について解説しました。

    携帯電話が通信エリアを広げるまでは連絡手段の主流となったPHSは、時代の変化に伴い利用者数は減少しサービス終了となりましたが、一部の業界では重宝されており、現役で利用されています。

    今後も狭い範囲でのネットワーク活用にはPHSは利用されていくでしょう。

    10代の74%がPHSを知らないと回答【PHSの認知に関するアンケート】

    株式会社SheepDog(東京都品川区)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2022年3月に『PHSの認知に関するアンケート』を行いました。

    調査概要

    対象者:全国の15歳〜29歳の男女

    サンプル数:300人

    居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県

    調査方法:ネットリサーチ

    アンケート実施日:2022年3月23日

    調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

    【質問:PHSを知っていますか?】

    質問に対しての回答選択肢は以下

    1.PHSを知らない

    2.PHSを知っているが、使ったことはない

    3.PHSを知っており、実際に使ったことがある

     

     

    10代〜20代の男女を対象とした「PHSを知っていますか?」というアンケートで最も多かった回答は「PHSを知らない」で59%でした。

    次いで多かったのがPHSを知っているが、使ったことはないと回答した方の27%PHSを知っており、実際に使ったことがあるという回答が14%で、PHSを知らないと回答した方は全体の約60%に及びました。

     

    【10代の74%がPHSを知らないと回答】

     

    PHSを知らないと回答した割合を年代別でみてみますと、10代が74%に対し、20代は44%にとどまりました。

    7割を超える10代の方が、PHSを知らないという結果になりました。

     

    【PHSを知っていて、実際に使ったことがあると回答した割合が最も高いのは20代女性で24%】

     

    PHSを知っていて、実際に使ったことがあると回答した割合を年代×男女別でみてみますと、20代女性が最も多く24%、次いで20代男性の20%、10代女性は4%にとどまりました。

    20代女性のおよそ4人に1人の方が、PHSを知っていて、なおかつ実際に使ったことがあるということが分かりました。

     

    ■ ご取材、データ引用等可能です。
    ·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
    ·本発表データの引用
    その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

    【本件に関するお問い合わせ先】
    株式会社SheepDog メディア担当
    メールアドレス:media@strate.biz

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載