meoとは?seoとの違いや対策方法について解説

最終更新日 

飲食店や美容サロン、ショップを経営する事業者の方は、meoというワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

meoとは「マップエンジン最適化」のことで、Googleのローカル検索で自社店舗の情報を上位表示する施策のことです。

集客における有効な施策として近年注目を集め、とくに店舗営業のスタイルをとるビジネスにおいては、必須のものとなりつつあります。

本記事ではmeoの概要、seoとの違いや具体的な対策方法について解説します.

meoとは?言葉の意味と目的を詳しく解説

ここではmeoの概要について解説します。

meoとは?

meoとは「Map Engine Optimization」の頭文字をとった略語で、GoogleMapを対象とした検索エンジンを最適化し、上位表示を狙う施策のことです。

たとえばGoogle検索で「カフェ」と検索すると、近隣の「カフェ」がマッピングされたGoogleマップとともに、リストが検索結果として表示されます。

表示される情報には住所や電話番号、営業時間といった店舗の詳細や口コミも合わせて表示され、ユーザーが店を選ぶ際の情報源になります。

この検索結果に、自社店舗を上位表示させる施策がmeoというわけです。

meoの目的

meoの目的とは、ズバリ集客です。

近年はスマートフォンが普及し、店選びの情報収集はインターネットが使われる場合がほとんどです。
たとえば「渋谷、カフェ」のように地名と業種を検索すれば、候補の店舗が即座に表示されます。

ユーザーは検索結果から詳細な情報や口コミによる評判を入手、自身の好みも考慮して訪れる店舗を決めます。上位に表示されるほど、多くの来店客が見込めるのです。

今後、meoは広告媒体やホームページと同様に、注力すべき広告施策として必須のものとなるでしょう。

meoとseoや広告との違いとは?

集客のための宣伝は店舗運営には欠かせないものです。

飲食店であれば「ぐるなび」や「食べログ」、美容サロンでは「ホットペッパー」といった広告媒体を活用することが多いでしょう。
またホームページをもっているのであれば、検索上位表示を狙うseoは欠かせません。

ここでは広告やseoとの違いについて見ていきます。

meoと広告の違い

広告は掲載費用を広告会社に支払い、自店舗の広告を掲載してもらいます。

さまざまなプランがあり、上位表示をさせるにはコストをかけ、上位プランを選択しなくてはなりません。

これに対しmeoは広告よりも低コストで、あるいは費用をかけずに、自店舗のみの完結した取り組みで上位表示を実現できます。

meoとseoの違い

meoとseoの違いは、検索上位表示を狙う対象の違いです。

・seoはwebサイトを上位表示させることを目的とするもの
・meoはGoogleマイビジネスの情報の上位表示を目的とするもの

ここに違いがあります。

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップといったGoogleのサービス上に、自社店舗の情報を表示・管理できる無料ツールです。

無料でありながら店舗の基本情報や写真をはじめ、リアルタイムの情報を発信できます。
さらに口コミの管理や返信、分析情報の閲覧、無料ウェブサイトの作成といった、さまざまな機能を装備しています。

自店舗の魅力を無料で発信できる有用なツールとして、必須のものとなるでしょう。

意味ない?meo対策で得られるメリットについて

meoのメリットとしては、費用をかけずに検索上位表示を狙える点にあります

上位表示を狙いやすい

「渋谷・カフェ」のように、地域系のキーワードで表示される検索結果を、ローカル検索結果といいます。

通常、ローカル検索結果はwebサイトよりも上部に表示されます。
つまりseoにより上位表示されたwebサイトよりも、上位に表示することが可能になるのです。

多くのユーザーは、検索結果の上位から情報を見ていくため、自店舗に来店してもらえる可能性が高まります。

低コストで運用できる

無料のGoogleマイビジネスを活用することで、ホームページ作成や広告掲載を外注することなく、広告が運用できる点は大きなメリットです。

meoは、いくつかのポイントを押さえれば業者に委託することなく、自分自身で基本的な対策を行うことができます。
業者に委託したとしてもseoと比較した場合、低コストでの対策が可能です。

meo対策の方法とアルゴリズムを解説

meoにおける対策の方法と、アルゴリズムについて解説していきます

meoのアルゴリズム

アルゴリズムとは、検索結果を表示させるルールのことです。このルールに沿って、どの情報を上位に表示させるかGoogleが判断しています。

上位表示される条件としては、以下の3点が挙げられます。

・モバイルファーストか
・ユーザーファーストか
・検索クエリとどのくらい関連するか

seo対策との共通点はユーザーにとって有益であるかという点ですが、「有益さ」の視点は両者において異なります。

seoにおいて有益とされるのは、ユーザーのニーズを満たす高い価値です。
一方、meoでは情報の新しさ・正確性、口コミの多さに反映される知名度にあります。

meoを自分で行う際には、こうしたアルゴリズムに対する理解を深めることで、有効な対策が実行できるのです。

meoの対策

ローカル検索で上位表示するために必要なmeoで、基本的なものを紹介します。
ここに挙げるポイントをしっかり押さえることで、業者に依頼しなくても自分で効果的な対策を打てるようになります。

Googleマイビジネスの登録

meoにおいて、Googleマイビジネスの登録は必須のものです。
meoは、「Googleマイビジネスの最適化」そのものであるといっても良いでしょう。

NAP情報の統一

Googleマイビジネスに登録する情報は、自社サイトやSNSに掲載している情報と統一することが必要です。

とくに以下のNAP情報は、検索上の知名度と深く関わります。

・Name 名前(店舗名・会社名)
・Address 住所
・Phone 電話番号

この3つの情報がwebサイト・SNS・Googleマイビジネスで表記が異なっていれば、それぞれ違う情報として認識され、知名度が低いと判断されてしまいます。

良い口コミ情報を集める工夫

ユーザーが店舗を探す際にもっとも参考にするのが口コミ情報です。
口コミ情報が多ければ、Googleのアルゴリズムにより知名度が高いと判断されます。

良い口コミ情報をたくさん集めれば、新規のユーザーも安心して来店してくれるでしょう。

そのための工夫は接客態度や提供するサービスの品質はもちろん、投稿された口コミに対する返信といった対応も含まれます。

反対に悪い口コミが書き込まれた場合はどうでしょうか。
一気に客足が遠のく致命的な事態に陥る可能性もあります。これがmeoのデメリットといわれる点でもあります。

meo対策を依頼できる会社や費用相場について

meo対策を依頼できる会社や、費用の相場について見ていきましょう。

meo対策の費用相場

一般的にmeoは、比較的低コストで実施できます。
初期導入費用が無料の成果報酬プランや、月当たり定額で運用できるサービスもあります。

定額制であれば、およそ月額2万円程度の費用で依頼が可能です。

Meo対策を依頼できる会社

meo対策を依頼できる会社を紹介します。

GMO TECH株式会社

GMO TECH株式会社は、2300社以上に導入・上位表示率90%以上という高い実績を誇っています。

Googleマイビジネスの登録から最適化、上位表示に必要な施策を一手に引き受けてくれます。

株式会社Lim

株式会社Limは、4000社以上の導入実績があり、ビッグデータ解析を行うAIを活用したキーワード選定を得意としています。
また競合分析や口コミ増加の施策まで、きめ細かい対応を行っています。

まとめ

スマートフォンの普及により、インターネットを活用した集客は、もはやビジネスには不可欠なものになりました。

meoは、とくに店舗を構えるスタイルのビジネスにおいて必須といえるでしょう。
meoの概要を理解し、自社にあった方法をぜひ検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載