封筒の書き方について|会社宛、大学宛、横書きの場合

更新日:

    相手の方に郵便物を送る際、封筒の宛名書きや切手の貼り方に困ったことはありませんか?
    宛名の書き方にもマナーがあり、場合によっては相手に不快な思いをさせてしまいます。
    今回は、和封筒と洋封筒の宛名の書き方や、会社宛、大学宛の書き方もご紹介します。

    ビジネスでの封筒の書き方の基本

    ビジネスシーンで封筒を書く際の基本は縦書きです。
    ただし、洋封筒(横が長い封筒)の場合は横書きになります。
    和封筒(縦が長い封筒)の基本的な宛名の書き方は以下のとおりです。

    表面
    切手は左上に貼る(切手と郵便番号欄が横並びになるようにする)
    郵便番号は算用数字で記入
    郵便番号の位置から1文字分下げて住所を書き始める
    番地などは漢数字を使用する
    建物名やフロア名は省略しない
    会社名や部署は、住所の書き出し位置から更に1文字下げる
    会社名にアルファベットが入っている場合でも、1文字ずつ縦に記入
    部署名が書き切れない場合は2行で書く
    封筒の中央に書類を送る相手の名前を記載する(肩書きを小さく書き、その下に名前を記入)

    裏面
    自分の住所と会社名・部署名・名前を封筒の中央下部に書く(下揃えにした方が綺麗に見える)
    封締めをする(「〆」など。「×」にならないように注意する)
    封かん日を入れる場合は左側上部に記入する(封かん日を入れた方が、相手にも伝わりより丁寧になる)

    御中・様・各位などの宛先の使い分けについて

    宛先を書く際の「御中」「様」「各位」など、それぞれの敬称の使い分け方をご説明します。
    正しく使い分けて、失礼のないようにしましょう。

    「様」は個人宛に使う敬称

    「様」は個人宛に使う敬称です。「殿」と記されている場合もありますが、「殿」は目上の人宛に使う敬称ですので、一般的には「様」を使用するといいでしょう。
    「さま」や「サマ」と、ひらがなやカタカナにするとカジュアルな印象を与えますが、使うときには注意が必要です。
    複数の人に送る場合は、それぞれに「様」をつけます。

    「御中」は団体や組織宛に使う敬称

    「御中」は団体や組織宛に使い、他の敬称とともに使用できません。「○○会社御中 ○○様」は間違った書き方になるので注意しましょう。
    この場合は、担当者の氏名がわかっているので、「○○会社 ○○様」とするのがいいでしょう。

    「各位」は複数人宛てに使う敬称

    「取引先各位」や「関係者各位」など、「各位」は大勢の人に呼びかけつつも、1人ひとりを敬うときに使用する敬称です。
    「各位」は「皆様」という意味なので、「お客様各位」など、「様」と「各位」を同時に使用するのは間違った表現になります。
    気をつけましょう。

    横書きやa4封筒の場合の書き方

    横書きやa4封筒の書き方は以下のとおりです。

    横書き封筒の基本的な宛名の書き方

    表面
    切手は右上に貼る
    左端から2文字くらいのスペースを空けて住所を書く
    住所が2行目になるときは、1行目から1文字分空ける
    郵便番号、番地などの数字は算用数字で書く
    建物名やフロア名などは省略しない
    所属部署名はどちらかで書く
        a.行を揃える
        b.会社名の後に一文字空けてから記載
    役職名の記載について
        a.4文字目までは名前の前に書く
        b.5文字以上になるときは、名前の上に小さく記載

    裏面

    封じ口の下に郵便番号の右端が来るように書く
    住所は、郵便番号の左端に揃えて記入
    封かん日を入れる場合は左端上部に
    洋封筒の場合、封じ目は不要(書いても失礼にはならない) 

    a4の封筒の書き方

    縦書きの場合は「縦書き封筒の基本的な宛名の書き方」、横書きの場合は「横書きの基本的な宛名の書き方」に準じます。

    封筒を郵送する際の注意点

    会社や大学宛てに封筒を郵送する際の注意点は以下のとおりです。
    切手が正しい位置に貼られているか
    郵便番号や住所、氏名に間違いがないか(住所は番地まで書くようにする)
    郵便料金が不足していないか
    封筒の中身について記載してあるか
    これらに不備があると失礼なだけでなく、相手の肩に迷惑をかけてしまいます。
    郵送する前にもう一度チェックしましょう。

    また、大学に願書を送る場合には、上記4つの他に注意点があります。
    封筒のサイズは角形2号
    白色の封筒を選ぶ

    願書を送る場合、専用の封筒があることが多いですが、ない場合はa4サイズが余裕を持って入る角形2号を選ぶのが一般的です。
    大学によっては封筒のサイズの指定がありますので、出願の際には各大学のサイトで確認しましょう。

    また、茶封筒はビジネス用途の書類を送付することが多いので避けた方が無難です。
    そして、白色の封筒はエントリーシートや履歴書などの応募書類でよく使われる上に、朱書きが目立ちます。
    願書を送るときからアピールは始まっているのです。

    ポイントに気をつけて封筒を書こう

    ビジネスで封筒を郵送する際には、注意点に気をつけて相手の方に失礼のないようにしましょう。
    宛名の書き方などは悩んでしまいがちですが、ポイントを押さえればさほど難しくありません。
    郵送の前には、正しい記載がされているかチェックを忘れないようにしてください。

        執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載