現場deカメラの料金や評判などについて。写真を活用して現場をわかりやすく

最終更新日 

建築現場は複雑で工程が多いので、文字だけで現場の状況を把握するのは難しいでしょう。

写真を活用することによってよりわかりやすく現場の状況を把握できます。

そこで導入したいのが、現場の状況を写真を活用してよりわかりやすくしてくれる「現場deカメラ」です。

本記事では現場deカメラの特徴や導入するメリットを紹介します。

現場deカメラの特徴・機能

電子納品対応

1つ目の特徴が電子納品対応です。

電子納品は今まで紙で納品されていたものが電子データとなるので、収納スペースや使用スペースの削減、コスト削減へとつながります。現場deカメラは電子納品に対応をしているので、手間やさまざまなコストも省けるのです。

連携ソフトでより便利に

2つ目の特徴は連携ソフトでより便利に使えます。

「現場編集長CALSMASTER」「PHOTOMASTER Plus」と併用することによって事前に撮影リストを使うことができ、撮影箇所の撮り忘れ、図面確認がスムーズに行きます。自動で写真フォルダを分けてくれるので、効率的に写真管理ができるのです。

画像改ざんを防げる

3つ目の特徴が画像改ざんを防げます。

現場deカメラproを使うことによって画像改ざん、検知情報の付与ができて安心して画像の活用ができます。ITの発展により画像の改ざんも可能となりましたが、こうして画像改ざんの対策がされていると安心して利用できるでしょう。

現場deカメラのメリット

現場deカメラの導入メリットは主に以下の2つです。

自分に合ったものを選択できる
現場の状況がよりわかるようになる

1つ目のメリットは自分に合ったものを選択できるようになります。現場deカメラにはLITEとPROがあります。LITEは無料で利用できPROは月額3,060円です。コストを気にする方はLITE、コストを気にしない方はPROと使い分けができます。

2つ目は現場の状況がよりわかるようになります。冒頭でものべたように現場の状況を文だけで把握するのは難しいでしょう。現場deカメラはアプリを用いて写真を撮れるので、現場の状況がより細かくわかるようになります。

現場deカメラの注意点

注意点はios用となっており、Androidはありません。

現場deカメラ価格・料金プラン

現場deカメラLITEは無料、現場deカメラPROは3,060円です。

2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

現場deカメラの導入事例・評判

現在調査中です。

現場deカメラと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
photomanager17お問い合わせオリジナル黒板を作れる
photoructionお問い合わせ簡単操作で一元管理
siteboxお問い合わせ改ざん検知機能

photomanager17はオリジナル黒板を作ることができ、それに加えて写真を活用して現場の状況も把握できます。現場に黒板を持ち運ぶ必要がなくなり、負担が軽減されるでしょう。

photoructionは簡単操作で一元管理ができるので、現場の管理が行き届いていない方におすすめです。見たい図面も瞬時に見られるので、時間を取られることはないでしょう。

siteboxは改ざん検知機能があり、データを改ざんされずに安心して電子納品ができます。記録から撮影までを一台で行えるので、煩わしさもなく扱いやすいでしょう。

現場deカメラで写真を活用して現場をわかりやすく

現場deカメラは写真を活用して現場をわかりやすくします。

従来のやり方では時間も手間もかかっていました。

もしもっと他にしたいことがある、手間を減らしたいと思っている企業は現場deカメラを導入してみてはいかがでしょうか。

導入すれば大きなメリットを感じるでしょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載