kizuku(キズク)の料金・評判・特徴について

更新日:

    施工管理はやることが多く、時間を取られてしまうことが多いでしょう。

    しかしだからといって手を抜くことは許されません。

    そこで利用したいのが施工管理を簡単にする「kizuku」です。

    本記事ではkizukuの特徴や導入するメリットを紹介します。

    施工管理が多いと悩んでいる企業はこちらを参考にしてください。

    kizukuの特徴・機能

    わかりやすいスケジュール/グループウェア

    1つ目の特徴がわかりやすいスケジュール/グループウェアです。スケジュールなど自分の予定が一目で確認でき、グループウェアによって登録・共有ができます。作業員がスケジュールに予定を入れれば、発注担当者は予定の状況を把握できます。

    トーク機能

    2つ目の特徴はトーク機能です。ダイレクトトークでは任意にメンバーを選んで、人・テーマ別でトークができます。これによりグループチャットのような使い方ができるでしょう。また重要メッセージ送信や工程スタンプ機能などもあり、便利に使えます。

    図書共有/写真管理

    3つ目の特徴が図書共有/写真管理です。図書共有ではクラウド上にファイルに保管することでどこのどの端末からでも確認ができます。現場専用フォルダもあり、各現場ごとのフォルダを現場担当者のみが閲覧できます。セキュリティも保たれるでしょう。

    kizukuのメリット

    kizukuのメリットは主に以下の2つです。

    現場管理が簡単になる
    豊富なマスタ管理

    1つ目のメリットは現場管理が簡単になります。現場管理が手軽になるためのプロジェクト管理機能、現場ステータス機能などがあり、これによって現場管理がしやすくなるでしょう。

    2つ目は豊富なマスタ管理です。所属グループマスタや社員マスタ、会社マスタなど、合計で5つものマスタ管理が可能です。これによりデータ管理が楽になるでしょう。

    kizukuの注意点

    注意点は料金が複雑なことです。オプション機能をつけると値段が大きく変わるので、一概にいくらとは言えません。

    kizukuの価格・料金プラン

    kizukuの価格はプロプラン30で22,000円、プロプラン50で33,000円、プロプラン100で55,000円です。

    2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    kizukuの導入事例・評判

    現在調査中です。

    kizukuと類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    ANDPAD36,000円〜(60ID含む)写真の共有もでき、急な作業工程の変更にも柔軟に対応
    ダンドリワーク19,800円〜施工管理をスムーズにするための機能が豊富
    SITE450円/ユーザー100名までであれば無料利用可能

    ANDPADは写真の共有が可能で、急な作業工程の変更にも柔軟に対応できます。チャット機能によりコミュニケーションもスムーズにいくでしょう。

    ダンドリワークは施工管理をスムーズにするための機能が豊富で、サポート体制も手厚いので安心して利用できます。

    SITEは100名であれば無料利用が可能です。そのため中小規模の現場作業におすすめです。

    kizukuで施工管理を楽にしよう

    kizukuには施工管理を楽にするための機能が豊富です。

    トーク機能や写真共有などさまざまな機能があり、どれも役立つものでしょう。

    施工管理を楽にしたい方はkizukuの導入を検討してみてください。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載