LAWGUEの料金·評判·機能について。導入事例も紹介

最終更新日 

従来であれば、契約書やサービス資料など社内に点在する資料を管理するためには人員を投資する必要がありました。

ですが、人材不足や人件費削減が課題となっている企業においてはそれも難しい話となっています。

今回紹介するLAWGUEは、人員を投資しなくてもAIを活用したクラウド技術で書類、コンテンツの管理を効率化できることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

LAWGUEとは

LAWGUEとは株式会社日本法務システム研究所が運営している文書管理システムです。

契約書や開示文書などさまざまな種類の文書を管理して作成、検索などができるとして業務の効率化ができることから一般企業だけではなく、法律事務所、官公庁、自治体などでも導入されている実績があります。

LAWGUEの機能·特徴

AIを活用した文書管理が可能に

LAWGUEでは独自AIを活用した文書管理で、これまでの文書管理に発生していた非効率な部分を排除することが可能です。

今まで見つけるのに時間をかけていた文書も簡単に検索することができ、レビュー対象に類似している過去の契約書もAIが自動で検索してくれます。

条項単位での検索、類似·欠落条項も簡単に検索することができます。

ナレッジの蓄積ができる

LAWGUEを活用することで、文書作成やレビューのナレッジを見える化して、ナレッジを蓄積、共有することが可能となります。

社内でバラバラになっていた文書の作成方法やレビュー方法が統一されることで業務の標準化に繋がります。

情報共有の手間を効率化

従来であれば、文書の修正を行った際はメールに添付して情報共有をしたり、Word、ドキュメントファイルにコメントをいれるなどしていたことでしょう。

LAWGUEではドキュメントを編集、修正した際はメンション機能を使ってオンライン上で情報を共有することが可能です。

メールよりも手軽で、添付ファイルをつける手間もかからないため、業務効率化につながるだけでなく、セキュリティ面でも安全性が高まります。

LAWGUEの料金·価格

LAWGUEの料金プランは公式サイト上では公開されておらず、問い合わせが必要となります。

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

LAWGUEでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて無料のトライアルを提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力してまずは問い合わせをする必要があります。

LAWGUE導入のメリット

文書作成、検索にかかる時間が短縮される

LAWGUEはAIを活用した文書管理を可能とします。

手動で検索するだけでは見つけることができなかった検索契約書との類似条項がある文書を自動で検索してくれるため検索にかけていた時間が大幅に効率化され、より洗練された文書の作成につながります。

文書作成のナレッジを手軽に共有することができるため、誰もが文書作成の標準化が可能になる点もメリットです。

LAWGUEの導入事例·評判

0.5人/月の作業工数を削減

“セミナーで偶然LAWGUEのことを知り、デモを試してみて導入に至りました。操作性に優れており、使いやすい点とレスポンスの早いサポートがいいですね。契約書のドラフティングに関していえば、月ベースで0.5人分くらいは削減できていると感じています。”(株式会社JSOL様)

検索作業が効率化されました

“属人化されがちな法務知財スキルをナレッジベース化したいと思いLAWGUEを導入しました。LAWGUEは過去事例の検索も容易にでき、蓄積したナレッジベースをもとに条文案の検討ができる点が魅力的ですね。検索機能が優れており、案件を横断した検索ができるので、検索作業が非常に効率化されました。”(中国電力株式会社様)

類似サービスとの比較

LAWGUEの類似サービスとしてはLegalForce(リーガルフォース)やflouu(フロー)などが挙げられます。

LegalForceは契約書レビュー支援ソフトとして多くの導入実績があります。

AIが搭載されており、自動のレビューが行える他、契約書のテンプレートも搭載されているため文書作成の効率化も可能とします。

料金は公式サイト上では明記されていないため問い合わせが必要となります。

flouuは文書管理だけでなく、リアルタイムでのコミュニケーションも可能とします。

シンプルでわかりやすい文書作成機能が搭載されており、複数人での同時編集も可能という使い勝手の良さです。

料金は1ユーザーあたり500円(30日)となっています。

LAWGUEで文書検索の効率化を

LAWGUEについてご紹介させていただきました。

  • AIを活用した文書管理
  • 利便性の高い検索システム
  • ナレッジ蓄積も可能

上記の点から、文書検索に時間がかかっているという方はもちろん、ナレッジ共有を効率化したい方にもおすすめです。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:LAWGUE公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載