不動産向け顧客管理システム(CRM)のおすすめ6選を比較【2024年版】

更新日:
これは顧客管理(不動産)の製品です。

顧客管理(不動産)の製品をまとめて資料請求

不動産向け顧客管理システム(CRM)とは?

「不動産向け顧客管理システム」とは、その名の通り、不動産業界に特化したCRM(顧客関係管理)システムのことを指します。

CRMとは、企業・顧客情報を管理し、業務をスムーズにすることを目的とするツールのことです。

CRMを上手に活用し、顧客の氏名・年齢・性別など、情報を詳細に備蓄して行動やリアクションを分析すれば、顧客それぞれに適切なアプローチを行うことが実現されます。

不動産業界向けの顧客管理システムを利用する場合、最終的な目標は、来店率・成約率などの向上に設定することが一般的だと思われます。

これまではメインだった、CM・チラシ・広告などによる新規顧客の獲得に頼らずに、ネットを有益なチャネルの一つとして利用するには、顧客管理システムを上手に活用し、適切な情報集約・管理が求められます。

おすすめの類似顧客管理(不動産)システム

類似サービス: カナリークラウド

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間最短3営業日程度

カナリークラウド(CANARY Cloud)とは、株式会社BluAge(ブルーエイジ)が運営している、不動産仲介業務に特化した顧客管理・営業支援システムです。 追客の自動化や物件紹介の自動化が可能で、分析機能も充実しているため、顧客対応品質を高めることができます。

       

反響ややりとりを一元管理

カナリークラウドでは、各ポータルから届く反響ややりとりを一元管理することができます。 その後のサンクスメールも自動で送付されるため、営業時間外や定休日で対応が遅れてしまい、顧客を取りこぼしてしまうということがなく、スピーディーにLINEや来店予約に誘導することが可能です。

戦略的な追客が可能になる

忙しいと、ついつい疎かになってしまう追客業務も、カナリークラウドであれば効率化することが可能です。 闇雲に物件情報を送り続ける、何度も架電するといった追客から、顧客の心理を分析した上で戦略的な追客がカナリークラウドであれば実現できます。

売上向上につながる分析機能を搭載

カナリークラウドは、顧客とのやりとりを記録するだけで情報が蓄積され、集計に手間がかかっていた数値の分析を効率化することが可能です。 また、カスタマイズ性が高く、売上・入金集計や物件管理なども、まとめて実現できます。

おすすめの不動産向け顧客管理システム(CRM)

カナリークラウド

特徴

カナリークラウドは、株式会社BluAgeが運営している不動産仲介業務に特化した顧客管理・営業支援システムです。

追客の自動化や、物件紹介の自動化が可能ため、顧客対応品質を高めることができます。

各ポータルから届く反響などを一元管理し、営業時間外や定休日での顧客フォローも自動化することが可能となります。

顧客の取りこぼしを防止するための、利便性が高い機能が搭載されているため、売上拡大につながります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • オプション料金:要問い合わせ

※2023年5月現在/詳細は公式サイトを確認

ATBB顧客管理

特徴

ATBB顧客管理とは、アットホーム株式会社が提供する顧客管理システムです。

顧客の反応に対し 、迅速な対応から成約までを一元管理します。

顧客情報を自動で取り込むことができ、自動返信メールによるスムーズな対応・社内での情報提供など、顧客管理業務に優れたサービスです。

料金

  • 要お問合せ

※2023年4月現在/詳細は公式サイトを確認

みらいえ

特徴

みらいえとは、株式会社イー・ビジョンが提供する不動産管理サービスです。

顧客管理・不動産のパノラマ撮影・ホームページ管理・SEO対策など、不動産管理に欠かせない業務を提供してくれます。

ビッグデータ・AIを利用した物件管理などにも長けたサービスです。

料金

  • 月額費用:20,000円~

※2023年4月現在/詳細は公式サイトを確認

売買革命

特徴

売買革命とは日本情報クリエイト株式会社が提供する不動産仲介営業支援サービスです。

物件管理・追客機能・分析機能などの業務を円滑に行うべく、サービスを提供しています。

デザインや操作性などにも優れており、スマートフォンでの利用にも最適です。

料金

  • 要お問合せ

※2023年4月現在/詳細は公式サイトを確認

PropoCloud

特徴

株式会社Housmartが提供する不動産売買仲介向けの営業支援システムです。

顧客を追客する機能など、長期的なフォローに適しており、顧客に対して最適な情報を提供することで、効率的な営業が叶えられます。

アクティブなユーザーへのアプローチなど、売上を立てやすい状況作りに最適なサービスです。

料金

  • 要問い合わせ

※2023年4月現在/詳細は公式サイトを確認

ESいい物件One 賃貸

特徴

「ESいい物件One 賃貸」は、賃貸営業のノウハウが充実した最新のクラウドサービスです。

物件の募集情報や家賃の支払い管理、入居後の住民のサポートなど、あらゆる顧客管理業務を最適な形で行ってくれます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ

※2023年4月現在/詳細は公式サイトを確認

不動産向けCRMが持つ主な機能

不動産向け顧客管理システムには、主に以下のような機能が搭載されています。

賃貸ポータルサイトから自動登録

賃貸ポータルサイト(SUUMOやHOME’Sなど)から問い合わせがあった顧客情報を、リアルタイムでシステムに登録してくれます。

サイトの種類にかかわらず、一括で登録してくれるシステムが一般的です。

そこからさらに、社内で設定した項目ごとに顧客を分類したり、重複をチェックしたりしてくれる上、メールの自動返信なども行ってくれます。

新規顧客にリーチできる範囲を広げたり、スムーズな来店予約を促したりなどといった成果が期待できるでしょう。

顧客へのメール自動送信

問い合わせ対応や、検索・閲覧している顧客への追客など、それぞれの状況に応じたメールの自動送信が行えます。

顧客のフェイズに合わせて、段階的な自動配信、すなわちステップメールを利用できるツールも存在します。

顧客情報など履歴の管理

顧客とのこれまでの接点、やりとりなどの履歴を簡単に閲覧・確認することが可能です。

アナログな管理方法だと、追客漏れの恐れがありますが、顧客管理システムを利用すれば心配無用です。

LINEとの連携

近年は、LINEを利用している顧客が圧倒的に多いため、LINEアカウントと連携し、情報配信や、顧客とやり取りが行える顧客管理システムもシェアを誇っています。

不動産向け顧客管理システムの種類

賃貸仲介向け

賃貸物件を探している顧客の場合、あらゆるポータルサイトを経由したのち、問い合わせに至るケースが多いことと思われます。

したがって、迅速な情報提供・来店予約などの誘導を行うことが重要です。

賃貸仲介向け顧客管理システムの多くは、あらゆるサイトからの問い合わせ情報を一元管理できる機能を有しているため、顧客ごとに最適な物件を紹介することができます。

また、一定期間問い合わせのない顧客に対しての状況確認など、追客メール機能が充実しているのもポイントです。

来店・内見の予約受付・オンライン面談・物件の空室情報などが簡単に行えるのも一般的です。

売買仲介向け

物件の売買を検討している顧客の場合、売買の決断までに比較的時間を要することが多い特徴があります。

したがって、そのような顧客に対しては、良質な情報を気長に提供するなど、長い目で見た施策を打つのが効果的です。

売買仲介向け顧客管理システムでは、新着物件情報の自動配信機能、メールの開封率・物件閲覧数のチェック、顧客のリアクションを追う分析機能などが搭載されており、成約確度の高そうなターゲットに対し、良質なアプローチができる機能が充実しています。

賃貸仲介・売買仲介向け

賃貸仲介・売買仲介の両方に対応できる顧客管理システムも存在します。

顧客をしっかりと追客しながら頻繁に接触できる機能や、顧客ごとの要望やニーズに対し、最適な対応を行うべく、顧客の利用状況などをベースに自動提案してくれる機能、顧客専用のマイページなどが搭載されており、あらゆる状況下でオールマイティに稼働してくれます。

不動産向け顧客管理システムを選ぶポイント

連携可能なポータルサイトの範囲

SUUMO・HOME’Sなどのようなポータルサイトとの連携範囲が広いと、使い勝手は非常によくなります。

自社が掲載しているサイトから、自動で顧客情報を取り込み、フォローメールなどによる素早い施策は、非常に効果的です。

ポータルサイトに連携できる範囲が狭く、手動での対応が必要など、情報取り込みの手段が複数存在してしまう場合処理が煩雑になり、顧客ごとの対応に差が生じてしまうことも考えられます。

業務効率化をメインに考える場合、極力幅広いポータルサイトに対応できるタイプがおすすめです。

確度の高そうな顧客を把握しやすい設計かどうか

情報の閲覧頻度・送信メッセージの開封率を顧客ごとにチェックできれば、案件に対し、強い関心を持っているかどうかを判断することができます。

また、顧客の行動ログを把握することにより、成約率の高そうな顧客(ホットリード)をすぐに抽出できるため、勘や感覚に頼らず確度の高いよりロジカルな戦略を立てることができるはずです。

連絡手段の幅が広いかどうか

幅広い層にリーチするためには、連絡手段が多彩であることも重要です。

電話・LINE・メール・チャットなどあらゆるツールに対し、幅広く対応できるツールを選択すれば、効率的な顧客対応が実現され、また、顧客対応の漏れや重複対応を削減する効果も期待できます。

まとめ

以上、不動産向け顧客管理システム(CRM)について解説いたしました。

自社に最適な不動産向け顧客管理システム(CRM)を導入し、より効率的で親切な顧客管理、より確度が高く魅力的なセールスを実現しましょう。

      これは 顧客管理(不動産) の製品です。
      顧客管理(不動産) の製品をまとめて資料請求
        • 顧客管理(不動産)

          類似サービス: カナリークラウド

          (4.5)

                   
          月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
          初期費用要問い合わせ最短導入期間最短3営業日程度

          カナリークラウド(CANARY Cloud)とは、株式会社BluAge(ブルーエイジ)が運営している、不動産仲介業務に特化した顧客管理・営業支援システムです。 追客の自動化や物件紹介の自動化が可能で、分析機能も充実しているため、顧客対応品質を高めることができます。

                 

          反響ややりとりを一元管理

          カナリークラウドでは、各ポータルから届く反響ややりとりを一元管理することができます。 その後のサンクスメールも自動で送付されるため、営業時間外や定休日で対応が遅れてしまい、顧客を取りこぼしてしまうということがなく、スピーディーにLINEや来店予約に誘導することが可能です。

          戦略的な追客が可能になる

          忙しいと、ついつい疎かになってしまう追客業務も、カナリークラウドであれば効率化することが可能です。 闇雲に物件情報を送り続ける、何度も架電するといった追客から、顧客の心理を分析した上で戦略的な追客がカナリークラウドであれば実現できます。

          売上向上につながる分析機能を搭載

          カナリークラウドは、顧客とのやりとりを記録するだけで情報が蓄積され、集計に手間がかかっていた数値の分析を効率化することが可能です。 また、カスタマイズ性が高く、売上・入金集計や物件管理なども、まとめて実現できます。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載