需要予測システムのおすすめ7選を比較

更新日:

今回は、「需要予測システム」について解説いたします。

正確にマーケットの需要予測を行うことができれば、店舗運営の最適化、業務の効率化を実現することができます。

おすすめのシステムについても紹介いたしますので、ぜひ参考になさってください。

需要予測システムとは?

「需要予測システム」とは、過去の販売データを元にして、マーケットの需要予測、在庫管理の最適化を図るツールです。

担当者の経験・勘にもとづくアバウトな予測だけではなく、多様化したニーズを十分に満たせるよう、システムによる分析を行うことができます。

需要予測システムを使用することで、最適な場所への出店、来店客数の予測、店舗への適正な人員配置などを行えるようになれば、不要なコストの削減、効果的な店舗運用が実現するはずです。

おすすめの需要予測システム7選

MarketPlanner

特徴

「MarketPlanner(マーケットプランナー)」は、 パソコンはもちろん、スマホ・タブレットで利用でき、リモートワーク・外出先での利用に相応しい需要予測システムです。

機能の多さや高性能であることを売りとしており、幅広い業種・業態に対応できます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※価格情報は2024年4月現在のもの

@commerce

特徴

「@commerce」とは、店舗開発にまつわる大量のデータの一元管理・共有を強みとしており、商圏分析・競合分析・ 売上予測を支援してくれる店舗開発支援ツールです。

出店候補地の情報管理、分析業務などをシステム化・一元化し、担当者の業務工数を大幅に削減し、素早い出店判断を後押ししてくれます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※価格情報は2024年4月現在のもの

UMWELT

特徴

「UMWELT」とは、誰でもノーコードで、AIによるデータ分析を行うことができる需要予測ツールです。

生産計画・帳票作成・社員のシフト調整など、あらゆる業務の自動化に最適で、データ分析環境をしっかりと整備しつつ、事業の課題を可視化することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※価格情報は2024年4月現在のもの

ArmBox

特徴

「ArmBox」とは、戦略立案・出店・販売促進などのサイクルを一元化して、事業成長を後押ししてくれる需要予測・マーケティングプラットフォームです。

店舗の現状を地図によって可視化し、新規出店の心強い味方をしてくれます。

ユーザーの動向分析を行った上で、需要予測をすることができます。

料金

  • 初期費用:10万円~
  • 月額費用:6万円(50ID)

※価格情報は2024年4月現在のもの

AI店舗開発

特徴

「AI店舗開発」は、飲食店に特化したAI売上予測サービスです。

20年以上の蓄積による商圏データや、4,000店舗以上の売上情報、1,600件以上の物件管理実績を元に、高精度な売上予測が叶います。

過去データを取り扱うような手間のかかる作業は必要なく、出店条件の入力のみで予測結果を1分ほどで取得できます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※価格情報は2024年4月現在のもの

xenoBrain マイデータ予測オプション

特徴

「xenoBrain マイデータ予測オプション」は、ノーコード・ノーデータで需要予測を自動で行うことができるツールです。

2,000万本のニュースを学習したAIを搭載しており、予測したいデータを登録し、自社製品の販売数量・販売金額など、経営に必要な指標を予測してくれます。

料金

  • ベーシックプラン:55,000円/3回チケット
  • スタンダードプラン:88,000円/ 5回チケット

※価格情報は2024年4月現在のもの

Prediction One

特徴

「Prediction One」は、必要なデータを用意し、数クリックするだけで高度な予測分析を自動的に行えるツールです。

特別な技術がなくても予測分析を行うことができ、簡単な操作のみで、項目設定・前処理・予測・評価・分析を行うことができます。

幅広いデータの予測分析を行えるため、Webコンテンツの選別、機器の故障原因の究明などにも利用できます。

料金

年額198,000円〜/ユーザー(スタンダードプラン)

※価格情報は2024年4月現在のもの

需要予測システムの導入メリット

適切な在庫量を保つことができる

需要予測システムは、販売実績や市場の動向はもちろん、顧客属性や天候など、あらゆる情報を取り込み、システムが自動的に分析してくれます。

商品の販売数予測なども得意としていることから、最適な発注数・在庫量を算出することが叶うはずです。

データを元に経営戦略を立てることができる

需要予測システムを活用すれば、膨大な市場データを元にパターンを浮き彫りにすることができるため、正確で根拠のある数値を割り出すことができます。

これらのデータを参考にすることで、緻密な経営戦略を立案できるようになるのです。

業務の効率化が実現する

基本的に需要分析システムは、AIが稼働してデータを提供してくれます。

従来は、人の手によって行っていた需要予測をAIに任せることができるようになるため、社員の業務負荷軽減にも貢献してくれるでしょう。

また、AIを活用することでヒューマンエラーを防止することができ、そういった側面からも余計な時間を削減することができます。

まとめ

以上、需要予測システムについて解説いたしました。

ぜひ、需要予測システムを利用して、正確なマーケットの需要予測を行い、在庫の適正化をはじめとした、最適店舗運営、出店時、店舗運営時の市場予測、業務の効率化などを実現してください。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載