FastLabel FastLabel株式会社

サービス・製品資料

資料ダウンロードフォームはこちら 資料ダウンロード

資料のダウンロードはこちら(無料)
※DL後、資料掲載社から連絡が来る場合があります。

料金案内等

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

無料お試し

Freeプランあり

最短導入期間

要問い合わせ

運営企業

FastLabel株式会社
  • 資本金

    -

  • 従業員規模

    -

  • 設立年月

    2020年01月23日

  • 代表者名

    上田 英介

サービス詳細

AI開発のPDCAを高速化

FastLabelとは、FastLabel株式会社が運営しているアノテーションツール、教師データ作成サービス、MLOps構築を包括した国内唯一のオールインワンソリューションです。

データセントリックな手法でAI開発のPDCAを高速で回すことができ、データ起因の問題を早期に発見、AI精度を改善してAIの開発速度を加速させます。

FastLabelは、これまでに100社以上の導入実績があり、ラベル提供は1,000万を突破しています。

FastLabelが選ばれる理由

操作性に優れたUIで効率的なアノテーションを実現

FastLabelは、端末へのインストール不要で利用でき、画像や動画、テキスト、音声、帳票、3Dといった様々な種類のデータのアノテーションをWeb上で実現できます。

コピー&ペーストといった作業効率化のための機能が豊富に備わっており、YOLO、COCO、PascalVOC、VoTT、labelme形式にも標準で対応しています。

コスト・期間を70%削減

FastLabelでは、学習済みのモデルを活用してアノテーション作業の自動化が可能なため、教師データの作成にかかるコストや期間を大幅に削減できます。

テクノロジーを活用した効率的な教師データの蓄積によって、AI開発におけるPDCAを高速に回して、目標精度の達成を加速させます。

エンドツーエンドのデータ管理

FastLabelは、AWSやGCP、Azureといったパブリッククラウドのストレージとの標準連携をサポートしているため、アノテーションだけでなくAI学習基盤とのシームレスな連携が可能です。

運用フェーズにおいてもAIをモニタリングし、アノテーションサービスを利用することで、継続的に教師データを蓄積することができ、これによってAI精度の改善が可能となります。

高いセキュリティ体制を構築

FastLabelの開発環境は、日本国内にあるため、カントリーリスクが低い点が特徴的です。

アノテーションサービスも国内人材で対応可能で、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格である「ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014」を取得しているため、そのセキュリティは非常に強固なものとなっています。

 

導入事例

  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  • ディップ株式会社
  • 株式会社デンソー

関連する記事