OPTiM Contract 株式会社オプティム

サービス・製品資料

資料ダウンロードフォームはこちら 資料ダウンロード

資料のダウンロードはこちら(無料)
※DL後、資料掲載社から連絡が来る場合があります。

料金案内等

初期費用

0円〜

月額料金

0円〜

無料お試し

あり

最短導入期間

要問い合わせ

運営企業

株式会社オプティム
  • 資本金

    444百万円

  • 従業員規模

    393名(2022年4月1日現在)

  • 設立年月

    2000年6月8日

  • 代表者名

    菅谷 俊二

サービス詳細

電子帳簿保存法に対応

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。

初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

AIを搭載しており、契約書ごとの契約期間を取得して、更新期限が迫る前に自動で通知してくれるため、「契約書の終了や更新の管理ができない」といった課題を解消することが可能となります。

OPTiM Contractが選ばれる理由

作業時間・コストを大幅に削減

OPTiM Contractはその高い導入効果が魅力的です。

契約書管理を効率化する豊富な機能で、紙やExcelで契約書を管理していた際に比べて、作業時間を95%削減、年間でおよそ725時間の削減効果が期待できます。

また、紙・Excelの時にかかっていた業務費用の約65%を削減、およそ135万円ほどのコスト削減を実現します。

契約書管理にかかる手間を効率化

OPTiM Contractは、AIによる管理台帳の自動作成ができるため、これまで手作業で行なっていた台帳記入業務を大きく効率化することが可能となります。

契約書をアップロードするだけで、契約書名や取引先企業名、取引金額などをAIが抽出して自動で管理台帳を作成してくれるため、複雑な操作は必要ありません。

また、契約書の終了日が近づくと契約担当者と契約書を保管するグループの管理者に対して、自動でメール通知してくれるため、更新などの見落としを防ぐことができます。

OCRによるテキスト化が可能

OPTiM ContractにはOCRが搭載されており、スキャンした契約書のテキストデータ化が可能です。

OCRは、手動でデータ化する手間を効率化することができる反面、文字の読み取り精度や対応している形式に制限があり、契約書によってはテキストデータ化が難しい場合があります。

OPTiM Contractでは、埋め込み文字のない画像形式のPDFでもテキストデータ化、スキャン時に傾いた契約書データでも項目の抽出が可能です。

また、手書きやゴム印のフォントがシステムフォントと混在している場合でも読み取ることができます。

過去の契約内容を手軽に検索

新規で契約を締結する際に、過去の契約書を参考にしたい場面も多いでしょう。そのような際に、紙の契約書では必要な契約書を探すのに大きな手間と時間が発生します。

OPTiM Contractでは、過去の契約書でも、契約書の本文に対して検索できるため、タイトルが思い出せない場合でも迅速に契約書を見つけ出すことができます。

 

導入事例

  • 要問い合わせ

関連する記事