Worker Connect(ワーカーコネクト) センスウェイ株式会社

サービス・製品資料

資料ダウンロードフォームはこちら 資料ダウンロード

資料のダウンロードはこちら(無料)
※DL後、資料掲載社から連絡が来る場合があります。

料金案内等

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

無料お試し

要問い合わせ

最短導入期間

要問い合わせ

運営企業

センスウェイ株式会社
  • 資本金

    9,900万円

  • 従業員規模

    -

  • 設立年月

    2017年3月31日

  • 代表者名

    神保 雄三

サービス詳細

作業現場の安全管理を実現

Worker Connectとは、センスウェイ株式会社が運営している、作業現場の安全管理を実現するウェアラブルIoTソリューションです。

厚生労働省が発表した熱中症による死傷災害の発生状況(2019年)によると、熱中症による死傷者は、829人に及ぶと報告されており、死亡者は25人となっています。

作業現場では、夏場の熱中症による死傷者数が高く、さらに、転倒や墜落といった事故のリスクも決して低くはありません。

Worker Connectは、重さ45グラムの腕時計型トラッカーを装着するだけで、現場管理者の安全管理を効率化して、万が一のトラブル時にも即時対応できるようになります。

Worker Connectが選ばれる理由

健康状態や転倒事故をリアルタイムに把握

Worker Connectは、腕時計型のトラッカーを作業員に装着してもらうことで、心拍数や皮膚温度を計測、リアルタイムに健康状態を把握することが可能となります。

万が一、作業員が転倒などの事故にあった際には、転倒アラート送信してくれるため、深夜作業や一人現場でも迅速な対応が実現できます。

継続して利用しやすいランニングコスト

危機管理システムを導入したいが、毎月のコストが高く、継続して利用するのは難しいと考えている方にこそ、Worker Connectはおすすめです。

Worker Connectは、「初期費用+センサー費用」+「月額料金」+「オプション利用料」で構成されており、ランニングコストを安価に抑えることができます。

多数のデバイスを一括管理することが可能

Worker Connectは、複雑な初期設定は不要で、専用アプリケーションによって作業員の健康状態や多数のデバイスを一括管理することができます。

センサーやアプリケーションなどは、全て設定済みの状態で提供されるため、導入後すぐに利用を開始することが可能です。

導入事例

  • 要問い合わせ

関連する記事