カギカン Qrio株式会社

サービス・製品資料

資料ダウンロードフォームはこちら 資料ダウンロード

資料のダウンロードはこちら(無料)
※DL後、資料掲載社から連絡が来る場合があります。

料金案内等

初期費用

0円

月額料金

4,500円〜

無料お試し

要問い合わせ

契約期間

1ヶ月単位

運営企業

Qrio株式会社
  • 資本金

    1億円

  • 従業員規模

    -

  • 設立年月

    2014年12月12日

  • 代表者名

    後藤 郁磨

サービス詳細

手軽に入退室管理を強化

カギカンとは、Qrio株式会社が運営する入退室管理システムです。

初期費用不要で導入でき、専用工事も不要なため、手軽に入退室管理を強化することができます。

従来の物理的な鍵管理から解放され、手元のスマホやタブレットから簡単に解錠・施錠が実現できるという点から多くの企業で導入されています。

合カギ作成も管理画面から可能で、オフィスや店舗、施設のカギ管理の効率化、セキュリティを強化することができるサービスです。

カギカンが選ばれる理由

合カギが即時発行できる

通常の鍵管理は、メンバーが増える度、部屋が増える度に合鍵を作成する手間が発生します。鍵の作成には時間がかかるだけでなくコストもかかるのでその負担は小さなものとは言えません。

カギカンであれば、管理画面から簡単にカギを発行することができます。発行だけでなく削除もすぐにできるので管理リスクが非常に低くなります。

合カギの発行・削除が簡単にできるのでコストカットにもつながります。

普段から利用しているスマホをそのままカギとして使うことができるので、導入も簡単です。

入退室を一元管理

カギカンでは、管理コンソールによって、解錠・施錠の履歴が記録されるのでセキュリティ管理の向上が実現することができ、履歴をダウンロードすることも可能なのでセキュリティの見直しに役立てることにもつながります。複数のドアの一元管理も可能です。

作成したカギには有効期限を設定することもでき、時間や曜日などの制限をつけることでシフトに合わせた利用をも可能にします。

リモートでの解錠・施錠ができるようになるので鍵の管理者がわざわざ早朝に出社しなくてはいけない手間からも解放されます。

工事不要で設置できる

カギカンは、既存のサムターン式ドアに後付けで設置することができます。

高額の費用が発生する専用工事は不要で、初期費用がかからず導入できるため、非常に導入しやすいサービスとなっています。

合カギを利用する側も、iOSとAndroid端末のスマートフォンがあればカギの施錠ができるので、専用の機器を導入するコストもかかりません。

カギの締め忘れを防止

カギカンでは、スマートロックに付属しているマグネットセンサーによって、ドアの開け閉めを検知、ドアがキチンと閉まったタイミングでのオートロックを実現することが可能です。

物理的なカギでは、カギの締め忘れによる盗難や情報漏洩などのセキュリティリスクが不安材料として常に懸念されますが、カギカンであれば、オートロックや履歴管理によってセキュリティ強化を実現することができます。

導入事例

  • 株式会社カリーグズ
  • 株式会社ストロボライト
  • APRESIA Systems株式会社

関連する記事