RemoteMeeting(リモートミーティング) OrangeOne株式会社

サービス・製品資料

資料ダウンロードフォームはこちら 資料ダウンロード

資料のダウンロードはこちら(無料)
※DL後、資料掲載社から連絡が来る場合があります。

料金案内等

初期費用

0円〜

ベーシック課金

29円/分

定額制

990円〜

無料お試し

要問い合わせ

運営企業

OrangeOne株式会社
  • 資本金

    1億3760万円

  • 従業員規模

    33名

  • 設立年月

    2006年11月

  • 代表者名

    春日原 森

サービス詳細

時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を

RemoteMeetingは、OrangeOne株式会社が販売しているクラウド型のWeb会議サービスです。

時間や場所を選ばず、簡単な操作ですぐにWeb会議をスタートできる利便性の高さが好評で、効果的なWeb会議に役立つ機能が豊富に搭載されています。

PC(Windows·Mac)はもちろん、iPad、iPhone、Androidとデバイスを選ばず利用することが可能なため、外出先やテレワークなどの在宅勤務での利用にもおすすめです。

RemoteMeetingが選ばれる理由

使いやすいインターフェースを採用

RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。

そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。

Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

RemoteMeetingに登録していないゲストユーザーもビジターとしてWeb会議に招待することができるため、社外の方とのミーティングにも活躍します。

安定した会議を実現

RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。

メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。

画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

利用しやすい料金体系

RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。

Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。

RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

安定したWeb会議を実現

RemoteMeetingでは、RSUPPORTが開発したHybrid MCU AMS(Advanced Media Server)を搭載しているため、効率的な映像音声処理が可能です。

状況に合わせて、2つの方式で動作しているため、10端末以上が参加している会議に低スペックのモバイル端末で参加した場合でも、安定したWeb会議を行うことができます。

導入事例

  • 要問い合わせ

関連する記事