Remote Testingの料金・評判・機能・事例について

    新型コロナウイルスの脅威は、あらゆる業界に影響を与えており、営業ができなくなった飲食店や客足が激減したホテル業界などが例として取り上げられる機会が増えています。

    そして、コロナ禍により営業が困難になったのは、資格試験や検定試験・研修試験などを行う団体においても例外ではありません。

    1つの会場に集合しての試験実施が困難となった今、オンライン試験の需要が高まっています。

    Remote Testingは、AI検知などによって厳格なオンライン試験が実現できるサービスとして、近年多くの団体から導入されているサービスです。

    本記事では、Remote Testingの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Remote Testingとは

    Remote Testingとは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営しているオンラインテストを、より厳格なものとするリモート監視サービスです。

    Webカメラでの本人確認や、リモートでの監視・試験状況の録画が可能で、録画された動画をAIが自動で解析して、不正と思われる挙動を検知することもできるため、オンラインテストでは不可能と言われていた「厳正厳格な試験の実施」が実現できます。

    また、申込受付の対応や他システムとの連携など、利用用途に合わせた柔軟な対応が可能な点も特徴的です。

    Remote Testingの実績

    Remote TestingAI検知精度は、業界No.1という実績があり、大手英語試験のオンラインテストにAI監視サービスが利用されたり、その他にも多くの団体での導入実績があります。

    Remote Testingのおすすめポイント

    厳正厳格なオンライン試験の実施が可能

    Remote Testingでは、Webカメラ・マイクによって、試験の開始から終了までを録音、録画、不正行為を抑止することができます。

    リアル会場での試験実施と違い、オンラインでの試験運営は、不正を取り締まることが難しいと言われてきましたが、Remote Testingであれば、不正を抑止して厳格なオンライン試験を行うことが可能です。

    また、AIで公的な身分証明書と受験者本人の認証を行なって、録画データから不正行為の嫌疑があるシーンをピックアップすることもできるため、オンラインでも通常の試験会場での運営と変わらぬ厳正さを保つことができます。

    試験形態に合わせた運用ができる

    Remote Testingは、紙での試験と同様に一斉実施ができ、時間・日程を問わない随時実施にも対応しています。

    また、テストセンターによる試験、団体試験と併用することもできるため、柔軟な運用を実現します。

    新型コロナウイルスによって会場を抑えての試験が難しくなったという場合でも、手軽にオンライン試験や団体試験などを柔軟に組み合わせて運用できるようになります。

    豊富な実績で安心感がある

    Remote Testingを運営しているイー・コミュニケーションズは、2000年の創業以来、1,500団体でのオンライン試験実施実績があります。

    豊富な導入実績から得たノウハウを活用して常に安定的・効率的なシステムを提供しているため安心です。

    オンライン試験は、Windows・Mac OSどちらでも利用できるため、受験者のデバイスを制限することがないだけでなく、Wi-Fiレベルで動作するため、スムーズな試験を可能とします。

    低コストでサービスをご提供

    Remote Testingの料金体系は、従量課金制となっているため、受験者数に応じたコストのみで運用できるというコストパフォーマンスの良さが魅力的です。

    さらに、コミットに応じたボリュームディスカウントもできるため、大規模な利用にも適しています。

    Remote Testingの導入メリット

    会場に依存しない試験が実現できるように

    オンライン試験を導入すれば、受験会場まで足を運ばずとも、受験者の自宅や指定の施設で簡単に受験できるようになるため、新型コロナウイルスの感染リスクや、受験者の数が一定数に満たないことによる会場キャンセルのリスクなどを回避することが可能となります。

    特に、昨今ではコロナ禍によって試験会場の席数が大きく縮小してることもあり、なかなか予約ができないケースも増えています。

    オンライン試験であれば、会場を予約する必要がないため、安定した運営を実現できるだけでなく、受験者の機会損失を防ぐこともできます。

    事業の継続性維持が可能に

    コロナ禍によって予定していた試験会場が利用できなくなり、延期や中止を余儀無くされたというケースが増えています。

    オンライン試験であれば、会場を予約する必要がなく、ロケーションを問わずに利用できるため、これらのリスクを最小限に抑えることができます。

    万が一、試験の実施が難しくなったという場合でも、システムから簡単に設定を変更して日程の調整ができるため、安定した事業の維持が可能となります。

    コスト削減につながる

    Remote Testingは、受験者数に応じた従量課金制となっています。

    受験者数に比例してコストが発生するため、受験料を収入ベースとした採算管理が可能となるだけでなく、会場試験の時には発生していた「会場費」、「人件費」、「印刷費」、「交通費」などをカットできるため、利益率の向上につながります。

    Remote Testingの主要な機能

    受験機能

    • 本人認証:監視員・AIによる自動認証が可能
    • オンラインでの不正監視・通知:リアルタイムに受験者を監視し、不正があった場合は警告、通知
    • 事前動作環境チェック:チェックページで受験者の端末や環境が推奨環境下にあるか確認
    • 会場型CBT、IBT連携:会場型CBT(J-Testing)や、IBTシステム「MASTER CBT PLUS」と連携してシームレスなログインを可能に

    管理機能

    • 認証・監視、状況確認:本人認証時の監視員による認証状況の履歴確認、不正監視情報の閲覧が可能
    • AIによる解析:録画した受験中の映像をAIエンジンで解析し、点数化
    • 受験中動画の閲覧・出力:監視員・AI解析で不正の疑いがある場面を取り出しストリーミング再生
    • 合否の修正:本人認証、受験中の様子を解析した不正情報により、試験後に合否の修正を行うことが可能

    Remote Testingの料金·価格

    Remote Testingの料金は、非公開となっており、詳細な料金については、お問い合わせが必要となります。

    サービスの詳細については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    Remote Testingの導入事例

    受験者の機会損失を防ぎ、安定した運用ができました

    “テストセンターによる試験を実施していましたが、遠方から試験会場に行く場合、自然災害や交通機関の乱れから、試験会場に行けない受験者が存在しました。受験機会の損失を防ぐため、RemoteTestingAIアナリストの導入を検討。さらに、コロナ禍によって会場へ行くことができない受験者が増えたため、オンライン試験+AI監視を導入したのですが、複数のシステムを利用することなく、一気通貫したサービスを採用することにより、受験機会の損失も軽減し、受験時のトラブルを削減、主催者側の運用負荷も大きく軽減することができたため、導入して本当によかったです。”(金融系試験運営団体)

    受験者数が増加しました

    “以前は紙試験による一斉実施を行なっていましたが、規模が大きくなかったため、会場数も限られており、潜在的な受験者の獲得ができていない状況でした。コロナ禍で会場確保が難しくなったこともあり、オンライン試験に移行し、試験形式も随時実施形式へ変更した結果、安定した試験の実施はもちろん、潜在的な受験者の掘り起こしも実現できました。受験者数が増加したことで、試験自体の認知度も向上して助かっています。”(匿名希望)

    Remote Testingの詳細について

    Remote Testingについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    オンライン試験の実施においては、コスト面や不正監視の観点からなかなか集合型試験から移行できないというケースも少なくはありません。

    Remote Testingであれば、有人による監視、AIによる解析で不正を抑止し、導入実績も豊富なため、初めて利用するという方にもおすすめです。

    Remote Testingのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    Remote Testing
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【eラーニング】

        オンライン研修×自己啓発学習を実現: Schoo

        (4.5)

        月額料金1,500円/ID無料お試しデモアカウント発行可能
        初期費用要問い合わせ導入会社2000社以上

        参加型の生放送授業と、4,600授業以上の動画教材で「仕事に活きる」知識・スキル・考え方を学べるサービス。どのデバイスからでも視聴でき、録画授業も見られるので、隙間時間でも学びやすいです。

        豊富な研修パッケージ

        Schoo for Businessで提供している研修パッケージは、実に100種類以上。 新入社員や中堅社員、管理職など、階層ごとに豊富な研修カリキュラムが用意されているため、社員一人ひとりにあった研修を行うことができます。 さらに、Schooには「視聴履歴の管理」、「オリジナル研修の作成」、「レポート提出機能」といった独自の受講管理機能が搭載されているため、学習効果の確認はもちろん、専門的な部門でもオンライン研修が可能という特徴があります。

        学習意欲を刺激するコンテンツを提供

        Schooの提供する授業は、ビジネス·ITスキルから働き方、健康、経済といった非常に幅広い分野をカバーしています。 ビジネススキル系:322種類 思考·自己啓発:289種類 OAスキル系:47種類 プログラミング:153種類 マネジメント:101種類 SE·エンジニア:156種類 上記以外にも豊富なカテゴリが用意されており、授業は365日更新されるため、常に最新のビジネストレンドを社員自ら学習することができます。 6,200以上もの動画が見放題で、スマートフォンやタブレットからでも視聴することができるため、テレワークを採用している企業はもちろん、移動中など空き時間を利用しての学習が可能です。

        双方向での学びが実現できる

        Schooのオンライン研修は、2種類の双方向での学びを実現させます。 毎日配信している生放送の授業では、講師と受講生代表、ユーザーの三者でコミュニケーションをとりながら進めることができるため、受け身な姿勢から導入企業の社員自ら学ぶという意識変革が期待できます。

        社員教育の体制を構築: ハビスク

        (4.5)

        月額料金19,800円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        「社長が社員に学んで欲しいと思うコンテンツ」が用意されて、週1本5分~10分の動画+ワークの問いとして届きますので、手軽に社員教育の体制を構築することができます。

        手間をかけずに社員教育を実現

        ハビスクを導入すると、毎週短い動画型の教材メールが届くため、人事や経営層の方は、特別な手間をかけずに「社員に学ばせたいこと」を学ばせることが可能です。 よく動画教材の見放題サービスは、数百~数千タイトルの動画ラインナップが売りになっています。豊富にある動画ライブラリーは学習意欲が高い社員が自分で学びたいタイトルを選べる点は素晴らしいものです。 ハビスクでは、「社長が全社員に伝えたい内容」ということで厳選したコンテンツが、毎週木曜日に「課題動画」、「動画の視聴ポイントを説明したサマリー」、「内容の解説文」、「学びを深めるセルフワークのお題」、「実践に落とし込むワークショップのお題」がメールで届けられるため、動画を選定する手間などが一切かからず、全社員教育体制を構築できます。

        本物のコンテンツを提供

        ハビスクでは、運営元である社員研修会社ジェイックが1日50万円〜60万円の費用を頂戴して研修を実施している教育プログラム『7つの習慣®』、『原田メソッド®』、『ドラッカー経営』、『仕事の基礎の基礎』、『営業の真実』などを動画化して提供しています。 それぞれのコンテンツでは主体性や目標達成、部下育成、時間管理、感謝、気配りなどといった、社長が社員に学ばせたいことを非常にわかりやすく教えてくれます。 例えば『7つの習慣®』では、「主体的になる」ということがどういうことなのか、主体的になることにどんなメリットがあるのかなどを、わかりやすく教えてくれるため、社員自らが主体的になろうという気持ちにさせることが可能です。

        低コストでの運用が可能

        外部のコンサルティングであれば月間数十万円、講師を招いての集合型研修などであれば1日数十万円が相場であり、なかなか実施や継続は難しいものです。 また、一般的なe-learningのサービスは、社員毎の学習管理などが出来ますが、社員1名あたり月間1,000円前後の価格であるサービスが大半です。 一方で、ハビスクは社員毎の学習管理などの機能を提供しない代わり、圧倒的な低価格を実現。社員数100名以下であれば、月額19,800円の定額で利用でき低コストで学習環境を構築することができます。

        オンラインテストを厳格化: Remote Testing

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Webカメラでの本人確認や、リモートでの監視・試験状況の録画が可能で、録画された動画をAIが自動で解析して、不正と思われる挙動を検知することもできるため、オンラインテストでは不可能と言われていた「厳正厳格な試験の実施」が実現できます。

        厳正厳格なオンライン試験の実施が可能

        Remote Testingでは、Webカメラ・マイクによって、試験の開始から終了までを録音、録画、不正行為を抑止することができます。 リアル会場での試験実施と違い、オンラインでの試験運営は、不正を取り締まることが難しいと言われてきましたが、Remote Testingであれば、不正を抑止して厳格なオンライン試験を行うことが可能です。 また、AIで公的な身分証明書と受験者本人の認証を行なって、録画データから不正行為の嫌疑があるシーンをピックアップすることもできるため、オンラインでも通常の試験会場での運営と変わらぬ厳正さを保つことができます。

        試験形態に合わせた運用ができる

        Remote Testingは、紙での試験と同様に一斉実施ができ、時間・日程を問わない随時実施にも対応しています。 また、テストセンターによる試験、団体試験と併用することもできるため、柔軟な運用を実現します。 新型コロナウイルスによって会場を抑えての試験が難しくなったという場合でも、手軽にオンライン試験や団体試験などを柔軟に組み合わせて運用できるようになります。

        豊富な実績で安心感がある

        Remote Testingを運営しているイー・コミュニケーションズは、2000年の創業以来、1,500団体でのオンライン試験実施実績があります。 豊富な導入実績から得たノウハウを活用して常に安定的・効率的なシステムを提供しているため安心です。 オンライン試験は、Windows・Mac OSどちらでも利用できるため、受験者のデバイスを制限することがないだけでなく、Wi-Fiレベルで動作するため、スムーズな試験を可能とします。

        多様な試験方式を実現: MASTER CBT PLUS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        紙の試験からCBT(Computer Based Testing)へ容易に移行することができるサービスで、紙の試験では実施することが難しかった音声や動画を用いての出題など、多様な試験方式が可能となります。

        デバイスを選ばず受験できる

        MASTER CBT PLUSで配信するオンライン試験は、PCはもちろん、タブレット、スマートフォンなど、多様な端末に対応しているため、「受験者側の端末が対応していないために受験することができない」といったトラブルが起こることもありません。 ブラウザとインターネット環境さえあれば利用でき、専用アプリのインストールは不要なため、非常に導入しやすいサービスと言えます。

        耐障害性に優れている

        オンライン試験において懸念されるのが、受験中にデバイスが故障したり電源が切れてしまったりすることによって起こるトラブルです。 通常であれば試験の継続が不可能となってしまうようなケースでも、MASTER CBT PLUSであれば再開することができます。 この耐障害性に優れたプラットフォームであることが、MASTER CBT PLUSの大きな特徴なのです。

        様々な出題形式が可能に

        紙の試験では、予め作成した問題をそのまま出題することしかできませんでした。 CBTへ移行することで、「100問の問題プールからランダムに90問を出題」、「受験者によって問題や解答選択肢の並び順を変更」といった様々な出題形式を、試験単位で設定できるようになり、柔軟な試験運営を実現します。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載
      最新記事