ライブコマースとは?具体的な仕組みや活用事例もご紹介

最終更新日 

ECサイトにおける新しい手法として「ライブコマース」という言葉が聞かれるようになりました。

新型コロナウイルスの影響もあり急激に注目されるようになったライブコマースという手法ですがまだ詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事ではライブコマースについて、基本的な意味やライブコマースの活用事例、導入するメリット、デメリットなどを紹介しますので参考にしてください。

ライブコマースって何?

ライブコマースとは、インターネットを利用してSNSなどでライブ配信を行い、商品の紹介•販売を行う手法のことを指します。

ライブ配信なので配信者と視聴者がコミュニケーションを取りながら販売ができ、商品が気になった視聴者はECサイトで商品を購入するという流れになります。

いわゆるテレビショッピングと似ていると感じた方も多いと思いますが。ライブコマースはテキストや写真だけでは伝えられない情報を動画で発信することができるだけでなく、視聴者がチャットなどで気になった点をリアルタイムに質問することができます。

そのため、ECサイトを見ただけではわからない使い方や組み立て方も購入前に確認することができ、気になった部分をズームしてもらうなど柔軟な対応をしてもらうことが可能です。

また、テレビショッピングは放送局の枠を確保したり販売数に応じた成果報酬の支払いなど初期投資が高額になるケースが多いですが、ライブコマースは配信用の機材や通信環境の整備だけで始めることができ、無料で配信できる場合もあります。

日本では2020年の新型コロナウイルスによる影響でリアル店舗での接客が難しくなったことを受けライブコマースを活用する動きが強まりましたが、中国ではすでにライブコマースは定着しており、経産省の調査では2020年時点でインフルエンサー経由のEC市場規模が3,000億円に到達しています。

幅広い業界で取り入れることができるEコマースですが、日本では主にアパレルECでのライブコマース活用が顕著です。

ライブコマースの活用事例

三越伊勢丹の事例

百貨店大手の三越伊勢丹は、国内企業の中でも早期からライブコマースに注目し取り入れています。

お歳暮やお中元の紹介をライブコマースで行い、商品の見た目やこだわりの点をリアルタイムで伝えることで、視聴者は実際に店舗へ行かなくても商品の詳細を知ることができるため実店舗に配置する人員の削減にもつながりました。

ライブコマースによって、ECサイトの売り上げが過去最高になったという代表的な事例です。

資生堂の事例

化粧品メーカーとして有名な資生堂は中国をターゲットにライブコマースを以前から展開していましたが、2020年より国内でもライブコマースの展開を始めました。

ライブコマースで化粧品•コスメの販売を行い、ビューティーコンサルタントと呼ばれる配信者が視聴者との双方向のコミュニケーションを意識した配信を行なっています。

商品の説明だけでなく、化粧品メーカーならではのオンラインカウンセリングなども行なっており顧客とのつながりを深めるためにライブコマースを活用しています。

ライブコマースのメリット

写真やテキストでは伝えられない情報を伝えることができる

ライブコマースは動画配信という特徴を活かし、配信者が実際にその商品を使った感想などを身振り手振りを交えながら説明することができます。

また、アパレル商品であればサイズ感や着心地、実際に着た時のシルエットなどを視覚的に届けることができる点もメリットです。

さらに、ライブコマースでは実際に店舗で働いているスタッフが配信者となることができ、身近で商品を取り扱っている立場だからこそわかる特徴やコーディネート例などを発信することで、顧客の購買意欲を高めやすくなります。

双方向のコミュニケーションがとれる

テレビショッピングではアナウンサーやコメンテーターが一方的に情報を発信することしかできません。

ですがライブコマースでは視聴者がチャットに質問を書き込み、配信者がそれを読みリアルタイムで回答するといったリアルタイムのコミュニケーションが可能となります。

視聴者にとっては気になる点を事前に聞くことができ、販売者側は購入後のミスマッチによる返品を減らすことができるという双方にとってメリットがある点がライブコマースの特徴です。

ECサイトの購入は手軽な代わりに実際に商品を手に取ることができないのでイメージとのギャップが発生しやすく、ショップスタッフに相談することができない点もデメリットでしたがライブコマースはこれらの点を解消してくれます。

インフルエンサーの起用で売り上げアップが見込める

ライブコマースの配信はアナウンサーや店舗スタッフばかりではありません。

多くのフォロワーを抱え、ターゲット層に対して影響力のあるインフルエンサーを起用することで、それまで接点がなかった層や広告がリーチできなかった層に対しても自社製品やブランドを知ってもらうことができるため新規顧客の獲得が期待できます。

VOCを活かすことができる

ライブコマースは配信中に視聴者から寄せられたコメントを残すことができるためVOC(Voice of Customer)、顧客の声を次回の配信や商品開発に活かすことができるようになります。

顧客もわざわざ商品購入後のレビューを書くより手軽にコメントを残すことができるため、データが集めやすいという点もメリットです。

ライブコマースのデメリット

配信トラブルが起きる可能性がある

ライブコマースは生放送が基本となるため、配信中に通信回線の不調による配信中断やカメラトラブル、マイクトラブルなどが起きる可能性があります。

アーカイブとして配信を残す場合はこれらのトラブルも記録として残ってしまうため、配信前の事前テストは念入りに行うべきです。

ライブコマース出演者が話しやすいように台本を作成しておくのも良いでしょう。

事前告知による集客を行う必要がある

ライブコマースは視聴者が集まらなければ効果がありません。

そのため配信日までにプレスリリースやメルマガ配信、SNSによる告知などで集客を行う必要があります。

集客力を高めるためには、ライブコマース時にプレゼント情報やクーポン情報、限定セール情報など配信を視聴した人だけが得られる特典を伝えるなどすると効果的です。

また、ライブコマースを実施する日時を何度か変更してみて視聴者が集まりやすい時間帯を探すのも良いでしょう。

配信者によってマイナス効果がでる場合も

ライブコマースにインフルエンサーを起用するメリットは大きいですが、一方でインフルエンサーの思わぬ失言や振る舞いによって商品やブランドのイメージを損なう場合もあります。

せっかくインフルエンサーを起用しても、インフルエンサー自身が商品の魅力を理解していなかったり視聴者に対して暴言を吐いてしまったりとマイナス要素から視聴者がその企業に不信感を抱いてしまう可能性もあるためインフルエンサーの選定は慎重に行うことをおすすめします。

ライブコマースのやり方もご紹介

ライブコマースはSNSや専用のアプリを利用して簡単に始めることが可能です。

始めるのは簡単ですが、ただ配信を行なっても視聴者は集まらないでしょう。そこで重要になってくるのが事前の集客です。

簡単に視聴者を集めたい場合にはインフルエンサーや芸能人を起用して行うことで、元々の出演者のファンが配信を見てくれます。高い拡散力も期待できますが、当然ながら人気の人を使うほど出演料が高額になる点に注意が必要です。

定期的にライブコマースを行う場合には自社で出演者で用意した方がコストを抑えられますし、より商品の魅力を伝えることができるでしょう。

主なライブコマースツール3選

YouTube

世界中の個人、法人が配信を行い視聴しているYouTubeもライブコマースに活用できます。

2019年からYouTubeでは動画の下部に商品を表示できる広告フォーマットを展開しており、この機能を利用してライブコマースを行うことが可能です。

YouTubeでライブコマースを行うためにはチャンネル登録者数が1,000人以上という規定があるため、配信を行うためにはまずはチャンネル登録者数を増やすことに注力しましょう。

Instagram

写真を投稿していいねやコメントを送るInstagramもライブコマースが可能なプラットフォームです。

元々Instagramは写真や動画などの視覚的なコンテンツに特化しているためライブコマースとの相性が良いサービスでした。

そのため、今ではYouTubeに次ぐライブコマースプラットフォームにまで成長しており、アパレルやコスメなどのライブコマースをインフルエンサーを用いて行う事例が増えています。

LINE LIVE

LINEが無料で提供しているライブ配信アプリがLINE LIVEです。

スマホ1つで始められる手軽さが魅力的で、双方向のコミュニケーションが実現できるためライブコマースへの活用にも適しています。

まとめ

ライブコマースについて基本的な意味や導入するメリットやデメリット、事例などを紹介しました。

ライブコマースはリアル店舗での接客が難しい状態だったコロナ禍を契機に日本でも導入するケースが増えてきましたが、今では販売手法の1つとして確立していると言えるでしょう。

初期投資コストも低いため、実店舗での売り上げはもちろん、ECサイトの売り上げ低迷に悩んでいるという方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載