新しいショッピングのカタチ【VRコマース】とは?仕組みや事例、開発費用や成功のコツについて

最終更新日 

ゲームをプレイしたり、映画を観に行く際などVRという言葉を耳にする機会が増えてきました。

EC業界においても、VコマースやMコマースなどど一緒にVRコマースという言葉も広がりつつあります。

今回はEC業界において注目されているVRコマースについて解説します。VRコマースという言葉は聞いたことがあるけれど、具体的な意味や仕組みについてはわからないという方は是非、本記事を参考にしてください。

VRコマースとは?

VRコマースとは、従来のEコマースとは違いVR技術を活用してより視覚的に商品やサービスなどの取引を行うネットショッピングの新しい手法です。

VRは訳してしまえば仮想現実と言い換えることができ、Head Mounted Display(HMD)と呼ばれるいわゆるゴーグルのような専用機器を装着することで、まるで本当にその場にいるような仮想空間を体験することが可能となります。

私たちの日常で耳にする機会が多いのは、ゲーム業界やアミューズメント業界でしょう。まるで自分がその場にいながら臨場感ある仮想空間でゲームなどをプレイすることができるため、今までにない体験ができると話題になりました。

従来のネットショッピングでは写真や動画などいわゆる平面的な情報でしか商品を閲覧することはできませんでした。

VRコマースではネット上に構築された仮想空間に、まるで実際の店舗のような空間を設置することができ、よりリアルに近い感覚で商品を購入することができるようになります。

VRコマースの特徴

より具体的な商品のイメージを伝えることができる

従来のEコマースは商品の写真や動画、テキストによる商品説明などによって商品の情報·魅力を伝えていました。

VRコマースは、仮想の実店舗を作り出してまるで店員やロボットによる接客を行うことで視覚以外の情報を伝えることができ、視覚以外に聴覚や触覚に訴えることも可能となります。

数字や文字情報だけではわからなかった商品の使用感や部屋に設置したときのイメージも、VR技術を活用すれば想像することが容易となり、どれだけのサイズ感かも把握しやすくなるというメリットがあります。

新規の顧客層を開拓できる

今までのEコマースでは「実際の商品の使用感がわからない」、「購入後のミスマッチが怖い」といった理由で購入を敬遠していた顧客層も、VRコマースであればよりリアル店舗に近い感覚で接客、商品購入を促すことができるため新規の顧客開拓に大きく貢献してくれます。

VRコマースは、見たまま商品の情報を取得することができるため、PCの操作が得意でない高齢者の方やITリテラシーが低い方でも顧客となってくれる可能性を秘めています。オンライン上で接客から購入までが完結するため、場所を選ぶことなくターゲットにアピールできることも特徴の1つです。

VRコマースを導入するメリット

顧客満足度の向上が期待できる

VRコマースはオンライン上に仮想空間を作って実際の店舗のように接客を提供することができます。

Eコマースでは実現できなかったより詳細な商品情報や顧客体験を提供できるため、購入率のアップだけでなく顧客満足度の向上が期待できるというメリットがあります。

宣伝効果も期待できる

VRコマースによってより良い顧客体験が提供できれば、SNSなどで口コミを拡散してもらうことができ宣伝にもつながります。

スマホを利用している人の多くが何かしらのSNSを利用しており、日常の中で良い体験があると報告したくなるものです。

VR技術によってリアル店舗と変わらぬ、それ以上の顧客体験を提供できれば更なる売り上げアップも期待できるでしょう。

精度の高い顧客分析が可能になる

VRコマースを利用した顧客の詳細な情報を取得することができる点もメリットでしょう。

ユーザーが閲覧した商品、どんな情報が購入の決め手になっているのか、離脱した要因は何かなど詳細な情報がわかることで、精度の高い分析が可能となり、より購買率を高めるための改善点や施策を検討しやすくなります。

VRコマースの導入事例

Virtual Reality Department Store

オンラインマーケットとして有名なeBay(イーベイ)はオーストラリアの大手百貨店であるMYER社との連携でVR百貨店「Virtual Reality Department Store」を立ち上げました。これは世界初の試みでした。

VRの仮想空間で商品を閲覧して、eBayのアプリを通して決済を行うことができるようにしたことで従来のECサイトでは提供しきれなかった情報の提供と利便性の向上を実現しています。

専用デバイスを通して閲覧できる商品数は12,500点以上と非常に豊富で、それらを360°の方向から3Dで閲覧することができるため、知りたかった商品の細部まで確認することができます。

IKEA VR Experience

日本にも進出しているスウェーデン発祥の家具量販店のIKEA(イケア)では、2016年に「IKEA VR Experience」と題したVRアプリを提供しています。

このアプリを使用すると、IKEAのキッチンをバーチャル体験することができ、手軽にキッチンの材質、色などを変更することができるためより具体的なイメージを把握することができます。

画像出典:IKEA VR Experienceアプリサイト

Mコマースとの違いについて

VRコマース、Vコマースと並んでよく耳にするワードとして「Mコマース」という言葉が挙げれます。

Mコマースは「Mobile Commerce」の略で、スマートフォン(スマホ)を使用しての商品売買を行うことを意味します。

通常のEコマースはスマートフォンだけでなくPCやタブレットなども対象として幅広い媒体で取引を行うことができますが、Mコマースはモバイル端末にフォーカスして取引を行います。

現在の爆発的なスマートフォンの普及率により、急成長を遂げている分野であり、スマホ上で注文から決済までが手軽に完了できるため、ユーザーにとっての利便性が高いと言えます。

VRコマースの市場規模

テクノロジーリサーチ会社のIDCの調査によれば、VR/ARのグローバル市場における規模は2020年時点でおよそ120億ドル(1兆2,440億円)といわれており、2024年には728億ドル(7兆5,465億円)にまで伸びると予測されています。

新型コロナウイルスの影響により、ネットショッピングの需要が増えたこともありVRコマースにも注目が集まっていると言えます。

今後、5Gの普及に伴い、より大量のデータを高速で通信することができるようになると、VRコマースやライブコマース技術の発展が加速していくと予測されます。

データ出典:IDC公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載