月7万円から使える?侍カートの料金・評判・機能について

最終更新日 

手軽にECサイトやLPを構築するため、ショッピングカートを導入する会社やネットショップも少なくありません。ショッピングカートを導入してECサイトを構築することは、コスト削減につながります。
ですが、市販されているショッピングカートの中から、どれを選んだら良いか迷う人も多いのではないでしょうか。ここでは侍カートについて、特徴や強み、料金プランなどについてご紹介します。

侍カートとは

侍カートとは、株式会社FIDが開発した、ショッピングカートです。定期購入と総合通販に特化したサービスで、システムカスタマイズが可能という特徴を持っています。
また、独自のマーケティングオートメーションツールを提供するなど、ほかのオリジナル性の高いサービスを展開する、ECプラットフォームでもあります。

侍カートの特徴・機能

侍カートにはさまざまな特徴や機能がありますが、中でも特筆すべき点についていくつかご紹介します。

定期購入に関連した作業を効率化

侍カートは、定期購入に必要なメール配信などの受発注業務をネット上で行います。
そのため、人員を最小限に抑えられ、コストパフォーマンスにつながります。

システムカスタマイズができる

侍カートには、「APSプラン」「カスタマイズプラン」「フルスクラッチプラン」の3種類あり、カスタマイズプラン以上になるとシステムのカスタマイズが自由にできるようになります。
カスタマイズプランは、独自機能追加が可能になりますし、フルスクラッチプランになるとさらに自由度が高くなり、システム全体の内容を自分の好みに変えることもできます。

「MOTENASU」で顧客アプローチを強化

侍カートを開発した株式会社FIDは、「MOTENASU」という独自のマーケティングオートメーションツールを持ち、これを侍カートにも導入しています。
MOTENASUは、顧客管理をはじめステップメールを配信したり、フォームの最適化をしたりと顧客へのアプローチを簡単に強化することが可能です。特に定期購入をメインにする場合は、顧客とのつながりが大切になりますが、その際MOTENASUは大活躍します。

侍カートの強み

侍カートは、定期購入を快適に行えるように工夫されている点に強みがあるといえるでしょう。定期購入に特化したECの作成が可能ということは、売上につながりやすい工夫がされているということです。
たとえば、侍カートはユーザーが商品をカートに入れるとその画面上にてお得に商品を紹介する「アップセル」を展開しています。こうしたサービスを自動化することによって売上アップが期待できます。
申し込みフォームが入ったLP機能を利用すると、LPが素早く作成できるため売るタイミングを逃しません。定期購入ECを作成しやすく、スムーズに始められやすいというのも侍カートの強みといえるでしょう。

侍カートの価格・料金プラン

侍カートの「ASPプランは」初期費用10万円・月額費用7万円です。
「カスタマイズプラン」は初期費用15万円・月額費用12万円、「フルスクラッチプラン」は初期費用100万円・月額費用30万円となります。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

侍カートの注意点

侍カートはプランのランクが上になるほどかなり高額になります。
カスタマイズができて自由度は高まりますが、それに見合った売上をキープし続ける必要がありますので導入前は慎重に検討することをおすすめします。

侍カートの口コミ・利用企業からの評判

定期購入の効率化ができました

“ECサイトの構築をはじめ、アクセスや広告の分析など、運営に必要な作業ができてしまったので、大変助かっています。特に定期購入や在庫管理、クーポンの配信などが効率化できたのが素晴らしかったです。”(小売/流通/商社系企業様)

SNSでの評判・口コミ

 

類似サービスとの比較

侍カートに似た定期購入向けのショッピングカートには、「たまごリピート」と「リピスト」があります。
どちらのサービスも、ネット上での定期購入管理やアップセル機能、フォーム一体型LP作成機能を揃え、侍サービスに追いつきつつあるのです。
侍カートは機能のカスタマイズが自由にでき、利用者の好みや都合に合わせた機能を組み合わせることが可能、という強みがありますが、たまごリピートとリピストは複数の定期購入サイクルに合わせたサービスを展開しています。
たとえば毎月品物を配達する、2ヶ月に1度配達するなど、購入サイクルにはさまざまなパターンがあるのです。たまごリピートとリピストは、柔軟に対応しています。侍カートにはその機能がまったくない、というわけではありませんが、ほかの2社と比べると、購入サイクルの設定に柔軟性が見られない部分があるのです。
今後のサービス改善が望まれますが、購入サイクルがシンプルでそれほどこだわる必要がないという場合は、あまり問題にならない点といえます。
コストの面を見ると、侍カートはたまごリピートとリピストよりも割高です。ある程度の売上が見込まれ、より売上を伸ばしたい、という場合に導入を検討すると良いかもしれません。

侍カートで定期購入の効率化を

定期購入に特化した侍カートは、定期購入サイト構築のショッピングカートとしてこれまで多くのサイトづくりに貢献してきました。
定期購入サイトの販売から分析まで、オリジナル性の高い侍カートを利用して、定期購入事業を加速化させることが期待できますのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

画像・データ出典:侍カート公式サイト

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部