SI Web Shoppingの料金·評判·機能について。どんな機能がある?

最終更新日 

SI Web Shoppingとは

SI Web Shoppingは1996年に誕生した日本初のECサイト構築パッケージです。まだインターネットの黎明期ともいえる時代において、いち早くECソリューションの分野に進出したパイオニア的存在ともいえるでしょう。すでに1,100サイトを超える実績を誇っており、豊富な実績とノウハウに裏付けられた充実したサービスを強みとしています。

ネット社会の拡大·成熟によりECサイトを活用したビジネスが活発化していますが、膨大な情報があふれるネットの世界においていかに広くマーケティングできるか、つながることができるかがビジネスを成功へと導くうえでの重要なテーマにもなっています。そこでSI Web Shoppingでは「つながるEC」をコンセプトにECフロントの構築を目指すサービスを手がけています。

SI Web Shoppingの特徴·機能

フロント

特徴·機能は大きくわけて「フロント」と「バック」の2分野に分けることができます。フロントはネットショップのサイトの構築や機能の充実をメインとしたもので、訪問者がいかに快適に商品検索などの機能を利用することができるか、ショッピングを簡単にすることができるか、そしてマーケティングをうまく行っていけるかについての機能が用意されています。

例えばネットショップの基本的な部分で、会員登録やメルマガ会員のシステム、マイページ、さらに商品検索や商品·サービスのカテゴリ、ブランド、タグ設定、商品ごとのレビューなどの機能があります。さらに購入の際に便利なカート·ミニカーと、一括購入、ポイントサービス、ギフトラッピング、各種決済方法の設定なども利用できるのです。

そして、マーケティングの分野ではSEO対策も含まれており、検索エンジンでの上位表示をメインとしつつまずいかに多くの人たちの目に触れることができるか、アクセス数を増やすことができるかを目指した機能が利用できます。

バック

一方「バック」は利用者の目に触れない部分で、サイト運営者が顧客の分析や課題のあぶり出し、サイトの改善などを行う際に役立つ機能が盛り込まれています。

ネットショップの生命線ともいえる在庫管理、顧客獲得の切り札ともなるキャンペーンや特価·割引サービスを開催するための情報管理、そして経営をしっかり行っていくための受注·入金の管理、サービスの質と評判を維持するための出荷·配送管理なども含まれています。

ポイント管理

ポイント制度を導入した際にはポイント管理も可能です。その他には会員メンテナンス、会員の属性管理、メール配信管理、アンケート、情報の分析、ユーザ管理なども可能です。

こうして見てもECサイトを充実させるための機能がじつに幅広く用意されていることが分かります。

SI Web Shoppingの強み

強みは何と言っても、「つながるEC」をコンセプトにした高いカスタマイズ性や各種マーケティングツールとの柔軟な連携にあります。

それぞれの店舗独自の個性や魅力をアピールしつつ、ネット上に広く情報を拡散できるマーケティング環境を築いていく。そのためECモールへの参加やモバイルアプリ、実店舗アプリの連動による活用などが可能です。

サイトをフレームワーク層、ビジネス層、データベース層に分化させる大規模な3層構造、高い拡張性とメンテナンス性を保証するソース·データベース構造の公開なども見逃せないでしょう。

SI Web Shoppingの価格·料金プラン

高いカスタマイズ性やマーケティング環境の構築を強みとしているため、あらかじめ具体的な金額で設定された価格·料金プランは用意されていません。基本的には見積もりを依頼する形で事前に料金を知る形になります。

ただ、それでは漠然としすぎていることもあり、このサービスでは導入するサービスごとに個別に見積もりを依頼する形をとっています。自分が利用したいサービスを絞り込んだうえで問い合わせをすれば、その分正確な料金を事前に知ることができるのです。

その個別の見積もりに対応している分野は「ライセンス」「開発·導入」「インフラ」「デザイン」「セキュリティ」「オプション」の6種類です。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

SI Web Shoppingの注意点

高いカスタマイズ性と充実した機能が魅力なだけに、料金は高めになってしまいます。

積極的にサービスを利用すればするほどマーケティング効果が期待できる一方、費用対効果の問題が出てくるのです。うまくバランスをとったうえでの活用が求められるでしょう。

SI Web Shoppingの口コミ·利用企業からの評判

EC構築のニーズに柔軟に対応できました

“10年以上も前に構築したECサイトだったので機能が不足していたこともあり改修を行うことにしました。SI Web Shoppingはセキュリティなどのベース部分はしっかりとしていながらもクライアントのニーズに柔軟に応えることができるシステムだと感じました。”(株式会社虎の穴様)

類似サービスとの比較

SI Web Shoppingとの類似サービスとしてはecbeingが挙げられます。料金面や特徴で比較してみると以下の通りです。

SI Web Shoppingecbeing
初期費用要問い合わせ要問い合わせ
月額最低費用要問い合わせ要問い合わせ
お試し利用なしなし
特徴オムニチャネルの実現多種多様な業種に対応

料金面の比較としてはどちらも非公開となっているため比較は難しいです。

また、機能面ではオムニチャネルを簡単に実現できることで在庫情報や顧客基盤との柔軟な連携ができるSI Web Shoppingがおすすめです。

SI Web ShoppingでECサイトのさらなる発展を

老舗としてのブランドイメージ、充実した機能があり、ECサイトの運営を本気で行いたい、あるいは売り上げ改善のために抜本的なリニューアルをしたいという店舗に向いているサービスと評価できるでしょう。あとは予算も含めて「どこまで頼むか」がポイントになりそうです。

画像·データ出典:SI Web Shopping公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部