EFOを行う際の最適な手順とは?

更新日:

    EFOを行う際の流れについて

    EFO対策を行う際は以下の流れで行うと良いでしょう。

    離脱原因を洗い出しておく

    EFOを行う場合の効果的な手法としては、分析ツールを使い離脱原因を割り出した上で改善策を検討していくことが一般的です。

    ですが、まずは自社だけで考えられる要因を洗い出しておくことも忘れてはいけません。

    「入力項目は多すぎないか」「フォーム入力にページ遷移が発生していないか」「入力必須項目がわかりにくくないか」「入力ミスによる初期化がされていないか」「半角入力や全角入力などの指定がないか」といった点に注目して課題を洗い出していきましょう。

    洗い出した課題を元に、フォーム項目を削減したり入力アシスト機能などを実装してCVR改善を目指します。

    EFOだけでなく場合によってはLPO(ランディングページ最適化)、SEOなども連携して行うと良いでしょう。

    定量的な計測を行う

    EFOを実施するためには、Webサイト上のフォームでどれだけユーザー離脱が発生しているのかを把握することが重要です。

    サイトの規模にもよりますが、小規模であれば無料ツール、大規模であれば有料ツールも視野にいれた上で計測しましょう。

    対象ページの離脱率を把握した上でEFOを実施して、EFO実施前後の離脱率を定期的に計測することが重要です。

    問題点を見てから改善を行う

    計測ツールを使って数値として課題を把握できるようになったら、ユーザーがどんな部分につまずいてページを離脱しているのかを見た上で改善を行いましょう。

    課題を視覚化するためにはヒートマップツールを導入すると有効です。

    ヒートマップツールはタグを設置したページにおけるユーザーの行動を色によって可視化することができるため、ユーザーがどこで離脱しているのか、どんな項目で止まっていることが多いのかを把握しやすくなります。

    ヒートマップツールは無料で利用できるものもあるため、まずは試してみると良いでしょう。

    実際にフォームを使ってみる

    計測ツールを使って課題を明確化することの他に有効なのが、実際にフォームを使ってみることです。

    意外と盲点なのですが、データにばかり頼って実際に設置したフォームを使っていないという方は多いため、ユーザー目線に立ってフォームを入力してみましょう。

    実際にフォームを使ってみることで、ユーザーがストレスと感じている部分に気づくことができるケースもあります。

    スマホからの流入が多い場合は、実際にスマホから入力してみましょう。

    実際にユーザーがフォーム入力をするであろう環境に近づけることで、今ままで気づくことができなかった改善点を発見できます。

    また、急激にCVRが下がっている場合、フォームに何かトラブルが発生している可能性があるため、まず自身でフォーム入力してみて問題がないかを確かめましょう。

    この製品はEFOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    EFOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【EFO】

        導入フォーム数6,000件の実績: Gyro-n EFO

        (4.5)

        月額料金15,000円〜無料お試しあり
        初期費用0円〜最短導入期間3営業日程度

        専門的な知識やノウハウがなくても、手軽にEFO対策ができるとして多くの企業から導入されており、これまでの導入フォーム数は6,000件を超えています。

        優れた入力支援機能

        ジャイロンEFOには、優れた入力支援機能が搭載されており、その数はなんと20種類。 フォーム入力をしていて、入力し終わった後にミスを指摘されてストレスに感じた方も多いのではないでしょうか。 ジャイロンEFOであれば、フォームに入力しているユーザーに必要事項をリアルタイムで案内してくれるため、途中離脱の原因となるようなストレスを与えずにフォーム入力をしてもらうことが可能です。

        ログ解析機能で弱点を発見

        ジャイロンEFOのログ解析機能は、離脱率が高い必須項目、エラーが発生している項目の上位5つを表示してくれるため、改善すべき施策の優先順位を明確化することができます。 エラーが発生するタイミングや、条件によるログデータによって詳細なフォーム分析を可能とします。

        手軽に導入できる

        EFOツールの導入には専門的な知識やノウハウが必要で、導入のハードルが高いイメージという方も少なくはないでしょう。 ジャイロンEFOは、既存のフォームを変更せずに設定タグを貼るだけの簡単導入が可能です。 テスト環境も装備されているため、しっかりとトライアルしてから運用することができます。 また、専門スタッフがタグ貼り付けのサポートも行ってくれるため安心です。

      • EFO

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載