営業代行を依頼するといくらかかる?料金相場は?

更新日:

営業代行を依頼する際の料金相場

営業代行会社の料金体系は大きく分けて3種類に分類されます。

「固定報酬型」「成果報酬型」「複合型」それぞれの料金相場は下記の通りです。

  • 固定報酬型:営業1人あたり500,000円〜700,000円程度/営業1日あたり25,000円〜35,000円程度
  • 成果報酬型:1アポイントメントあたり15,000円〜75,000円程度/1成約あたり売上の30%〜50%程度
  • 複合型:固定報酬250,000円〜450,000円程度/成果報酬は企業ごとに様々

上記以外に、利用する営業代行会社によっては初期費用が発生する場合もあります。

固定報酬型は、成果に関係なく費用が発生するため、成果を出せるほどに費用対効果が高まります。その反面、成果がでなかったときのマイナスは大きいため、実績がある代行会社を選ぶことが重要です。

成果報酬型の営業代行は、成約数に応じて報酬が発生します。成果報酬型のメリットとしては、成果がない限り料金が発生しないというサービスも多いため、内容に見合った料金で利用することができる点です。デメリットとしては、成果が多くなった場合、固定報酬型よりも報酬が高額になってしまうことがあるため注意しましょう。

固定報酬型、成果報酬型を組み合わせた複合型は、契約期間中に固定報酬と成果報酬が適用され、固定報酬の料金が低めに設定されている点が特徴的です。

しかし、その反面成果報酬が利用する営業代行会社によって異なるためしっかりとした比較検討が必要となります。

営業代行でよくあるトラブル

業務の進捗状況を共有してもらえなかった

営業代行会社に業務をアウトソーシングしてものの、日々の業務報告がなく進捗状況が把握できないことからトラブルに発展するケースがあります。

契約時に業務報告が義務付けられていないことから代行会社側が営業業務以外の負担がかかることを嫌がり、進捗状況を共有してくれない会社は少なくはありません。また、自社の営業ノウハウを共有することを嫌がる代行会社もあるため、契約時に業務報告をしっかりやってもらえるかは確認しておくとよいでしょう。

アポイントの質が悪くトラブルに

特に成果報酬型の営業代行会社を利用した際に見られるトラブルです。

成果報酬型の営業代行では、アポ獲得数が売り上げに直結するため、サービスを誇張して紹介したり強引な勧誘でアポにつなげてしまうケースがあります。

このような方法で獲得されたアポをもとに商談を行なった場合、見込み顧客からの信頼を失ったり自社のイメージダウンになってしまうことがあるため、導入時に実績をしっかりと確認するようにしましょう。

    その他の関連する記事

    これは 営業代行 の製品です。
    営業代行 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【営業代行】

        類似サービス: UKABU

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

        UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

        商談準備にかける時間を短縮

        いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

        商談時の確認漏れを防止

        UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

        想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

        スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

        類似サービス: MAXIM

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        MAXIMとは、株式会社Hパートナーが運営している営業代行サービスです。 大手情報通信サービスを提供する総合商社である光通信グループで、30年以上にわたり培った豊富な営業経験と実績をもとに、営業戦略と実行を支援、課題の解消を実現します。

               

        カスタムメイドの営業支援を実施

        MAXIMは、クライアント企業の要望・商材に合わせて専門コンサルタントが認定パートナー企業を選定、カスタムメイドの営業ソリューションを提案しています。 訪問営業や電話営業など、クライアント指定のリストに対してアプローチを行い、アポイント獲得を実現します。

        豊富な実績を活かしたノウハウ

        MAXIMには、30年以上の営業活動で培った経験や、実績、ノウハウがあります。 その幅広い知見を活かし、商材や業種、企業によって異なるマーケティング課題に対して、営業戦略の立案や新規顧客の開拓、営業リストの作成といった最適な提案を行います。

        類似サービス: Contact DM

        (4.5)

                 
        基本料金0円〜無料お試し要問い合わせ
        リスト費用0円送信単価25円〜

        Contact DMとは、エコノス株式会社が運営しているコンタクトフォーム問合せ代行サービスです。 企業のサイトに設置されているコンタクトフォーム(問合せフォーム)を活用したDM配信を代行してくれるため、自社で1件ずつフォームに入力する手間がかかりません。

               

        手入力配信のため、安心・安全

        プログラムやAIを活用して、自動でフォームへDMを送信するサービスでは、サイトに記載されている「営業お断り」といったNGワードを見落としてしまい、思わぬクレームにつながってしまうことがあります。 Contact DMでは、目視でNGワードの有無を確認し、送信可能なフォームにのみ送信してくれるため、クレーム発生率が非常に低く、安心して任せることができます。

        豊富な送り先を利用できる

        Contact DMは、100万件という豊富なDBを保有しており、その中から導入企業の商材にマッチした営業リストを用意してくれます。 営業リストは、「業種」と「地域」を掛け合わせるだけでなく、「テレワークを実施している企業」など、細かいセグメントで分けることが可能です。

        豊富な送り先を利用できる

        Contact DMは、100万件という豊富なDBを保有しており、その中から導入企業の商材にマッチした営業リストを用意してくれます。 営業リストは、「業種」と「地域」を掛け合わせるだけでなく、「テレワークを実施している企業」など、細かいセグメントで分けることが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載