eKYCを行う目的と今注目されている理由とは?

更新日:

    eKYCとは?

    そもそも、eKYCとはelectronic KYCの略で、KYCとはKnow Your Customerという意味があります。日本語ではそのまま「イー・ケー・ワイ・シー」と呼ぶケースが一般的です。

    KYCという従来からある本人確認手続きを、オンライン上で実現するための仕組みとして誕生しました。

    eKYCは銀行などの金融機関や会員向けのサービス、コンサートのチケット販売などの業界で多く導入されている傾向にあります。

    eKYCを行う目的と注目される理由

    目的

    eKYCが利用されている目的として大きいのが「業務効率化」と「離脱率改善」が挙げられます。

    eKYCサービスを利用することで、従来の本人確認作業よりも短時間で申し込みからサービス提供までを実現することができます。

    窓口対応や郵送で本人確認書類を提出していた作業を、オンライン上で完結できるため、最短で即日には本人確認が完了する場合もあります。

    本人確認作業はeKYCサービス側が行ってくれるため、業務効率化につながります。

    さらに、短時間で本人確認が完了すること、再提出が必要な場合でもすぐに対応できることからユーザーの離脱率改善を目的として導入するケースも増えています。

    eKYCが注目されるようになった背景

    なぜeKYCが注目されるようになったのか、大きな要因としては本人確認が厳格化されたことが挙げられます。

    従来、本人確認は窓口対応や転送不要郵便物を利用して行うことが一般的でしたが、2018年に「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」が改正されたことによってオンラインでの本人確認が認められるようになりました。

    この犯罪収益移転防止法では、金融機関などの特定事業者を対象に本人確認や取引き記録の保存・提出を義務付けていましたが、窓口や郵送での本人確認は時間がかかることや利便性に難があったため、フィンテック企業を中心に改善を希望する声があがり、オンラインでも本人確認ができるように法改正がなされたのです。

    さらに、犯罪収益移転防止法以外の要因として、CtoCサービスなどにおいてもユーザーの詳細把握のために、より手軽に本人確認ができる方法が望まれていたため、eKYCのニーズが高まっています。

    このように、eKYCが登場したのには本人確認の厳格化や業務効率化、セキュリティ強化などによる犯罪防止や不正防止の意図が大きいと言えます。

    この製品はeKYCの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    eKYCの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【eKYC】

        類似サービス: ネクスウェイ本人確認サービス

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低導入期間3ヶ月〜

        ネクスウェイ本人確認サービスは、オンラインで本人確認から書類の目視によるチェック、その他KYC業務に必要な工程をワンストップでサポートしてくれるため、本人確認作業に人員を割くことが難しい方という方にもおすすめです。

        スムーズなオンライン確認を実現

        ネクスウェイの本人確認サービスでは、スマートフォンで撮影した本人確認書類と顔写真だけでスピーディーな本人確認を実現します。

        チェック業務をアウトソーシングできる

        ネクスウェイ本人確認サービスでは、これらの業務をアウトソーシングすることができ、BPOセンターの専任スタッフが犯収法に準拠したフローで、eKYC後の本人確認業務を代行してくれます。

        eKYCに対応できない顧客もフォロー

        「本人確認・発送追跡サービス」を利用することで、セキュリティに配慮した迅速な本人確認書類の郵送を可能とし、顧客との取引開始までにかかる時間を短縮させることができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載