eKYCが使われる主な利用シーンとは?

更新日:

    eKYCの利用シーンについて

    オンラインでの銀行口座開設

    従来の窓口での本人確認以外にインターネットを介して本人確認を行うケースが増えています。

    オンラインでの銀行口座開設においても本人確認は当然必要となります。

    従来は口座開設には本人確認書類を提出して転送不要郵便物を受け取る必要があり、これには1週間〜2週間程度の時間を要していました。

    eKYCの導入によって、本人確認作業に要する時間が短縮され、最短で即日口座を開設することも可能となります。

    オンラインでのチケット購入

    コンサートやスポーツ観戦などのチケットが高額で転売されていることが問題として取り上げられることも多くなりましたが、転売対策としてオンラインでのチケット購入時に本人確認を義務付けているサービスが登場しています。

    インターネットでチケットを購入する際の本人確認方法としてeKYCを導入し、入場時の生体認証と組み合わせることで、不正防止につなげることが可能です。

    古物商での本人確認

    古物営業法に定められている通り、古本やCDなどに代表される中古品の買取時には、本人確認を行う必要があります。

    中古品買取の業界においても、インターネットを利用した中古品買取サービスを実装するサービスが増えています。

    送付用のダンボールに商品を詰めて本人確認書類を提出して簡易書留を受け取ることで本人確認が完了していましたが、eKYCを導入することでオンライン上で本人確認が完結するため、短時間での査定が実現できます。また、本人確認書類を郵送するコストをカットすることも可能です。

    シェアリングサービス利用時の本人確認

    車や家電、洋服などをカスタマー向けにレンタルするサービス、シェアリングサービスにおいてeKYCは普及しています。

    以前はシェアリングサービスにおける本人確認方法は、必要書類のアップロード程度というケースが多く、安全性や信頼性の面に不安がありました。

    しかし、市場の拡大に伴い、より厳格な本人確認のニーズが高まったことから、多様な手段で本人確認ができるeKYCを導入するケースが増えるようになっています。

    なりすましといった不正防止や反社対策を実現し、スピーディーな利用を実現できることから、eKYCはシェアリングサービスとの相性は良いのです。

    携帯電話購入時の本人確認

    携帯電話不正利用防止法によって、スマートフォン端末の購入やSIM契約の際には販売店や代理店での購入が必須となっていました。

    ですが、2020年4月にこの法律が改正されたことで、オンラインでの本人確認が可能となり、端末購入や契約がインターネットでも可能になっています。

    オンラインでのスマートフォン購入において、eKYCを導入することで即座に本人確認ができ、短時間での契約や発行が可能となります。

    これはeKYCの製品です。
    eKYCの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【eKYC】

        類似サービス: ネクスウェイ本人確認サービス

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最低導入期間3ヶ月〜

        ネクスウェイ本人確認サービスは、オンラインで本人確認から書類の目視によるチェック、その他KYC業務に必要な工程をワンストップでサポートしてくれるため、本人確認作業に人員を割くことが難しい方という方にもおすすめです。

        スムーズなオンライン確認を実現

        ネクスウェイの本人確認サービスでは、スマートフォンで撮影した本人確認書類と顔写真だけでスピーディーな本人確認を実現します。

        チェック業務をアウトソーシングできる

        ネクスウェイ本人確認サービスでは、これらの業務をアウトソーシングすることができ、BPOセンターの専任スタッフが犯収法に準拠したフローで、eKYC後の本人確認業務を代行してくれます。

        eKYCに対応できない顧客もフォロー

        「本人確認・発送追跡サービス」を利用することで、セキュリティに配慮した迅速な本人確認書類の郵送を可能とし、顧客との取引開始までにかかる時間を短縮させることができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載