eKYCサービスの本人確認方法

更新日:

eKYCサービスの本人確認方法は

「本人確認書類の写真」と「本人の顔写真」による照合

eKYCサービスにおいて、本人確認方法として運転免許証などの写真付き身分証明書と本人の顔写真とを照合する方法があります。

本人の顔写真は正面からだけでなく側面などからも撮影しておくと、より正確なチェックが可能です。

送信された情報をもとにeKYCサービス側でAIや人の目でチェックを行います。

「本人確認書類のICチップ読み取り」と「本人の顔写真」による照合

2番目の本人確認方法としては、本人確認書類のICチップをスマートフォンなどで読み取って本人写真と照合する方法です。

ICチップは書類を撮影する方式と比べて正確な情報が送信できる点が優れていますが暗唱番号を入力する必要があります。

こちらも本人の顔写真は複数の角度から撮影しておくと良いでしょう。

「本人確認書類の写真」と「銀行への顧客情報確認」の照合

3番目の本人確認方法としては、本人確認書類の写真と銀行への顧客情報確認が挙げられます。

銀行への顧客情報確認とは、すでに本人確認済みの金融機関の口座を銀行APIを利用することで認証する方法のことです。

ただし、金融機関が銀行APIを公開していない場合はこの方法は利用できません。口座と書類の情報を照合するだけなので手間が少なく他の方法に比べて判断しやすい点が特徴的です。

「本人確認書類の画像/ICチップ読み取り」と「銀行口座への小額振込」と「振込結果画像」による照合

「本人確認書類の画像/ICチップ読み取り」と「銀行口座への小額振込」と「振込結果画像」では、運転免許証などの写真付き本人確認書類かICチップ情報と本人確認の預貯金口座に少額の金銭を振り込み、振り込み結果の画像を送付することで本人確認を行います。

ただし、前提として顧客本人の預金口座に対して銀行から本人特定事項の確認を受けている必要があります。

これは eKYC の製品です。
eKYC の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【eKYC】

      類似サービス: ネクスウェイ本人確認サービス

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最低導入期間3ヶ月〜

      ネクスウェイ本人確認サービスは、オンラインで本人確認から書類の目視によるチェック、その他KYC業務に必要な工程をワンストップでサポートしてくれるため、本人確認作業に人員を割くことが難しい方という方にもおすすめです。

      スムーズなオンライン確認を実現

      ネクスウェイの本人確認サービスでは、スマートフォンで撮影した本人確認書類と顔写真だけでスピーディーな本人確認を実現します。

      チェック業務をアウトソーシングできる

      ネクスウェイ本人確認サービスでは、これらの業務をアウトソーシングすることができ、BPOセンターの専任スタッフが犯収法に準拠したフローで、eKYC後の本人確認業務を代行してくれます。

      eKYCに対応できない顧客もフォロー

      「本人確認・発送追跡サービス」を利用することで、セキュリティに配慮した迅速な本人確認書類の郵送を可能とし、顧客との取引開始までにかかる時間を短縮させることができます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載