LIQUID eKYCの料金・評判・口コミについて

更新日:

    ネット決済における本人確認業務の効率化にはeKYCサービスの導入がおすすめです。

    今回紹介するLIQUID eKYCはAI審査で手軽に本人確認を実現することができるとして注目されています。

    本記事ではLIQUID eKYCの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    LIQUID eKYCとは

    LIQUID eKYCとは株式会社Liquidが運営しているeKYCサービスです。

    AI審査によって本人確認業務を自動化することができ、エンドユーザーの離脱を防止して安全かつスピーディーな本人確認を低コストで実現することができます。

    専門知識は要らず、申し込みフォームにタグを設置するだけなので短期間で導入できる点も魅力的です。

    LIQUID eKYCの機能·特徴

    簡単操作でユーザー離脱を防止

    LIQUID eKYCは直感的でわかりやすいUIで設計されており、AI技術を活用したエラーメッセージ等でエンドユーザーの離脱を防止します。

    そのユーザー離脱率は3.0%以下を実現しています。ユーザー離脱率を低下させることでコンバージョン率の向上にもつながります。

    国内唯一の本人確認業務を無人化するAI審査機能を搭載

    LIQUID eKYCは国内で唯一AI審査機能を搭載しています。

    申請情報と本人確認書類の照合、本人確認書類の有効期限チェック、などを自動化して本人確認業務の無人化を実現することができます。

    画像処理技術を研究開発

    LIQUID eKYCではコアとなる画像処理技術の研究を行う専門のチームを設置しています。

    顔の偽造判定力向上、撮影画像の品質判定精度向上などに日々取り組んでいるため、長く使うほどに利便性も向上していきます。

    AIによる写真の真偽判定を行う真贋技術は特許出願済みです。

    LIQUID eKYCの料金·価格

    LIQUID eKYCでは2つの料金プランを提供しています。

    • ベーシックプラン:初期費用50,000円/月額基本料30,000円
    • カスタムプラン:初期費用500,000円〜/月額基本料50,000円〜

    ベーシックプランは法的義務のない本人確認や学割、シニア割、成人判定などを行いたい方におすすめです。

    法的義務の生じるより厳格な本人確認を行いたい場合はカスタムプランを利用すると良いでしょう。

    それぞれのプランにおいて利用料金が発生します。

    ベーシックプランはおよそ1週間程度で導入することが可能です。

    2022年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    LIQUID eKYCでは、無料トライアルについて明記がないためお問い合わせが必要となります。

    LIQUID eKYCの導入事例·評判

    ユーザーの利用環境を向上できました

    “LIQUID eKYCは最短1週間程度で導入ができる手軽さが導入の決め手になりました。以前は対面か郵送でSIMカードを受け渡す必要がありましたがLIQUID eKYCとeSIMと組み合わせることで短期間でサービス利用を開始できるようになったのは助かっています。”(匿名希望 通信業)

    セキュリティの向上を実現

    “従来は郵送物を受け取る必要があり、これが手間となっていましたがeKYCサービスを導入したことで最短即日で口座開設が可能になりました。LIQUID eKYCは犯罪収益移転防止法の要件を満たしており、継続的顧客管理や住所・パスワードの変更における本人確認水準にも対応しているため、ユーザーのセキュリティ向上につながっています。”(匿名希望 金融業)

    類似サービスとの比較

    LIQUID eKYCの類似サービスとしては、TRUSTDOCKなどが挙げられます。

    TRUSTDOCKは本人確認手続きをオンライン上で完結することができるeKYCサービスで、金融機関を始めとした様々な業界から導入されている実績があります。

    サービス継続利用率90%以上と確かなサービス品質で、本人確認業務のアウトソーシング化も可能です。

    本人確認業務にあてる人材が不足しているという企業にもおすすめのサービスと言えるでしょう。

    LIQUID eKYCで本人確認業務の効率化を

    LIQUID eKYCについてご紹介させていただきました。

    • AIで本人確認業務を自動化
    • 高い導入実績
    • 日々利便性を向上

    上記の点から、初めてeKYCサービスを利用するという方はもちろん、本人確認業務に割く人手が不足しているという企業にもおすすめといえます。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:LIQUID eKYC公式サイト

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載