設備保全管理システムのおすすめ7選を比較【2024年版】

更新日:

設備保全管理システムとは

設備保全管理システムとは、日々の設備点検・部品の在庫管理・保全計画の策定・進捗管理など、一連の保全管理業務をサポートするシステムのことです。

CMMS(Computerised Maintenance Management System)とも呼ばれており、設備を適切に管理するべく、設備がどのような状況にあるのかをチェックし、それらの可視化に役立てることができます。

設備保全管理システムを利用するメリット

稼働状況を可視化できる

設備保全管理システムは、機械設備の稼働状態をリアルタイムで可視化することが可能です。

機械設備にセンサーを取り付けることにより、PC・タブレット等のディスプレイでモニタリングができるようになり、作業者の点検負担を軽減することができます。

スムーズなメンテナンス計画が建てられる

設備保全管理システムを活用する上で、予知保全の実現に貢献してくれる点も大きなメリットです。

それに伴い、データ収集に基づいたメンテナンス計画を立てることが可能になります。

データを分析することで故障設備の傾向、メンテナンスを十分に施す必要がある設備の具合をしっかりと可視化できるようなるため、未然にトラブル防止策、メンテナンス計画の立案ができるようになります。

メンテナンスの優先度を把握できれば、保全に関するコストを抑えることにも役立つでしょう。

長寿命化と持続可能性が叶う

設備保全管理システムを導入すれば、設備の長寿命化と持続可能性の向上も見込めます。

定期的な点検や適切なメンテナンスを施すことで、設備の劣化状況を早期に察知できるようになるのです。

設備の寿命を延ばすことができれば、結果としてコストの削減と資源の効率的な活用につなげることができます。

設備保全管理システムのおすすめサービス7選

MONiPLAT

特徴

MONiPLATとは、株式会社バルカーが運営している設備点検プラットフォームです。

定期点検・設備状態の遠隔監視を一元管理でき、現場の点検作業や、点検報告書の承認・申請をスマホアプリから手軽に行うことができます。

設備と通知先を設定し、定期点検日・状態異常をメールで通知してくれるのも嬉しいポイントです。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:15,000円〜

※2024年2月現在

サクミル

特徴

サクミルとは、建設業の情報管理効率化に優れたクラウドシステムです。

顧客管理機能・案件進捗管理が搭載されており、顧客情報、案件の状態、スケジュールをクラウド上で簡単に共有・確認することができます。

スマホやタブレットなど、マルチデバイスで利用することができる点も人気の秘訣です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:4,000円(30アカウント分を含む)

※2024年2月現在

Impulse

特徴

Impulseは、機械や設備の設備保全管理システムです。

故障予兆・稼働監視を最新のAI技術を使って、自動化・高度化し、製造‧⽣産現場向けの異常検知に役立てることができ、生産現場の保全活動の自動化・高度化を実現します。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※2024年2月現在

MENTENA

特徴

MENTENAは、これまで紙・エクセルなどで管理していた設備保全業務の情報を、デジタルデータとしてしっかりと管理できるようになるシステムです。

八千代エンジニヤリング株式会社が提供しており、高品質な設備保全管理システムとして高い評価を獲得しています。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:3,666円~

※2024年2月現在

eServ

特徴

eServは、時間基準保全・データやセンサを活用した、状態基準保全などに対応可能な設備保全管理システムです。

過剰保全を抑制し、予防保全周期の適正化が可能となり、経営・管理に必要な情報の可視化が叶います。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※2024年2月現在

eMaint CMMS

特徴

eMaint CMMSは、ワークフローの自動化・資産データのトラッキング・予知保全を実現してくれる設備保全管理システムです。

複数の現場での作業指示や、保守作業のスケジューリングなどを実行でき、リアルタイムで実用的な情報を提供することができます。

タスクを自動化し、効率の向上が見込めます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:$69〜

※2024年2月現在

SmartFAM

特徴

SmartFAMは、製造業やビル施設などの業種において、在庫管理・設備管理などをアシストしてくれる備保全管理システムです。

設備・資産の点検情報・故障情報をしっかりと収集・蓄積・分析することで、突発停止の防止、長寿命化のための立案などをしっかりとサポートしてくれます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※2024年2月現在

まとめ

以上、設備保全管理システムについて解説いたしました。

これらのシステムを活用することで、設備の稼働状況を可視化できるようにすれば、スムーズなメンテナンス計画の立案や、長寿命化が叶います。

設備保全管理システムの導入を検討している企業の方はぜひ、この記事を参考になさってください。

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載