mcframeの料金·評判·機能について

更新日:

    製造業などにおいては、在庫管理や品質管理、生産ラインの確認など部門ごとに業務が分かれ管理が煩雑化してしまうケースがあります。

    今回紹介するmcframeは、製造業における課題解決を実現できるERPサービスとして注目されています。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    mcframeとは

    mcframeとはビジネスエンジニアリング株式会社が運営しているERPシステムです。

    生産/原価/在庫/販売領域だけでなく設計と製造のシームレスなプロセス連携が可能なことから幅広い業務の効率化を実現することができます。

    mcframeの機能·特徴

    日本の製造業での豊富な導入実績がある

    mcframeは電子部品や精密機器、医療機器などの組立加工系や医薬品、化粧品などのプロセス系、販社·通販などの流通系などの幅広い業種での導入実績があります。

    それぞれの業界での導入実績があるため、業界に特化した課題にも柔軟に対応することが可能です。

    海外展開にも対応可能

    mcframeは多言語·多通貨に対応しており、世界17カ国の2,000サイト以上で導入されています。

    また、海外拠点やパートナーによるサポートも提供しているため、海外での利用にもその利便性が十分に発揮されます。

    mcframeの料金·価格

    mcframeの料金は公式サイトより問い合わせる必要があります。

    2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    mcframeでは、トライアルについて明記がないため問い合わせる必要があります。

    mcframeの導入事例·評判

    稼働率の見える化を実現

    “測定機器の稼働率を可視化するためにmcframeを導入しました。データの見える化が可能になったことで工場業務のスマート化が可能になっただけでなく顧客に対してより良い提案ができる場を創出できるようになりました。”(株式会社ミツトヨ様)

    類似サービスとの比較

    mcframeの類似サービスとしてはEXPLANNER/ZやFutureStageなどが挙げられます。

    EXPLANNER/Zは使いやすい設計で多くの導入実績があるERPシステムです。

    幅広い業務の効率化を実現し法改正などにもアップデートで対応してくれるため利便性が高いシステムと言えます。

    FutureStageは外部システムとの柔軟な連携が魅力的なERPシステムです。

    サポート体制が充実しており、ERPシステムとして25年以上の運用実績があるため、幅広い課題の解決をサポートすることが可能です。

    料金はクラウド型の場合、月額84,750円から導入することができます。

    mcframeで効率的な生産体制の確立を

    mcframeについてご紹介させていただきました。

    • 製造業での豊富な導入実績
    • 海外展開にも対応可能

    上記の点から、製造業であれば幅広い業界で導入することが可能なだけでなく、海外に拠点を持つ企業でも活用できるサービスと言えるでしょう。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:mcframe公式サイト

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載