VAQuestの料金・評判・口コミについて

更新日:

    普段OSSを利用していたり、サービス等を提供していたりする上でシステムにエラー等の障害が発生することがあります。

    コードの編集などは簡単ではなく、原因の解析や復旧には多くの時間がかかってしまいがちであり、場合によってはより複雑なエラーが発生したりするリスクもあります。

    そこでおすすめするのが「VAQuest」です。

    今回は、VAQuestの料金や評判・口コミなどについて詳しく解説していきます。

    VAQuestとは?

    VAQuestとは、OSSを利用したシステムで発生した障害に対し、ソースコードから分析を行い原因を究明します。

    それに対する修正パッチや解決方法を提供し、本質的な解決が可能です。

    また、障害の復旧だけではなくOSS導入後の性能分析や保守サポート、障害の回避に関する提案などソースコードレベルでのサポートサービスを受けることができます。

    具体的なサービスの内容として下記のような項目があります。

    ・ログ解析
    ・簡易性能分析
    ・コア(ダンプ)解析
    ・ソースコード解析
    ・詳細分析
    ・ソースコード調査
    ・障害切り分け
    ・ドキュメント調査
    ・障害回避方法の提案
    ・修正パッチの提供
    ・障害に関する報告会
    ・OSSトレーニング
    ・緊急対応用待機
    ・情報交換会

    VAQuestの特徴

    VAQuestでは対応可能なOSSが多く、一例として以下のようなものがあります。

    ・ DNSサーバ: BIND
    ・ OS: Linux (CentOS, Red Hat, Ubuntu, Scientific Linux)
    ・ 仮想化: KVM, Xen, QEMU, libvirt
    ・ プロキシ: Squid cache
    ・ ネットワーク: Open vSwitch, DPDK, eBPF, Ryu, Calico
    ・ ストレージ: Global File System
    ・ 構成管理ツール: Ansible, Chef
    ・ 仮想化管理ツール: oVirt
    ・ Webサーバ: Apache HTTP Server
    ・ クラウド基盤: OpenStack
    ・ リモートアクセス: Samba
    ・ HAクラスタリング: PaceMaker
    ・ コンテナ: Kubernetes, Docker
    ・ その他OSS: OpenLDAP, Postfix, 他

    VAQuestはLinuxカーネルの開発から始まり、仮想化技術やIaaS基盤関連やコンテナ関連のOSSの技術開発・支援などへとサービスを展開してきています。

    常にITトレンドの変化や多様化するニーズを見極め、幅広いOSS領域について信頼性が高く品質の高いサービスを提供しています。

    これらの豊富な実績と知識に基づき、仮想化技術導入後の保守サポートや障害に対するソースコードの調査などを実施し、分析や原因の追求が可能です。

    VAQuestの料金

    VAQuestの利用料金は、サービスの内容により異なりますが参考価格としては1,200,000円〜となります。

    3ヶ月限定の月額参考価格となっており、その後正式に見積もりを行う流れです。

    VAQuestの評判・口コミ

    VAQuestの口コミとしてはトラブルの解決や分析だけではなく、丁寧なヒアリングにより自社に合った開発など、サービスを柔軟に提供してもらうことができたというものがありました。

    多くの開発実績により、その会社に応じた最適な方法でサービスを提供しているのが強みと言えます。

    VAQuestを利用して安定したサービスを提供しよう

    今回はVAQuestについて解説してきました。

    VAQuestはLinuxカーネルの開発や仮想化技術やOSSの技術開発の実績を活かし、OSSの利用で起こりうる障害などのサポートを受けることができます。

    また、分析を行うことでサービスの内容向上なども可能です。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載