ピザハットのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

ピザハットのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

ピザハットとは?ピザハットのビジネス概要

ピザハットは世界最大のピザレストランチェーンとして知られ、1958年にアメリカ・カンザス州で誕生しました。世界112の国と地域に18,000以上もの店舗が存在しており、フランチャイズパートナーの募集も積極的に行っています。日本国内でも数多くの店舗があり、直営店舗とフランチャイズ店舗両方の運営が行われているのが現状です。

ピザハットフランチャイズの収益モデル・年収例

ピザハットのフランチャイズの収益モデルには、以下のようなケースがあります。

収益モデル①

  • 売上(月間):650万円
  • 目安運営費合計:575万円(内訳)
  • 原価:195万円
  • 人件費:175万円
  • 広告費:52万円
  • その他販管費:153万円

収益モデル②

  • 目安営業利益(年間):900万円
  • 売上(月間):720万円
  • 目安運営費合計:640万円( 内訳)
  • 人件費:220万円
  • その他経費:377万円
  • ロイヤリティ:43万円
  • 目安営業利益(年間):約960万円

ピザハットの市場性

新型コロナウイルスの影響で、デリバリー需要が高まった際の、ピザハットの収益は過去最高を更新しています。増収率は3割を超え、2020年度の店舗売上高増減率ランキングで首位に立つほどの成績を残しました。

さらに、顧客の多様化するニーズに答えられるよう、デジタル化への対応を強化しているのも評価されるポイントです。パソコンやスマートフォンでの注文や支払を簡単に行えるデジタルプラットフォームを構築するなど、顧客を第一に考えるピザハットは独自の市場性と成長性を確立しています。

ピザハットのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

ピザハットフランチャイズの開業資金・初期費用

ピザハットのフランチャイズ開業資金・初期費用の内訳は以下の通りです。

  • 開業資金合計:約4,000万円(内訳)
  • 建築投資: 約2,500万円
  • 開業諸経費:約500万円
  • 運営資金:約1,000万円

※運営資金にはロイヤリティ、賃貸料、材料費、人件費、などが含まれます。

ピザハットのフランチャイズの研修やサポート体制は?

加盟前研修

外食産業未経験の人でも開業できるように、開業前の加盟前研修を行っています。9週間の期間が設けられており、店舗運営ノウハウはもちろん、技術や接客方法などを学ぶことが可能です。

ピザハット独自のノウハウが学べるため、経験者の方でも内容をしっかり把握しておくことが重要です。

既存店でのOJT研修

OJTとは職場内訓練を指す言葉で、ピザハットの既存店で実地研修が行われます。実際の店舗運営に携われるため、加盟研修の内容を再確認しながら実践経験を積むことが可能です。

実際の仕事を体験しながら、 運営に必要な技術や知識を身につけられるため、オーナーとしてだけでなくスタッフ目線で現場を理解できるようになります。知識は持っていても、実際にやってみないと覚えづらい点もあるため、OJT研修でしっかりと技術や知識を身につけましょう。

オープニング専門チームによる合同研修

オープニング時になると、専門のチームが短期間で店舗運営が可能なレベルに上達するためのサポートをしてくれます。運営方法や接客、調理方法なども基礎的なところから学べるため、 未経験からでも始められます。

以上のように、店舗運営に必要な内容を3回も学ぶ機会があるため、わからないことがあればすぐに質問し、スムーズに運営が行えるように準備を整えておくようにしましょう。

ピザハットのフランチャイズの評判やオーナーの声

未経験から始められた

他業種からの初参入で不慣れなことばかりだが、皆様のお力添えをいただきながら、業界1位を目指して喜びを共感したい。

生まれ育った街を盛り上げたい

できたての美味しいピザを隣町に行かずに手軽に食べられる環境を整え、生まれ育った街を盛り上げたいという思いからピザハット事業に参入した。今後も地域貢献や、お客様のために努力を惜しまず励んでいきたい。

ピザハットのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

ピザハットのフランチャイズの開業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載