焼肉ライクのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

焼肉ライクのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

焼肉ライクとは?焼肉ライクのビジネス概要

焼肉ライクは、東京都渋谷区に本社を置く焼肉店を展開する企業です。焼肉ライクの特徴コンセプトは、「一人でも気軽に行ける焼肉店」で、一人一台の無煙ロースターを導入しています。

フランチャイズとしては、焼肉ライクは高回転・高売上による高収益を強みとしています。シンプルなメニューと迅速な提供ができる仕組みが作られているため、来店客の滞在時間を通常の焼肉店の約1/4に短縮できるようになるでしょう。

焼肉ライクフランチャイズの収益モデル・年収例

焼肉ライクのフランチャイズの収益モデルには、以下のようなケースがあります。

  • 売上(月間):1,100万円
  • 目安運営費合計: 979万円(内訳)
  • FL(食材・人件費):644万円
  • 家賃:120万円
  • ロイヤリティ:55万円( 5%)
  • その他経費:160万円
  • 目安営業利益(年間): 1,452万円

焼肉ライクの市場性

焼肉ライクは一人一台の無煙ロースターを使って、自分のペースで焼肉を楽しめる店舗として人気を集めています。また、職人がいらないシンプルなオペレーションは、お店の高い回転率と収益を維持してきました。

また、焼肉のファストフードという新しいジャンルを作り出したり、代替肉を気軽に楽しめるメニューの開発をしたりなどの積極性も見せています。さらに、コロナ禍においても店舗数を約3倍に伸ばした実績に、他の焼肉店にはない独自の将来性が期待されています。

焼肉ライクのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

焼肉ライクフランチャイズの開業資金・初期費用

焼肉ライクのフランチャイズの開業資金と初期費用は、以下のようになります。

開業資金:約5,000万円(内外装/店舗取得費/加盟金等)

・資金例(応募種別が法人の場合)

開業資金:4,300万円(内訳)

加盟金:300万円

その他経費(物件取得費や内外装費): 4,000万円

焼肉ライクのフランチャイズの研修やサポート体制は?

開業前研修

開業前研修では、店舗経営に関するアドバイスや接客方法などについて学ぶ、2週間の研修期間が設けられています。アルバイトスタッフも同時に研修を受けられるようになっているため、店舗の運営方法だけでなく、飲食店に必要な知識を基礎から学ぶことが可能です。

フランチャイズ展開におけるノウハウの共有

焼肉ライクの200店舗を運営するノウハウの共有も行われています。独自の運営方法から、各店舗の成功事例などを元にした情報が得られるため、飲食業界未経験からでも始めやすい点も強みです。

詳しい詳細については、お問い合わせまたは資料請求などで情報を集められます。

映像配信プラットフォームを活用した動画教育

焼肉ライクでは、教育効果向上や、新たなスタッフに教育する負担を軽減するために映像 プラットフォームを活用した動画教育も行われています。マニュアルをただ見るだけでなく、映像で運営方法や業務の内容を確認できるため、ノウハウも浸透しやすくなるでしょう。

また、オーナーや店長・リーダーが、スタッフの教育にかける時間を短縮できるため、教育のPDCAを効率的に回すことが可能になります。

焼肉ライクのフランチャイズの評判やオーナーの声

ファストフードを心がけ地域とのつながりを大切にしている

空席を作らず、回転率を重視するファストフードを実施。ただし、ご利用いただくお客様へ負担のかかるオペレーションをしないよう「食事を楽しむ空間作り」はスタッフ間で常に共有している。

また、近隣施設への挨拶回りや店頭での呼び込みを実施していることが、リピーター獲得のきっかけとなった。したがって、現在も地域とのつながりを大切にしている。

清掃の徹底とコミュニケーションが円滑な オペレーションを生む

お客様が増えれば店内も汚れやすくなるため、基本的な衛生面の部分も怠ることのないよう、清掃を徹底している。

また、店舗スタッフのコミュニケーションを大切にし、チームワークを意識することで、円滑なオペレーションを生み出せた。その結果、回転率の向上にもつなげられている。

焼肉ライクのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

焼肉ライク のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載