TSUTAYAのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

TSUTAYAのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

TSUTAYAとは?TSUTAYAのビジネス概要

TSUTAYAとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が運営している店舗のことです。

主に、書籍・文庫・雑誌・ゲーム・DVD・コミックなどの買取・販売や音楽・映像ソフトのレンタル・販売を行っています。

幅広い商品を取り扱っており、全国各地に店舗展開しているので、日々多くの方が利用しています。
また、メジャーな作品からニッチな作品まで取り扱っていることから、コアなファンをターゲットにした販促活動も実施できます。

そのため、TSUTAYAは今後も多くの顧客を獲得し、店舗を拡大させていくことでしょう。

TSUTAYAフランチャイズの収益モデル・年収例

TSUTAYAフランチャイズの収益モデル・年収例については調査中です。

TSUTAYAの市場性

TSUTAYAをはじめとしたソフトレンタル業界の市場規模は、2023年時点で417億円ほどです。

近年では、VODなどの普及によって店舗でレンタルを行う方が大幅に減少しているので、市場の競争率は年々激しさを増していくことが予想されています。

TSUTAYAでは、Tポイントカードの加盟料や情報提供サービス事業をメインに活動しているので、基盤が安定しています。

そのため、今後も安定的な利益を上げながらソフトレンタル事業を展開していくことでしょう。

TSUTAYAのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

TSUTAYAフランチャイズの開業資金・初期費用

TSUTAYAフランチャイズの開業資金・初期費用については調査中です。

TSUTAYAのフランチャイズの研修やサポート体制は?

運営サポート

TSUTAYAでは、地域スーパーバイザーによって日々の運営サポートを受けられます。

各エリアのスーパーバイザーが店舗巡回を行い、加盟店の課題や状況をヒアリング、実績データを元に改善提案を行います。
また、適正な商品調達や改装などを提案し、最適な店舗作りを目指していきます。

他にも加盟店の成功事例や課題点、ノウハウなどを共有する機会を設けており、情報共有をしながら成長することが可能です。
商材ごとの研修会も定期開催しており、店舗の人材育成・教育をサポートします。

そのため、未経験からの店舗運営やフランチャイズオーナーの方でも、安心して続けていくことが可能です。

これからTSUTAYAのフランチャイズオーナーとして開業を目指している方は、前向きに挑戦してみてください。

※TSUTAYAのフランチャイズ契約は法人向け

TSUTAYAのフランチャイズの評判やオーナーの声

TSUTAYAフランチャイズの評判やオーナーの声については調査中です。

TSUTAYAのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

2021年に、TSUTAYA最大のフランチャイズ加盟企業のトップカルチャーは、2023年10月期をめどに事業撤退を発表しました。

これまで、TSUTAYA・蔦屋書店を74店舗展開していましたが、NetflixなどのVODサービスの普及によって売上が激減したことがきっかけに撤退を決断しました。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載