レセコンとは?電子カルテとの違いや、どんなことができるのかを解説

最終更新日 

薬局や病院などの医療機関で聞かれることの多いレセコンという言葉、電子カルテと同一の意味合いで捉えている方も多いのではないでしょうか。

今回はレセコンとはどんなシステムなのか、基本的な概要から電子カルテとの違い、レセコンと連携できるシステムなどを紹介します。

レセコンとは

レセコンとはレセプトコンピューターの略です。

レセプト、すなわち診療内容から算出した診療報酬が記載された明細データを含む診療情報の明細書を作成してくれるシステムと言い表すことができるでしょう。

レセプトの作成には専門的な知識や計算能力が求められていたため、医療機関の中でも手間がかかる業務というイメージが強く、複雑な計算をコンピューターが行なってくれるレセコンの登場は業務改革に大きく貢献しました。

今では薬局や医療機関の9割以上でレセコンは導入されています。

レセコンの導入メリット

  • 入力、計算業務が効率化される
  • 記入ミスが減る

レセコンを導入すれば、それまで人の手で行なっていた計算作業をコンピューターに一任することができるため受付の業務負担が軽減されます。

また、計算ミスや入力ミスといった人の手だからこそ起きてしまうミスもコンピューターであれば正確な計算が可能になります。

入力漏れなどをシステムが自動で検知できるものもあるため従来起きていたミスを限りなく0に近づけることが可能です。

レセコンと電子カルテの違いについて

そもそも電子カルテとは、従来の紙のカルテを電子化したもので、近年のIT化の流れに合わせて多くの病院などで導入されています。医療機関の規模を問わずにペーパーレス化や業務効率化につなげることができるのが特徴です。

では、レセコンと電子カルテは何が違うのかと言うと扱う人の違いや目的に違いがあります。

レセコンは診療情報の明細書を発行するため、計算を行い会計情報の管理を行うものであるのに対し、電子カルテは診察内容などの医療情報を電子データで管理することを目的としています。

会計情報の取り扱いに課題がある場合はレセコン、医療情報の取り扱いに課題がある場合は電子カルテの導入を検討すると良いでしょう。

また、電子カルテは医師が利用することが多く、レセコンは会計士や医療事務に関わる方が使う機会が多いシステムと言え、利用者の部分にも違いがあります。

レセコンと電子カルテは連携させるとより効率的

一見すると関わりがないように見えるレセコンと電子カルテですが、これらのシステムは連携させることでメリットを生みます。

レセコンが計算処理するデータは、医療機関での診療内容などが基となるため、これらのシステムが連携されていればよりスピーディーな業務を実現することができるのです。

また、レセプト作成にはカルテ情報を確認しなければいけない場合も多々あります。その際に紙のカルテの場合、必要なものだけを探すのは時間がかかりますが、電子カルテと連携していればカルテ情報を参照することも容易になります。

それぞれのシステムを扱う人は違いますが、それぞれのデータを参照する機会はあるため、システム連携しておくことで以前より利便性を高めることができるでしょう。

また、データの修正が必要な場合にも、それぞれのシステムを連携しておけば1つのシステムの修正がもう片方にも反映されるため、何度も入力する手間が省略されるため効率的です。

レセコン·電子カルテと連携できるシステムを紹介

precal(プレカル)

特徴

precalは薬局においての処方箋入力業務をオンライン事務員が代行することで業務の自動化を実現する自動入力システムです。

受付で処方箋をスキャナに通してもらうだけで、オンライン事務員による高速のデータ入力が行われるため、薬局での待ち時間を短縮し、患者さんのストレスを軽減することができます。

入力されたデータはレセコンにも入力されるため、業務効率化にもつながります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額固定費:15,000円

※2021年6月時点のもの

画像·データ出典:precal公式サイト

CLIUS(クリアス)

特徴

オンライン診療機能を搭載したクラウド型の電子カルテシステムとして有名なのがCLIUSです。

訪問診療やグループ医院などあらゆる診療スタイルに対応しており、直感的に操作できるため、初めて電子カルテを導入するという方でも安心して利用することができます。

料金

  • 初期導入費用:200,000円〜
  • 月額費用:12,000円

※2021年6月時点のもの

画像·データ出典:CLIUS公式サイト

Medicom-HRf

特徴

Medicom-HRfは医療ITシステムとして多くの導入実績を持ち、電子カルテによって業務効率化を実現します。

直感的に操作でき、タブの切り替えで過去のカルテ情報の閲覧ができるなど、医師が操作しやすいUIを意識した設計がなされています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ

※2021年6月時点のもの

画像·データ出典:Medicom-HRf公式サイト

レセコンは連携が可能なものを選ぼう

レセコンについて、概要やメリット、電子カルテとの違いなどを紹介しました。

レセコンだけでも医療会計業務の効率化を図ることは十分に可能ですが、その真価は電子カルテシステムとの連携によって大きく発揮されることとなります。

電子カルテとレセコンを連携して、カルテの電子化、レセプト作成の効率化をシームレスに実現することでさらなる業務効率化につながりますので、ぜひそれぞれの導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載