Be Healthの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
31,250円~
初期費用
92万円~
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは 健康管理システム の製品です。
健康管理システム の製品をまとめて資料請求

会社に勤めているスタッフの健康管理に伴う事務作業は、毎年の大変な作業の一つではないでしょうか。

従業員が多い会社ほど、その作業は多く、時間も必要になります。

ここでご紹介する健康管理システム「Be Health(ビーヘルス)」は、事務作業を大幅に減らすことのできる便利なシステムです。

Be Health(ビーヘルス)とは?

「Be Health(ビーヘルス)」は、使いやすさと柔軟性をとことん追求した健康管理システムです。

会社のスタッフの健康管理にまつわる事務作業は大幅に減らすことができます。

おすすめの類似健康管理システム

クラウドで健康行動を支援: FiNC for BUSINESS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜

産業保健領域の業務効率化と、従業員の健康行動を支援することが可能で、クラウド型のサービスであるため、テレワークなどの在宅ワーク環境でも利用することができます。

バラバラなデータを一元管理し、産業保健領域の業務を効率化

FiNC for BUSINESSは、1つのツールで健康診断に関する状況やストレスチェック、過重労働状況などのデータを一元管理することが可能です。 従業員の健康状態をいつでも適切に把握でき、健康診断結果が基準値を下回る社員に対しては、オンライン上から受診を勧奨するといったアクションをとることもできるようになります。 また、ツール上で社員の健康状態を管理できるため、ペーパーレス化にもつながります。

アプリで健康増進、無関心層にもアプローチするプログラム

健康経営を実現するためには、普段から健康に対する意識が低い無関心層へのアプローチが欠かせません。 FiNC for BUSINESSは、クラウドで利用できるサービスのため、テレワーク・在宅ワーク環境でも、従業員一人ひとりに働きかけ健康維持を支援することができます。 健康課題や趣味嗜好にマッチしたオリジナルの健康プログラムの配信が可能なため、飽きがなく効果的に健康維持を促進することが可能です。またプログラムの中のミッションを実施することで獲得できるポイントをインセンティブとして付与するなど、「何をしたらよいかわからない」を解消して、積極的な健康課題への取り組みを支援します。 また、FiNCのオリジナル体組成計やウェアラブルデバイスとも連携でき、より効率的に健康管理が実現できます。

大企業のDXを促進

FiNC for BUSINESSでは、社員数や部署数が多い大企業特有の状況に応じたシステムの企画、開発を提案しています。 1,000万ダウンロードを突破したヘルスケアアプリのノウハウを提供、ポイント交換が可能な独自サイトや既存システムとの連携など、柔軟なカスタマイズにも対応しているため、導入企業にあった運用を実現します。 また、セキュリティに関しては、Pマーク(プライバシーマーク)の取得、ISMS認証を取得しているため、安心して運用することが可能です。

類似サービス: mediment

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

medimentとは、従業員のあらゆる健康データを一元管理し、産業保健業務の効率化を支援するクラウドサービスです。 データの保管にとどまらず、就労判定や労基署への報告書作成もワンクリックで簡単に行えるため、人事労務担当者の負担になっていた煩雑な健康管理業務の工数を大幅に削減できます。

   

社内健康データの一元管理で業務効率化

medimentは、健康診断やストレスチェックの結果など、従業員の健康に関するデータをシステム上で一元管理することが可能です。 紙やエクセルでの管理では、必要な情報を探すのに時間がかかってしまいますが、medimentであれば、システム内に欲しい情報がすべてそろっているので、いつでも、どこからでも手軽に情報を見つけることができます。

健康データの活用で健康リスクを予防

管理画面は直感的に扱うことができるシンプルなデザインとなっており、健康診断やストレスチェックの結果をもとに、再検査が必要な従業員やストレス値が高い従業員を自動で判別してくれます。 高リスク者を抽出して、二次健診の受診勧奨や産業医面談の設定、相談窓口の活用につなげることで健康課題の重症化を防ぐことができます。

特殊健診対応や多言語対応など多彩な機能と安心のサポート体制

特殊健康診断結果のデータ化対応、ストレスチェックの多言語実施や産業医面談での通訳といった多様な人材が安心して使える機能も充実しています。 また、運営元のメディフォンには、保健師や看護師資格を持つ社員が在籍しており、それらの産業保健スタッフによる相談窓口など、専門性のある手厚いサポートが充実しているので、特に自社リソースに不安を抱えている担当者の方にはおすすめです。

これは健康管理システムの製品です。

健康管理システムの製品をまとめて資料請求

Be Health(ビーヘルス)の特徴

Be Health(ビーヘルス)の特徴についてご紹介します。

・作業時間を大幅カット
・他社に比べて低価格
・使いやすさを追求してシステム

一言で健康管理といっても、健診や面談、ストレスチェックなど個人データは多岐に渡ります。

健診機関から送られてくるデータなど集まってくるデータのフォーマットも様々です。

今までは、届いたデータを見ながら自社のフォーマットに手入力して集約していませんでしたか。

Be Health(ビーヘルス)を使うと、かんたんに統一、取り込みすることができます。

人間ドック学会基準での判定統一もできます。

データを一元管理できるので、個人の健診結果をその年ごとに閲覧できます。

たとえば、残業時間を取り込んで労働リスクを確認することもできます。

健診結果票の原本PDFを紐づけて保管、産業保健に役立つ機能が標準装備されています。

また、ケア対象となる従業員をかんたんスピーディーにピックアップできます。

Be Health(ビーヘルス)の料金

買い切り型
1000名 初期費用 302万円  保守1年分 37.5万円
5000名 初期費用 402万円  保守1年分 52.5万円

サブスク型
1000名 初期費用 92万円  保守1年分 120万円
5000名 初期費用 92万円 保守1年分 180万円

金額の詳細やプランについては、直接ご相談ください。

Be Health(ビーヘルス)の評判・口コミ

実際に、Be Health(ビーヘルス)を使用している人の評判をご紹介します。

・自動車部品系製造業会社の保健師の方
工場ごとに運用が違っていた有害をともなう業務や特殊健診管理が、Be
Health(ビーヘルス)を導入し共通化できました。

本社でも全体像が把握できるようになり、抜け漏れ無く効率的です。

・機械系製造業会社の保健師の方
今までは、健診結果を紙とExcelで管理していました。

しかし、どうしてもデータの見落としが発生してしまいます。

Be Health(ビーヘルス)を導入してからは、そういったミスがなくなりリスクマネジメントとしても良い結果となりました。

まとめ

健康管理システムBe Health(ビーヘルス)をご紹介しました。

従業員の健康管理は身体だけでなく、メンタルや職場環境のケアも大切です。

一元化し、見える化することでいち早く従業員の抱えているリスクに気が付いてあげましょう。

これは 健康管理システム の製品です。
健康管理システム の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【健康管理】

      クラウドで健康行動を支援: FiNC for BUSINESS

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜

      産業保健領域の業務効率化と、従業員の健康行動を支援することが可能で、クラウド型のサービスであるため、テレワークなどの在宅ワーク環境でも利用することができます。

      バラバラなデータを一元管理し、産業保健領域の業務を効率化

      FiNC for BUSINESSは、1つのツールで健康診断に関する状況やストレスチェック、過重労働状況などのデータを一元管理することが可能です。 従業員の健康状態をいつでも適切に把握でき、健康診断結果が基準値を下回る社員に対しては、オンライン上から受診を勧奨するといったアクションをとることもできるようになります。 また、ツール上で社員の健康状態を管理できるため、ペーパーレス化にもつながります。

      アプリで健康増進、無関心層にもアプローチするプログラム

      健康経営を実現するためには、普段から健康に対する意識が低い無関心層へのアプローチが欠かせません。 FiNC for BUSINESSは、クラウドで利用できるサービスのため、テレワーク・在宅ワーク環境でも、従業員一人ひとりに働きかけ健康維持を支援することができます。 健康課題や趣味嗜好にマッチしたオリジナルの健康プログラムの配信が可能なため、飽きがなく効果的に健康維持を促進することが可能です。またプログラムの中のミッションを実施することで獲得できるポイントをインセンティブとして付与するなど、「何をしたらよいかわからない」を解消して、積極的な健康課題への取り組みを支援します。 また、FiNCのオリジナル体組成計やウェアラブルデバイスとも連携でき、より効率的に健康管理が実現できます。

      大企業のDXを促進

      FiNC for BUSINESSでは、社員数や部署数が多い大企業特有の状況に応じたシステムの企画、開発を提案しています。 1,000万ダウンロードを突破したヘルスケアアプリのノウハウを提供、ポイント交換が可能な独自サイトや既存システムとの連携など、柔軟なカスタマイズにも対応しているため、導入企業にあった運用を実現します。 また、セキュリティに関しては、Pマーク(プライバシーマーク)の取得、ISMS認証を取得しているため、安心して運用することが可能です。

      類似サービス: mediment

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      medimentとは、従業員のあらゆる健康データを一元管理し、産業保健業務の効率化を支援するクラウドサービスです。 データの保管にとどまらず、就労判定や労基署への報告書作成もワンクリックで簡単に行えるため、人事労務担当者の負担になっていた煩雑な健康管理業務の工数を大幅に削減できます。

         

      社内健康データの一元管理で業務効率化

      medimentは、健康診断やストレスチェックの結果など、従業員の健康に関するデータをシステム上で一元管理することが可能です。 紙やエクセルでの管理では、必要な情報を探すのに時間がかかってしまいますが、medimentであれば、システム内に欲しい情報がすべてそろっているので、いつでも、どこからでも手軽に情報を見つけることができます。

      健康データの活用で健康リスクを予防

      管理画面は直感的に扱うことができるシンプルなデザインとなっており、健康診断やストレスチェックの結果をもとに、再検査が必要な従業員やストレス値が高い従業員を自動で判別してくれます。 高リスク者を抽出して、二次健診の受診勧奨や産業医面談の設定、相談窓口の活用につなげることで健康課題の重症化を防ぐことができます。

      特殊健診対応や多言語対応など多彩な機能と安心のサポート体制

      特殊健康診断結果のデータ化対応、ストレスチェックの多言語実施や産業医面談での通訳といった多様な人材が安心して使える機能も充実しています。 また、運営元のメディフォンには、保健師や看護師資格を持つ社員が在籍しており、それらの産業保健スタッフによる相談窓口など、専門性のある手厚いサポートが充実しているので、特に自社リソースに不安を抱えている担当者の方にはおすすめです。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載